コウノドリ2・4話あらすじネタバレ感想!出産方法で対立するサクラと四宮

毎回、命についてや、母親としての弱さ、強さ。父親も自分の子供だから一緒に育てて行くという気持ちがどれだけ大事か、などいろんなことを考えさせられるドラマ「コウノドリ2」。

ごろ寝
本当に、毎回必ず涙、涙です(T_T)感動!

サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)、新生児科部長の今橋(大森南朋)など、みんな本当に演技派で、言葉の重みがすごい!!

1つ1つの言葉が、心にものすっごく響いてきます。

そんな「コウノドリ2」。

第4話はどんな話が待っているのでしょうか!

見て行ってみましょう!

 

スポンサードリンク

 

☆まだ観ていない回がありましたら、こちらからどうぞ☆

コウノドリ2・全話あらすじ・ネタバレまとめ!最終回の結末は?

2017.09.28

「コウノドリ2」4話のあらすじ

2017年11月3日(金)夜10時から放送の第4話は・・・

ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。

我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。

蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。

一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。

引用元:「コウノドリ2」公式ホームページ

何だろ・・・。ちょっと分かるな。

蓮ほどの強いこだわりはなかったけど、当時は自然分娩で産むものって思っていたし、自然分娩で産みたいと思っていたから、少しは気持ちが分かります。

でも、確かに私もお医者さんに言われました。

お医者さん
「お腹が裂けるかもしれないよ」
って・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

私はビビりだったから、

ごろ寝
「帝王切開で・・・。」

となりましたが、蓮は、リスクを説明されても自然分娩にこだわっているのは、❝いい母親になる❞っていう気持ちからなんですね><

思いは一緒でも、やっぱり意見は対立してしまうサクラと四宮。

今回の出産は、どういう方法になるのでしょうか。展開が気になります!!

「コウノドリ2」4話のゲスト

蓮/安めぐみ


一度帝王切開で出産しているが、今度は自然分娩で産みたいと思っている。

 

ドラマに映画にバラエティーにCMと、あらゆる分野で活躍されています。

「コウノドリ2」の主題歌『奇蹟』

今回のドラマ「コウノドリ2」の主題歌はUruさんが歌う『奇蹟』。

すごくきれいな歌声で、コウノドリ2にピッタリないい曲ですよね(*´ω`*)

Uruさんは、プロフィールを公表されていないようです。

インディーズ時代は❝mai Uru❞という名前で活動されていました。

そんなUruさんの『奇蹟』11月8日(水)に発売です!

そして、1stアルバム『モノクローム』が12月20日(水)に発売されるそうです!!

「コウノドリ2」4話の感想

子供につい、強くあたってしまうことは、本当によくあります・・。

その都度、「何であんな言い方をしてしまったんだろう」とか、「またやっちゃったなぁー・・・。」って落ち込むこともホントに度々。

愛してないことは決してないのですが、なかなか難しい・・・。

でも、蓮のトーラックを希望する気持ちの強さは本当に分かりました。

蓮の子供が「ママ、ニコニコしてる」って。子供にとって、お母さんがニコニコ笑顔でいることは安心するようですね。

そう考えると、まだ小さいのに、お母さんの心をうかがってるんだと思うと、本当に申し訳なく思ってきます(._.)

倉崎恵美(松本若菜)と、四宮が話している時の、白川(坂口健太郎)の動きが何か面白かった(笑)

しかも、低体重出産した赤ちゃんが入院している間、旅行に行ってた夫婦に

旅行の最中にかずひろくんに何かあった場合どうするつもりだったんですか。ここは託児所じゃありません。僕たちはベビーシッターでもありません。かずひろくんは早くここを出て、自分のお家に帰れるように頑張ってます。ご両親からの愛情を楽しみにして日々戦ってます。もう家族なんです。夫婦で楽しむことはもちろん大事ですが、これからは家族で楽しむことを考えてください。次、旅行に行くときは、かずひろくんも一緒だといいですね。

って言ってたのが、本当にいい産科医になったんだなぁと思いました。

ずっと痛くて、痛くて、ずっと頑張ってた蓮でしたが、もう危険ということで帝王切開になりましたが、蓮が頑張ったことで、旦那さんとっても、娘さんにとっても、良かったと思います。

そして、そんな蓮の頑張りを見て、五郎の気持ちにも変化が現れました。

やっぱり、出産て奇跡ですよね。

吾郎は新生児科へ行ってしまいますね。

四宮は元祖ジュニアくん。頑張って欲しくて、期待しているんですね(*^。^*)

みなさんの反応

「コウノドリ2」4話の視聴率

第4話の視聴率は・・・13.6%!!

1.7ポイントもアップ!!これからも応援しています!!

「コウノドリ2」5話の予告

2017年11月10日(金)放送の第5話は・・・

白川(坂口健太郎)は合併症を起こした超未熟児の早急な手術を訴えるが・・・。

一方、切迫早産で入院した妊婦が不測の事態に陥る。

引用元:月間TVnavi12月号

何だか心配な事態が起こってしまうようですが・・・第5話も気になります!!

まとめ

初産が帝王切開だったことも理由で、我が子を愛せていないのではないかと不安になっている妊婦の蓮。

今度の出産は自然分娩を希望するが、それには子宮破裂の危険があり、緊急事態になりかねない。

しかも、病院は人員不足。

蓮の気持ちを優先してあげたいサクラと、リスクが高すぎることから反対する四宮。

サクラと四宮、いつも2人の意見はどちらも間違っていません。

サクラはどう決断するのでしょうか。

 

下屋(松岡茉優)も、白川(坂口健太郎)も、すごく頼りになる医師へと成長していますよね。

小松(吉田羊)も、研修医だった頃のサクラと四宮を指導していました。

この成長ぶりは、とっても嬉しいでしょうね(*´ω`*)

でも、四宮と小松の❝繁殖する小じわ❞のやりとりが本当に面白い(笑)

涙の中にも、笑いがあるところがまた、いい(*‘∀‘)

吾郎(宮沢氷魚)もまた研修生。

蓮の出産に向き合うことから、何かを得て、少し成長しそうですね!

第4話は、それぞれが成長できた回でした。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください