Missデビル人事の悪魔・椿眞子・最終回10話!あらすじネタバレ感想!最後の試練とは?

いよいよ「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」も最終回を迎えてしまいました。

毎回、眞子が、考えもつかないような方法で膿を出し、でも、退職を選んだ人の先の幸せも考えるという、スーパーヒーローでした。

そして、悪い人を回し蹴り!!

ごろ寝
心がスカッと❞しますよね(>▽<)♪

 

眞子と博史のやりとりが面白かったですよね(笑)

眞子にいつもびっくりして、心の中で眞子に突っ込む。でも眞子には見透かされてるところ。

 

ついに、これまで隠されていた真相が明るみになってきました。

縣が誰かに殺害されるというまさかの展開!

最終回はどうなってしまうのでしょうか?

あらすじを見ていってみましょう\(^o^)/

最後までお付き合い願えたら嬉しいです♪

☆「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」まとめ記事はこちら!1話~最終回までのあらすじや視聴率などを更新しております!

ドラマ・Miss デビル 人事の悪魔・椿眞子・全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2018.03.06

 

スポンサードリンク

 

 

「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」最終回10話のあらすじは?

9話・振り返り動画

10話を見逃してしまったら?

あぁ~!見逃しちまったぁ~!!

という方は、大丈夫です♪

2018年6月16日(土)放送終了後~期間限定で無料で観ることができます!

詳しくはこちらから⇩

10話・予告動画とあらすじ

2018年6月16日(土)夜10時から放送の最終回の第10話は・・!

大沢(船越英一郎)が、ホテルアックスの火災事故で偽装を働いていたことを認めた。偽装の証拠を占示す写真と引き換えに父の行方を教えるよう、渡米目前の大沢に持ちかける眞子(菜々緒)。大沢は、16年前に縣(大高洋夫)が眞子の父を殺し、ホテルの跡地に埋めたと眞子に告げる。博史(佐藤勝利)は眞子と共に指定された場所で遺体を探すが、眞子の父は見つからない。

一方、喜多村(西田敏行)は意識を取り戻したが、共亜火災では退職者が続出し混乱が続いていた。投資会社・グッドマンキャピタルの曽我部(堀部圭亮)が共亜火災に出資を申し出るが、眞子は曽我部が信用ならない相手だと千紘(木村佳乃)に助言。そんな中、喜多村が母と別れた経緯を知った千紘は父と和解するが、ホテルアックスの事件が週刊誌にすっぱ抜かれ・・・!

修(鶴見辰吾)から大沢との関係を聞かされる博史。大沢が自らホテルアックスの件を雑誌にリークしたことを見抜く眞子。会社を危機に追いやってでも、ホテルアックス事件の❝真相❞を公表するべきかどうか悩む千紘。それぞれの思いを胸に喜多村の元を訪れた3人を、最後の試練が待ち受けていた!

引用元:「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」公式ホームページwww.ntv.co.jp/missdevil

 

ごろ寝
眞子の父親は、縣に殺されていた(◎_◎;)?!

でも、遺体が出てこないのは、おかしいですよね(;゚Д゚)

眞子、千紘、博史に訪れる最後の試練てなんだろう・・・。

最終回、めちゃめちゃ気になる(≧◇≦)!!

「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」最終回・ネタバレあらすじ

※私の解釈であらすじを追っていきたいと思います!

大沢は、自分で偽装の罪を認めた。

眞子が、共亜火災に来た理由がそれだったと察した大沢は、今更自分を罰することはできないと伝えた。

博史は、「そういうことじゃありません!!」と、大沢がしてきたことで、どれだけの人が傷ついてきたのかを言いたかった。

眞子は、博史を止め、大沢に【ホテルアックス】は、大沢の言う通り、過去の事件だと言った。

しかし、縣殺人事件に関してはどうかと問いかけた。

その頃、喜多村は病院へ運ばれ、そして、博史の母親・聡子が修に、縣に脅迫状を送ったのは、自分であることを告げていた。

縣を殺害はしていないと否定した。

眞子は、出張に向かう大沢に、縣殺しの犯人は、本当に秘書の本橋なのか訪ねると、大沢は、「さあ、それはどうだろうね。」とだけ言い、時間だからと行こうとした。

眞子は、「取引しませんか?」と、アックスの偽装の証拠の写真を眞子が持っていることを伝え、大沢に眞子の父親の行方を教えてほしいと言った。

大沢は、「斧ヶ埼だ」と答えた。

そして、

16年前、偽装を問い詰められた縣が、君の父親を殺した。そして、ホテルの跡地へ埋めたらしい。石碑の前に

眞子が信じていいのか聞くと、大沢は、頷いた。

 

眞子は急いで、斧ヶ埼へと向かった。

そして、博史も共に斧ヶ埼の石碑の前を掘り起こした。

眞子
お父さん・・・どこにいるの?お父さん!お父さん!どこにいるの?

と叫んだ。

しかし、眞子の父親の遺体は出てこなかった。

博史は、眞子の様子を見て、混乱していた。

 

博史が出社した時、秘書が殺人事件を起こし、社長が逃げたとマスコミに囲まれ、何とか、逃げ切った。

ラボのみんなにマスコミのことを伝えると、沖津がかなり落ち込んでいて・・・。

どうしたのか聞くと、共亜火災の株を結構買っていたが、株が駄々下がりをして、泣いていた。

博史は、眞子が来ているか聞き、室長室へ入った。

何とか、元気を出してもらおうと、眞子の父親のことで声をかけるが・・。

眞子は「おだまり!!そのことは忘れてください。

そう言われ、博史は、言葉をのんだ。

一方、喜多村は、意識を取り戻した。柴崎は、喜多村に謝り頭を下げた。

喜多村は、柴崎に「これからもよろしくな」と言った。柴崎は、泣きながら「はい。」と答えた。

そして、ずっと千紘は傍にいることを伝え、今は、会社に呼び出され、行っていることを伝えた。

 

副社長の横山は、このままでは倒産すると【グッドマンキャピタル】の曽我部からの出資を望んでいた。

曽我部は、経営には手を出すが、役員はそのままだと説明。

しかし、千紘は反対をしていた。社長である大沢の意見も聞くべきだと。だが、大沢とは連絡が取れない。

千紘は眞子を呼び出した。

グッドマンキャピタルの曽我部をどう思うか、眞子に意見を求めた。

眞子は
早いですね。ハゲタカが血の匂いを嗅ぎつけるのは。

今の共亜火災は言うなれば傷を負ったバッファロー。社長秘書の逮捕を受けてマスコミは大騒ぎ。CFDや過去の粉飾決算まで蒸し返され退職者も出始めている。

千紘
それで、曽我部CEOがハゲタカ?

眞子
無害なイエスマンの横山副社長を手玉に取り、造反もない。

実質的な乗っ取り。

このままだと、共亜火災はハゲタカに食い尽くされる。

千紘は、深くため息をついた。

そこへ柴崎が来て、眞子は部屋を後にした。

柴崎は、「誤解しているとしたら・・・」と千紘に喜多村のことを話した。

会長が、かつて愛された、女性に関して。

 

博史たちはいつものメンバーで集まっていた。そこへは、南雲も来ていた。

南雲は、いとこのうどん屋で働いており、とても充実しているようだった。

そんな輝いてる南雲を見てまぶしかった。

喜多村はだいぶ元気になっていた。

そこへ千紘が訪ねて来た。

千紘
会長、私の、誤解だったんですね。会長が、母と私を、その、捨てたって・・・。母は、何も言わなかったんです。ただ私がが勝手に思い込んで。おめかけさんだった母を、父は捨てたんだった。会長はその時、部長になれるかどうか大事な時で、悪い噂が立ってはと、母は身を引いたんですね。

喜多村
千紘さん。あなたのお母さんはね、ほんとに、ほんっとに、素敵な方でした。謙虚で、聡明で・・・

千紘
何も知らないのに、恨んでるなんて言って、申し訳ありませんでした。

と頭を下げた。

喜多村は、「とんでもないよ」と目に涙をためながら言った。

千紘は、ほんとうのことが知れて良かったと、満面の笑みを浮かべた。

眞子は、本橋に会いに行っていた。

あの夜に何があったのか・・・。

本橋は、縣に目をつけられていて、あの夜に襲われそうになり近くのブロックで殴ったと説明。

しかし、眞子は、縣の好みは本橋とは真逆の女性だと言うと、本橋は「そんなの関係ない!」とムキになり、眞子はそこをついた。

千紘が仕事をしていると、「大変です!」とある雑誌を見せられた。

そこには、ホテルアックスへの保険金が支払われなったこと、偽装であることなどが載っていた。

その雑誌を見た曽我部は、事実なら共亜火災はの価値は下がるとし、横山に引き下がる旨を伝えた。

横山の社長の夢は儚く消えると言われた。が、まだ雑誌の内容はまだ推測であり、どうにでもなるレベルだという曽我部。横山に

二度とないように目を光らせてください。あなたならできますよ

そう言うと、車から降りた。

そこへ、眞子が現れ、曽我部と接触した。そこでは挨拶がてら少し話をし、すぐに帰った。

眞子がラボに帰ると、千紘が待っていてー

眞子に謝った。

雑誌の内容を見て、眞子がホテルアックスの支配人の娘であることが分かり、千紘は、関わった人間として、深く頭を下げた。

眞子は、過去を振り返ることはいつでもできるが、今起こっていることに目を向けるべきだと千紘に伝えた。

千紘は、納得し、雑誌に書かれている内容が本当なら、公表するべきだと思っていた。

しかし、曽我部と横山がそれを行うとは思えなかった。

眞子は、千紘に公表すれば倒産も免れず、多くの社員を路頭に迷わすことになると告げた。

千紘は悩んだ。

一方、博史が帰ろうとしていたとき、修から電話がかかってきた。

雑誌を読み、博史に話をしなければならないことがあるとのことだった。

すぐに帰ると返事をした博史は、実家へ帰った。

その夜、眞子は喜多村のところを訪れ、そこへ大沢も来た。

眞子は、斧ヶ崎に父親がいなかったことを伝えた。

大沢は、驚くと、少し考えた。

眞子は、週刊誌に情報を流したのは大沢だではと尋ねた。

眞子
やっと分かってきました。あなたが何をしようとしているのか。

実家に帰った博史は、修から話を聞いていた。


大沢と私は親友だった。山岳部で、命を助けられたことがある。逆のことも。そして俺はあの時、初めてあいつの涙を見たんだ。あいつが、ホテルアックスの話をした時だ。

あいつは、自分の中だけに、罪の意識をとどめておくことができなくなった。だから、親友である俺だけに懺悔した。

次第に俺は、その秘密の重さに負けていったんだ。お前の就職が決まったときから。

聡子
明らかにおかしかったの。一人でぼんやり考えたり、うなされたり、でも私も怖くて、直接聞けなかったけど、それであの時、大沢社長からの電話を立ち聞きして・・・。縣っていう人がこの人を苦しんでるんだって分かって、私なりに探して、気付けば暴走してた。


2人で警察に行って、すべてちゃんと話してきたよ。隠していてすまなかった。

そう頭を下げた。

茜は、博史に「許してあげなよ」と言い、

好きだからこうなったんでしょう?だから、お父さんはお兄ちゃんが好きだから黙ってた。お母さんはお父さんのことを好きだから手紙を出した。そういうことでしょう?

