崖っぷちホテル・最終回10話!あらすじネタバレ感想!宇海と佐那の決断とは?

ついに最終回が来てしまいました。

❝ワクワクする仕事をする❞

宇海のこのどんな時も、チャンスだと考え、前向きに生きる姿に、憧れました。

また、こんな人と出会えたら、最高だなって、こういう人と巡り会えた『グランデ・インヴルサ』のスタッフたちは、本当に幸せだなって、思ってしまいました。

このドラマは、必ず、ジーンと心を温かくしてくれるドラマで、「私も前向きに頑張ろう!!」って思わせてもらえました。

ごろ寝
でも、やっぱり最終回は寂しいですね(*;―;)

 

第9話は、宇海の夢だった花火大会を大成功することができました!

宇海は、このまま『グランデ・インヴルサ』にいてくれるのか。

それとも、去ってしまうのか。

気になる最終回のあらすじを見ていってみましょう\(^o^)/

最後までお付き合い願えたら嬉しいです♪

 

☆「崖っぷちホテル」のまとめ記事はこちら!1話~最終回までのあらすじや視聴率などを更新しております!

崖っぷちホテル!全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2018.03.09

 

スポンサードリンク

 

 

「崖っぷちホテル」最終回10話のあらすじは?

最終回10話を見逃してしまったら?

あぁ~!見逃しちまったぁ~!!

という方は、大丈夫です♪

2018年6月17日(日)放送終了後~期間限定で無料で観ることができます!

詳しくはこちらから⇩

最終回10話・あらすじ

2018年6月17日(日)夜10時30分から放送の最終回は・・!

スタッフ一丸となり宇海(岩田剛典)の夢だった花火大会を大成功させた矢先、佐那(戸田恵梨香)はバリストンホテルの支配人から宇海を引き抜き返したいと言われる!さらに、スキャンダルを嗅ぎ回っていた密着番組の放送日が変わり、内容を事前確認できなくなったことにも不安を抱える佐那。

そんな中、連日満室のホテルには急遽川北久美(谷村美月)率いる11人の団体客がやってくる。業務見学目的で来たという団体客は忙しい厨房や清掃の様子を見て回り…。実は久美は崖っぷち経営に悩むホテル・スイーヴルの若き支配人。崖っぷちからの大逆転を遂げたインヴルサに学びたいという相談を受けていた宇海が呼び入れていたのだ。しかし、スイーヴルのスタッフは若い久美に反発する宿泊部や飲料部、強面のフロントや手癖の悪い清掃員など、曲者ぞろい!それはよく見ると3ヶ月前の自信のなかった佐那とやる気のなかったスタッフ一人一人にまるで生き写しで…!!

そのことに気づいた裕子(川栄李奈)は宇海の行動にある予感がし、時貞(渡辺いっけい)たちに相談。同じ頃、佐那も宇海の行動に胸騒ぎを感じていた。それは、インヴルサでの仕事をやりきった宇海が新たな大逆転のワクワクを求めてスイーヴルに行くつもりではないか、という予感。そして、少し話をしたいという宇海に連れられ、佐那は二人の始まりの場所であるプールへと来る。そこで明かされるのは、宇海がこのホテルに来た本当の「理由」であった…。
全ての伏線が絡み合い、物語は完結へと向かう。そこにあるのは、このドラマ史上最大の感動のクライマックスであった。崖っぷちからグランデ・インヴルサを救った宇海と、『夢の場所』を守り続けるために佐那が下した誰もが涙するその最後の決断とは!?

引用元:「崖っぷちホテル」公式ホームページhttps://www.ntv.co.jp/gakehote/

ごろ寝
やっぱり、宇海は『グランデ・インヴルサ』を去るのかな・・・(;_;)/~~~

宇海と佐那は、どんな決断をするんだろ。

去っちゃったら寂しいな・・・。

でも、佐那は、きっとそれが宇海の夢なら背中を押しそうですね・・・。

それと、気になるのが、

宇海が来た本当の理由

小さい頃にこのホテルに来て、佐那と遊んだ宇海は、助けたかったのでしょうか。

その理由が一体何なのか?ドキドキします!

「崖っぷちホテル」最終回10話・ネタバレあらすじ

※私の解釈であらすじを追っていきたいと思います!

バリストンホテルの総支配人が、佐那の元を訪れ、宇海がバリストンに戻りたいと申し出たら、宇海の気持ちを尊重してほしいとお願いしに来た。

その頃、インヴルサには、宇海が受け入れた11人の団体客が訪れていた。

調理部でも、急にディナーが11人分増えたことから、江口は、ハルからその話を聞いていたところ、いきなり江口とハルに似たような男女二人組が入ってきて・・・。

一人の女の子・あきは、ハルと地元友達らしく・・・。

どうやら、自由に見学していいと言われたようで・・・。

総支配人室では、宇海が来て、お願いし忘れたことがあると言い出し、その日訪れて来た11人の団体客に業務見学をさせてほしいとのことだった。

その団体客とは、ホテルスイーヴルから来たホテルマンたちで、まさに3ヵ月前の自分たちにそれぞれがそっくりだった。

スイーヴルの総支配人の久美は、佐那と同じく若くして支配人となり、崖っぷちから這い上がったインヴルサへ、見学をしに来たという。

久美も、同じく、崖っぷちである自分たちのホテルをもう一度素敵な場所にしたいと思っていた。

宇海は、久美たちと佐那たちの顔合わせをさせ、「ではみなさん!今日もワクワクする仕事をお願いします。

清掃部では、見学をされて緊張している長吉がいた。尚美が、歯ブラシがないと言いだすと、慌てて隠す、スイーヴルの清掃部の女性。

尚美はピンと来て、「何今の動き!」と近づくと、その女性は素直に盗ったものを返した。

尚美はサッと受け取り、
これ普通に窃盗だから

と怒った。

横にいた男性も「だからやめろって言ってるだろ~!」と女性に言っていた。その様子を見て、何かを感じる裕子。

 

調理部でも見学をしているところ、裕子が入って来て、じろじろとスイーヴルの二人組を見た。

その男性に、「おい!ジロジロ見んなよ!」と言われた裕子は、ハッとし

なるほど、やっぱりですね。

ハルにどうしたのか聞かれた裕子は

ホテルスイーヴルの人たちは、私が師匠や姉さんから聞いていた3ヵ月前の皆さんによく似ています。

江口
はあ?俺らがこいつらと?

裕子
はい!まるで生き写しです。

もう一人の見学者・吉川も競艇ではないものの、競輪に鬼のようにハマっていた。

服部にも、そっくりな見学者がついてきていた。

久美は、総支配人室を見ていた。

佐那は、詳しく久美にどういうことをしているのか教えていた。

久美は、全館を見学したいと申し出て、宇海が案内することに。久美は、カメラ機材を取りに行くため、ロビーで待ち合わせることになった。

久美が出て行ったあと、宇海が佐那に

支配人、あとで少しお時間をいただけますか?久美さんの案内が終わったあとでも

佐那
分かりました

そう答えた佐那の心には不安がよぎった。

 

バーでたむろっていた時貞と丹沢と梢を、裕子が訪れて・・・。

お気づきですか?本日見学の皆さんですが、かつての皆さんにとても似ていることを。

時貞・丹沢・梢
似てる?あの人たちと?

3人は裕子を押しのけ、バーに来ていた3人をドア越しに見た。

裕子は、気になることがるあると言い、

もしかしたら、宇海副支配人が、あの方たちのホテルへ行かれるのではないかと思いまして。

ここまで見事に再生を遂げたインヴルサです。もう私たちだけでやっていけると踏み、また新天地え向かおうとされてるのではと。

時貞は、バリストンなら納得もするが、全く新しいところに行くかと思っていたが、裕子は、

しかし、宇海副支配人は、突然このホテルにやってこられたんですよね。前触れもなく。
あの方が求めているのが、崖っぷちから大逆転を行うワクワクだとしたら?

そう言われて、時貞たちは「ありえるな・・・」と突然走り出した。

佐那は、事務所でボーっとしていた。

そこへ時貞たちが入って来て、

時貞
支配人、もしかしたら宇海副支配人は、ここを出て行こうとしているのかもしれません。

裕子
すみません。私の予想で恐縮なのですが、今回の業務見学が、宇海副支配人の出て行かれるための準備に思えまして・・・。


あそこのホテルも崖っぷちって言ってたでしょう?だから副支配人が、次の大逆転の場所に選んだんじゃないかって。

佐那
実は私も、近いことを思っていました。

先ほど、宇海さんが私に時間を取ってほしいとおっしゃいまして。

丹沢
じゃあやっぱり、ここはもう大丈夫だと思って、出て行かれるということですかね。

時貞にどうするつもりか聞かれた佐那は、引き留めるつもりだと答えた。まだ宇海に教えてもらいたいことがたくさんあると。

佐那は時貞たちの気持ちを受け取り、宇海と話をする覚悟を決めた。

プールに来た佐那と宇海。

前に、プールから出て来た幸運の鳥❝ガロ❞を見て、宇海は「幸運が訪れましたね。」とニコニコしながら佐那に言った。

佐那は、宇海に出て行くつもりなのか聞いた。だけど、自分たちが思っていることとは違うことを考えているんだと思いたかった。しかしー

宇海
申し訳ありません。今回は、支配人の予想通りです。今日は、このインヴルサを出たいというご相談でして。私は、今いらしている、ホテルスイーヴルへ行こうと思いまして。突然ですみません。

と頭を下げた。

佐那
申し訳ありません。それは認められません。私は宇海さんも含め、今いるみなさんと一緒にこれからも働いていきたいと思ってます。増えることがあっても、欠けることは絶対にしたくないです。

それが私にとって、夢の場所ということなんです。

宇海
すみません。

佐那は、「どうしてですか?」と気持ちを宇海にぶつけた。

しかし宇海は、自分の夢が叶ったからとか、もうみなさんだけで大丈夫だとかそういうことではないと答えた。

宇海
怖くなってしまったんです。この場所にいるのが。❝夢の場所❞支配人は何度もそう呼んでいました。

佐那
そうです。その思いは、ここで宇海さんと出会ったときから変わりません。

宇海
いえ。支配人は昔からそう言ってましたよ。

佐那
昔?

宇海が小学生の頃、女手一つで育ててくれた母親に喜んでほしいと、生まれて初めて雑誌の懸賞に応募した。それがインヴルサの宿泊券だった。それが見事に当選し、ちょうど20年前の創立30周年イベントの日だった。

宇海は、そこで佐那に出会った。宇海は、その時たくさん佐那と遊んだことを話した。そして二人で花火を見上げて感動し、宇海にとって、こんな素敵な場所で佐那と過ごした一日は、一生忘れられない思い出となった。

その時佐那が照れくささも見せず、胸を張って真っすぐに

私はこの場所を夢の場所にするんだ

って言った言葉をずっと忘られずにいた。それから宇海はこのインヴルサで働くのを夢見て、自然とホテルマンを志した。

そんなある日、佐那がインヴルサの総支配人になったと聞き、覗きに来た。前日は楽しみで眠れなかったことが原因でロビーで寝てたところ、目を覚ましたら、そこに佐那がいた。

そしてプールサイドで話をしたら、崖っぷちなのにも関わらず、佐那は❝ここを夢の場所にしたい❞と言ったことが嬉しかった宇海。

さらに佐那が「一緒に働いてください」と、言ってくれことが嬉しかった。

それからは、最高にワクワクした仕事をさせてもらいました。20年前にあなたと一緒に見た、大花火大会という夢まで実現させてもらって。

佐那
なら、これからも一緒に、夢をかなえてくださったらいいじゃないですか。さっき怖いとおっしゃってましたけど、なにが怖いんですか?

宇海
あなたと2人で花火を見上げたあとに、嬉しさと同時に思ってしまったんです。小さなころからずーーっと夢見て来たことが、叶ったんだなぁと。

ホテルマンとしての夢は、私の人生のすべてでした。それが今まさに最高の場所で、最高の人とともに叶えたとなったときに、これから私は、どんなことにワクワクしていったらいいのか分からなくなってしまったんです。夢が現実になってしまった怖さ。それを感じてしまったんです。だから私は、この場所を夢のままにしたいと思いました。中に居続けて、夢が現実になってしまうなら、外から眺めて、夢の場所として見続けたいと。

私のわがままであるということは百も承知です。勝手を言ってすみません。

そう頭を下げた。

しかし、私はまた別の場所で、新しい夢を見ないといけないと思ったんです。それは、私自身のために。どうかお願いします。支配人。私が出て行くことを許してください。

そう深く頭を下げた。

佐那は総支配人室へ戻ると、あじさいテレビの藤井から、完成版の❝インヴルサの真相❞のDVDが送られていた。

佐那が見てみると、スタッフたちが佐那のことを信用し、大事に思ってくれてることが分かり、編集でも佐那のことを褒めてくれていた。

中で、宇海の音声でのコメントが

私たちは、お客様と総支配人のために働いてますね。あ、みなさんこう思ってるんじゃないですか?総支配人となら、どんな仕事だって、ワクワクしてできるって!

佐那の目から涙が零れ落ちた。

そして、佐那は全体ミーティングを開き、宇海がインヴルサを去ることを報告し、送別会をしたいと伝えた。

嫌がるみんなに理由も伝えた。

佐那が宇海の退職を受け入れた理由を、こう語った。

宇海さんは、とてもわがままな方だと思います。あの人は、ずっとワクワクしていなければ、生きていられない人です。それが生きがいであり、生きる理由でさえある人だと思います。

そんなわがままな要望に私たちはずっと振り回されてきました。でも私は、そんな宇海さんがとても好きです。

あの人は、いっつも私たちのことを考えて、私たちと、お客様のために、わがままを言い続けてくれました。でも、その宇海さんが初めて自分のためだけのわがままを言ったんです。自分自身が、新しい夢を見なくてはいけないと。私は、その思いを、尊重したいと思いました。それに宇海さんは、このインヴルサを夢の場所として見続けたいと言ってくれました。宇海さんは、私たちが信じる以上に、私たちのことを信じてくれているんです。これは、宇海さんが私たちにくれた、最後の要望だと思いました。

それをみなさんとなら、絶対答えられると思います。だからみなさんとともに、宇海さんを送り出すべきだと思いました。

大田原
では、急がねばなりません。宇海さんが向こうでいい仕事ができるよう、私たちはできる限りのことを、スイーヴルの皆さんにお伝えしなくてはなりません。

時貞は、佐那の決断を確認し、総支配人の決定ならと、立ち上がり、みんなも立ち上がった。

丹沢は、佐那に
私たちの気持ちをすべて受け止ってくださった上での判断だと、分かってます。支配人、ありがとうございます。

と。。

それから、調理部も、清掃部も、フロントでも、すべての仕事をスイーヴルの人たちに時間の限り教え込んだ。

宇海は佐那に、お礼を言った。

スイーヴルの支配人に了承を得た話を聞いた佐那は、思わず「あの私本当は・・・」と言いかけるが、言葉をのんだ。

そして、宇海にいつ出発するのか聞くと、明日だという。佐那は驚く。

宇海のわがままをすべて受け入れると決めていた分、戸惑う気持ちを抑え、せめて、送別会だけはさせてほしいと伝えた。

宇海は、20年前は大泣きして別れたこともあり、今回は笑顔で別れたかった。しかし、みんなが怒るという佐那の言葉を聞き、懸賞で当てたという変わった服を着た。

もう送別会の準備もできていて、佐那が先に出た。

みんなが席についたのを見計らって、タイミングで出て行こうとした宇海。

すると、服のしっぽがはさまり抜けなくなり・・・。

みんなが待っている中、中々宇海が出てこないことから、送別会が嫌だったからもう去ってしまったのではと、言いだした。

やっとの思いで、しっぽがとれた宇海は、みんなの声を聴く。

みんなが勝手に来て勝手にいなくなってと、不満を言いだし、どんなに宇海に助けられたか、どんなに宇海の存在が大きかったか、どんなに宇海が大好きだったか・・・。みんな号泣しながら口々に言った。

それを聞いた宇海は、涙がこぼれた。

佐那は、
皆さん、その想い、全部届いてますよ。

と言い、宇海が出て来た。

やっぱりみんさん、最後まで嫌がらせですね。私、こういうしんみりした感じがニガテで、でも皆さんの言葉を聞いて、分かりました。どうして私がワクワクした仕事ができないと思ったか。私はホテルマンです。お客様が第一です。

なのに私・・・みなさんのことが、お客様より、大好きになっちゃったんです!それは、私にとって、最高に嫌がらせです。

佐那
みなさん!宇海さんのご要望通り、最後は笑顔でお別れしましょう!

宇海さん、私たちはこれからも、あなたに夢の場所と思っていただけるような、ホテルであり続けます。だって、こんな最高のホテルマンたちがいるホテルですから!楽しみにしておいてください。

宇海
それは、とってもワクワクしますね!

そして、送別会が始まった。

みんな、笑顔だった。

深夜、みんな酔いつぶれて寝ているとき、宇海はみんなを笑顔で見まわし、席を立った。

そして、荷物を持ち、ロビーでホテルを見回し、

ありがとうございました。

と深く一礼した。

その宇海に佐那は一礼し、

本当に、ありがとうございました。

と涙を流しながらお礼を言った。

 

それから数か月が経ちー

インヴルサは連日満室の状態が続いていた。

スタッフのみんなは笑顔だった。

そして、長吉と尚美は結婚していた。

時貞も、梢に温泉旅行を誘い、OKをもらい喜んでいたとき、丹沢が来て、スポ太郎にジュニアができたことを喜んでいた。

そして、インヴルサにも新しく人も入り、大逆転した。

一方、ホテルスイーヴルでは、あの時の佐那と同じような状況で。

宇海は言った。

さあ、大逆転の始まりです!

感想

泣けた~(TДT)

宇海がインヴルサへ来た理由は、佐那や、楽しくて素敵な時間を過ごしたホテルへの想いだったんですね。

こんなホテルが本当にあったら、働きたいですね・・・。

こんな方たちの中で働けたら、幸せだ(´ω`*)

送別会で、みんなが、口々に宇海への想いを話すところはもう号泣ですよね。

宇海が、ホテルに「ありがとうございました」って一礼して、そんな宇海に、佐那が、一礼してお礼を言うところも、また泣けました。

ホテル『グランデ・インヴルサ』、最高!!

みんな幸せになって、本当に、本当に、最高の終わり方でした!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「崖っぷちホテル」10話の視聴率

分かり次第追記していきます🍊

順位ドラマ名視聴率
1位特捜914.0%
2位
ブラックペアン
13.7%
3位未解決の女12.9%
4位警視庁・捜査一課長シーズン312.8%
5位正義のセ9.8%
6位コンフィデンスマンJP8.9%
7位あなたには帰る家がある8.4%
8位花のち晴れ8.2%
8位Miss デビル8.2%
10位
シグナル長期未解決事件捜査班7.7%
11位崖っぷちホテル7.5%

「崖っぷちホテル」関連記事はこちら!

★「崖っぷちホテル」全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

まとめ

3ヵ月前の自分たちにそっくりな曲者ぞろいで、そっくりな状況の『ホテル・スイーヴル』のスタッフたち。

そこの支配人から相談を受けた宇海は『グランデ・インヴルサ』へ呼び・・・。

裕子も、佐那も、宇海が『スイーヴル』に行ってしまうのではないかという気持ちがよぎる。

そして、宇海がこのホテルに来た本当の理由とは?

宇海と佐那が最後に出した決断は?

最終回、なんだか泣きそう・・・!!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です