明日の約束7話あらすじネタバレ感想!真紀子の悪評が拡散される?

1年B組の不登校だった吉岡圭吾(遠藤健慎)が、原因が分からないまま命を絶ってしまう。

それから、椿が丘高校のスクールカウンセラーの藍沢日向(井上真央)は、真実を突き止めるべく、解明に奮闘しながら、生徒の心にも寄り添っている。

前々回はバスケ部の顧問の辻、そして前回、キャプテンの大翔(金子大地)が何者かに襲われてしまいました。

大翔と一緒にいた希美香(山口まゆ)が見た犯人らしき逃げていく人。

その特徴が❝細くて、そして女の人❞。そのことから、日向は❝香澄(佐久間由衣)❞が頭に浮かびました。

香澄に会った日向は、香澄から犯人であることを聞き、そして「まだやることがある。あと1人・・・。」と言って走り去って行きました。

絶対に圭吾の母・真紀子だなって思いますよね。

どんどん後半に向けて明らかになって来だしました!

第7話はどんな展開になっているのでしょうか?

さっそく、あらすじを見て行ってみましょう!

☆まだ観ていない回がありましたら、こちらからどうぞ☆

明日の約束・全話あらすじ・ネタバレまとめ!最終回の結末は?

2017.09.30

 

スポンサードリンク

 

「明日の約束」7話のあらすじ

2017年11月28日(火)夜9時から放送の第7話は・・・

――中略――

数日後、香澄のことを知った記者の小嶋(青柳翔)が日向の前に姿を現す。小嶋は、香澄が最後に真紀子を狙うのではないかとにらんでいた。それもそのはず、ネット上には真紀子が毒親であることや、そのせいで圭吾が自殺したと悪評の数々が書き込まれていたのだ。

当然、それらの中傷は本人の目にもとまり、怒りを覚えた真紀子は早速弁護士に相談する。

一方、結婚のあいさつをするため本庄(工藤阿須賀)の実家を訪ねた日向は、そこで初めて本庄に兄がいて、11年前に事故で亡くなったことを知る。さらに、結婚を機に毒親である母・尚子(手塚理美)と自分の関係をなんとか修復させようと意気込む本庄に、うまく本心を伝えられない日向。家では、尚子が何度か会ううちに本庄のアラが見えてきたと言い出し、「ああいうタイプには気をつけた方がいい」と苦言を呈して・・・。

引用元:「明日の約束」公式ホームページhttps://www.ktv.jp/yakusoku/

やっぱり、自分では中々自分が❝毒親❞だって気づきにくいですよね。

真紀子のようなタイプは、特にそうじゃないでしょうか。

香澄は、真紀子を襲いそうですよね。でも、失敗しそうな感じがします。

真紀子を襲うとして、その時に警察に捕まってしまうとか、真紀子は事前に何か対策をしてそう・・・(; ・`д・´)

日向の結婚も、ちょっと雲行きが怪しくなってきました。

どうか、日向には幸せになって欲しいですが・・・。

3つの見どころ!

見どころがたくさんありますが、

①香澄が第7話で動くかどうか。

②3年前に香澄の担任だった霧島(及川光博)の動き。

③圭吾の過去。

が見どころです!!

話も終盤に向けて、真相が明らかになりつつあります。どんどん「そうだったのか!そんなことが!」と展開が面白くなってきだしました。

これから、毒親との闘いなど、問題はまだまだたくさんありますが、日向がどうやって解決していくのか注目ですね!

 

スポンサードリンク

 

「明日の約束」7話の感想

圭吾は、何でウサギを学校から連れてきてしまったんだろう。本当にひどいことをしたのかな・・・。

希美香は、本当にいい子ですよね!素敵な子!あそこでちゃんと圭吾の妹の英美里を助けて、気にかけて、本当にいい子(´ω`*)♡

日向にも相談して、自分もそう考えたことがあると話して。危険な目に合いそうだった時も、助けてくれて!あと、動画の件も霧島と日向が疑われているということも報告してくれました。

真紀子、英美里のことちゃんと見て欲しい。ずっと、寂しかったと思います。

宮崎(馬渕英里何)も、何か香澄の件で日向に協力的になってくれて嬉しいですね。ちゃんと香澄を心配してくれてるんだと思うと安心します。

でも、霧島のことを「どう思う?」と聞いてきて、ちょっとドキっとしてしまいますね(;゚Д゚)霧島の行動が、最近怪しい・・・。

香澄をいじめていた望月朱里が日向に香澄のことを「逃げ切ってくれればいいのに」って言ったことも気になります。

両家の顔合わせの日に、ちょうど、英美里の件で日向は行けなくなりました。

日向は状況が状況だし、学校関係の仕事は本当に大変だと思います。だから、それなりに理解がないと難しいですし、日向のことを理解してあげて欲しいですよね。「尚子が自分に恥かかせて!!」って電話の向こうでかなり怒ってたのも「えーっ・・・💦」て思いますが、かなり衝撃的だったのは、日向が「あの人は自分のことしか考えてない」と尚子のことを話してたとき、日向の恋人の和彦が「親のことを悪く言うなっ!!」と日向の髪の毛をひっぱって手をあげたこと。あの豹変ぶりにはかなりドン引きしてしまいました。

結婚はどうなるんだろう・・・。

香澄が狙ってる「あと一人」は一体誰なんだろう。

次の8話が、ものすごく気になる!!

みなさんの反応

「明日の約束」7話の視聴率

第7話の視聴率は・・・4.3%

0.3ポイント下がってしまいました!でも、本当に考えさせられるいいドラマだと思うので頑張って欲しいですね。

「明日の約束」8話の予告

2017年12月5日(火)夜9時から放送の第8話は・・・

❝和彦から逃げるように飛び出した日向。ばったりと霧島に会い、その時香澄から連絡が・・・!❞

日向と和彦、これからどうなるのか気になります!!

「明日の約束」まとめ

1年B組でバスケ部だった吉岡圭吾は不登校となり、謎の死を遂げました。

それから、学校、バスケ部でのイジメが原因ではないかとマスコミ、世間から非難が殺到します。

圭吾の母・真紀子から担任であった霧島と日向を相手に訴訟を起こすと言われてしまう。

そんなある日、バスケ部の顧問の辻(神尾佑)がハロウィンの日に何者かに襲われ、次は、バスケ部キャプテンの大翔が襲われてしまう。

大翔と一緒にいた希美香(山口まゆ)の証言から、日向は香澄が犯行に及んだのではないかと思います。

香澄に会った日向は、香澄から自分が犯人だが、「まだやることがある。あと一人。」と日向の自首の勧めを断って走り去ってしまう。

そのことを知った記者の小嶋が日向の前に現れ、「最後に真紀子を狙うのでは―」と告げる。

もう、ネットの中では、真紀子が❝毒親❞であること、そして、そのせいで圭吾が命をたったのだと拡散されていた。

一方、日向の母・尚子は、本庄のことを「ああいうタイプは気をつけた方がいい」と注意をしてきて・・・。

なかなかどの方面も日向にとって前途多難。

しかも、動画を投稿したのは、日向と霧島ではないかと疑われてしまいます。

これから終盤、この山積みの問題をどうやって解決していくのか、展開がきになります!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください