コウノドリ2・全話あらすじ・ネタバレまとめ!最終回の結末は?

2015年に放送されてから2年。

あの、産科医療で❝命❞と向き合った感動ドラマ「コウノドリ」が帰ってきます!!

つけた名前
出演してる赤ちゃんたちがまた可愛い~(*´ω`*)♡♡♡

前作から2年後の続編ということで、また新たな命の物語が始まるのが待ち遠しいですね!

 

ここでは、1話から最終回までのあらすじネタバレ、感想、視聴率などの情報をまとめて更新していきます!

 

まずは基本情報から見て行ってみましょう☆

 

スポンサードリンク

 

「コウノドリ」の基本情報

◆放送開始日:2017年10月13日(金)22:00~(※初回15分拡大)

◆出演者:綾野剛 星野源 吉田羊ほか

◆原作:鈴ノ木ユウ

◆脚本:坪田文 矢島弘一 吉田康弘

◆企画:鈴木早苗

◆演出:土井裕泰 山本剛義 加藤尚樹

◆プロデュース:那須田淳 峠田浩

◆ピアノテーマ・監修・音楽:清塚信也

◆音楽:木村秀彬

◆制作著作:TBS

前作は、要潤さんや小栗旬さんなど、豪華ゲストが出演されていましたが、今回またどんなゲストが出演されるのかも毎週の楽しみの1つですね♪

では、どんなドラマなのか見てみましょう!

「コウノドリ」どんなドラマ?

産婦人科医と天才ピアニストBABYという2つの顔をもつ鴻鳥サクラ(綾野剛)の前作から2年後が描かれた続編。

新シリーズのテーマは生まれること、そして生きること

ということで、今回も実際に病院で取材をした題材に加えて、

生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」を描きながら、出産後のその家族の未来や、それに取り組んでいく医療者たちの「未来」を展開。

ドラマを観た人すべてが、自分の、身近な人の、あるいは見知らぬ人の「命」について感じ、考え、生きていることに感謝する…社会の中で「命」を生み出し、育ててゆく意味を考える…
リアルに母親世代である人々だけではなく、近い将来お母さんになるだろう女性たち、若い世代にも「命」の重みを知ってもらいたい。
出産や子育ては女性の問題と思っている男性たちに、生まれてくる命を守ること、育てることは自分たち、そして社会全体の責任であることを感じてもらいたい。
さらに子供たちにも、自分たちが生きている意味を少しでも考えるキッカケになって欲しい。そんなメッセージを込めてお届けします。

どんな命も意味のない命なんか無い。生まれてこなかった方が良かった命なんか無い。

生まれてきたすべての人へ捧ぐ、いとおしい「命」の物語。

引用:「コウノドリ」公式ホームページ

今回、サクラは何か❝ワケ❞があり、島根県の隠岐の島で働いているところから始まりますが、一体何があったのか、気になるところです!!

全話あらすじネタバレ!まとめ(全11話)

1話から最終回までのあらすじネタバレ!を更新していきます!

☆第1話・・・『コウノドリ2』1話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第2話・・・『コウノドリ2』2話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第3話・・・『コウノドリ2』3話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第4話・・・『コウノドリ2』4話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第5話・・・『コウノドリ2』5話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第6話・・・『コウノドリ2』6話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第7話・・・『コウノドリ2』7話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第8話・・・『コウノドリ2』8話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第9話・・・『コウノドリ2』9話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第10話・・・『コウノドリ2』10話【あらすじ&ネタバレ!】

☆第11話(最終回)・・・『コウノドリ2』11話(最終話)【あらすじ&ネタバレ!】

「コウノドリ」のキャストは?

前作の豪華オリジナルキャストに加えて、新キャストも続々発表されてます♪

鴻鳥サクラ(こうのとり さくら)/綾野剛


愛情が深くて、周りからの信頼も厚い。

産婦人科医と天才ピアニストBABYの2つの顔を持っている。

サクラが生まれてすぐに母親が亡くなり、施設で育つ。

下屋加江(しもや かえ)/松岡茉優


研修医を経て専門医になり、正式にペルソナ産婦人科に配属になる。

暴走気味なところは変わらず。

サクラのことを尊敬している。

小松留美子(こまつ るみこ)/吉田羊


研修医だったサクラ、四宮を指導していた。

助産師長。

サクラが天才ピアニストのBABYだと知っている。

白川領(しらかわ りょう)/坂口健太郎


下屋(松岡茉優)の同期。

研修医を経て、小児科の専門医になる。実家が小児科の為、継ぐように言われている。

大澤政信(おおさわ まさのぶ)/浅野和之


院長。一見変な人に見えるが、実はサクラの母親の主治医だった。

サクラがBABYであることを知っている1人。

向井祥子(むかい しょうこ)/江口のりこ

メディカルソーシャルワーカーで、患者の生活の支援や、精神面のケアを担当。

麻生理佐子(あそう りさこ)/古畑星夏

ペルソナ総合医療センターのNICU(新生児集中治療室)で働いて4年目の看護師。

赤ちゃんに寄り添い、赤ちゃんの両親の気持ちを考え、気遣う事ができるように働いている。

優しいが、勝気なところもある。

四宮春樹(しのみや はるき)/星野源


サクラと同期の産婦人科医で、お互いに信頼しあっている。

患者には冷静に接するが、実は優しい。

今橋貴之(いまはし たかゆき)/大森南朋


新生児科の部長と周産期センター長を兼任している。

他の医師に慕われてる。

赤西吾郎(あかにし ごろう)/宮沢氷魚


初期研修医。

親と同じ産婦人科を選択しようか迷っている。

 

宮沢氷魚(みやざわ ひえ)さんは、今は解散してしまいましたが「THE BOOM」という4人組バンドのボーカル・宮沢和史の息子さん。

お父さんの宮沢和史さんも本当にイケメンでかっこよかったですが、宮沢氷魚さんもとってもかっこいい!!

宮沢氷魚さんの演技にも注目ですね♪

倉崎恵美(くらさき えみ)/松本若菜


四宮(星野源)とまさかの再会をするミステリアスな女性。

サクラとも関わってくる重要人物。

 

原作/鈴ノ木ユウ


鈴ノ木ユウさんは1973年山梨県生まれ。

大学を卒業されてからロックミュージシャンを目指していましたが、漫画家に転向されました。

2007年に「東京フォークマン/都会の月」が第52回ちばてつや賞に準入選し、2010年には、「えびチャーハン」が第57回ちばてつや賞に入選されました。

他に「俺たちのメロディー」という作品があります。

鈴ノ木ユウさんは、実際に奥さんの出産に立ち会ったそうです。

そんな経験や実際に取材されて、よりリアルな産科医療のドラマができているんですね。

新シリーズも、期待してます!!

「コウノドリ」の視聴率

平均視聴率・・・11.9%

☆第1話・・・12.9%

☆第2話・・・11.8%

☆第3話・・・11.9%

☆第4話・・・13.6%

☆第5話・・・10.6%

☆第6話・・・11.0%

☆第7話・・・11.7%

☆第8話・・・12.9%

☆第9話・・・12.3%

☆第10話・・・11.1%

☆第11話(最終話)・・・10.8%

「コウノドリ」公式Twitter

さいごに

赤ちゃんができるって、本当に奇跡ですよね。

私も、産科の先生に「赤ちゃんは出来にくい体質です。」って言われましたが、奇跡的に授かることができました。

赤ちゃんが生まれる瞬間まで、無事に生まれてきてくれるか、ちゃんと泣いてくれるかとか色々考えたり、早く会いたい気持ちでいっぱいでドキドキしていたことを思い出します。

医療ドラマは本当に一分一秒が命がけで「無事に成功して~!!」って毎回ドキドキします!

新シリーズのドラマ「コウノドリ」。

またたくさんの事を考えさせられ、たくさんの事に気付かされそうですね。

子供にも観せたいドラマです!!

また感動を届けてくれそうですね(*´ω`*)

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です