真っすぐにそう笑って話す茜。

博史は、茜の成長を感じていた。

いつもの家族に戻れて家族4人、久しぶりに本当の笑顔で過ごした。

ラボに出社した博史は沖津から共亜火災の未来には2パターンあると聞く。

 

1・このまま共亜火災は潰れる。そりゃラボはなくなる。

2・グッドマンキャピタルが経営に口出してくる。奴らは徹底的にコストカットを進める。うちみたいな部署は即効切り捨て。

 

寂しがる博史に、沖津は若いからもっといろんな部署でバリバリ働くことを勧めた。

沖津は、博史が寂しいと感じるのは、それだけ博史が頑張ってきた証拠だと言った。

そこへ眞子が現れ、博史を連れてラボを出た。

千紘は喜多村を訪ねて、悩みを相談していた。

そこへ眞子と博史が現れ・・・。

眞子は、お見舞いの品を忘れた代わりではないが、父親の話をすると言った。

眞子
私の父は、仕事熱心で、同時に家族を、特に一人娘の私を大事にしてくれました。私は父が大好きでした。休みの日には必ずアップルパイを作ってくれて、手先が器用で、よくあやとりで遊んでくれました。父の人生は幸せだったのかどうか、ホテルアックスを失い、その再建も叶わなかった。
だけどそれでも、父は幸せだったに違いない。私はそう思っています。

父は、愛情と喜びをもって仕事に臨んでいました。ホテルアックスはそれに値するだけの職場だった。

人がそういう場所に巡り合えたことは、とても貴重で、とても幸せなことです。

失っことだけを見て不幸だと断定するのは、彼にあまりにも失礼すぎる。

喜多村
椿さん、ありがとう。ただ、あなたの言う、幸せな場所になれますかね。共亜火災は。

博史
あの、僕は、今の仕事が、共亜火災が、好きです。もし、生まれ変わったとしても、今と同じ仕事ができたら、僕は、どれだけ幸せかって。だから、こんな好きな職場だから、いい仕事をする。いい会社であってほしいって、そう思うんです。

眞子は、
ではこれで、お元気で。

そう言い、眞子と博史は去って行った。

喜多村は、千紘に、どんな選択をしようが、千紘の味方だと伝えた。

千紘は嬉しくて、涙がこぼれた。

千紘は、16年前のホテルアックスに対し、偽装を働いたことを公表することを選んだ。

会見に行く前に、博史は千紘に

あの、ありがとうございます。その、みんなのためというか、勇気を出してくださって・・・。

と。

千紘は、笑顔で自分のためでもあると答え、博史の肩をポンと叩いた。

ラボでも、共亜火災でも、博史の実家でも、また病院にいる喜多村も、会見を見守るようにテレビを観ていた。

会場へ向かっている千紘の前に曽我部が現れ、会見に行くのを妨げようとする。

博史は、感づき、早く行きましょうと千紘に声をかけ、足早に行こうとすると、曽我部の取り巻きに持ち上げられ・・・。

そこへ眞子が現れた。

取り巻きが眞子へ襲い掛かるが、眞子がすべてやっつけた。

部下を守るのは上司の義務です。

と。

そのすきに会場へ行こうとした千紘を曽我部が抑え、
会社なんて所詮、金を稼ぐ箱なんだよ!

眞子
それはどうでしょうか

と曽我部を回し蹴りしてノックアウトした。

そうとしか考えられない。哀れな方ですね。

そう言い、千紘を会場へ急がした。

千紘は眞子に何度も助けてくれたことにお礼を言った。

千紘が会見をしているとき、眞子と博史も会場の後ろで千紘を見守った。

その会見途中、

ちょっとよろしいですか?

と大沢が現れ、千紘に謝り、「悪いようにはしない」と言い、大沢が会見を始めた。

大沢は、すべて自分が行ったことだと言った。

修も、喜多村も、目をつむって悲しそうにため息をついた。

会見は終わり、ニューヨークへ飛び、アメリカ最大手の損害保険会社と包括的業務提携を結んできたと、資料を千紘に渡した。

大沢
予想収益はそう大きくはないんだけどね。でもそれで最低限、会社としての体裁は保てる。たとえ小さくても、喜多村会長のDNAを受け継いだ新生共亜火災を率いて行くのは、きみしかいない。

大沢は、眞子の方へ向い

成立させるためにとにかく時間がなかった。きみとはろくに話もできずにきてしまった。

本当に申し訳なかった!私はきみの人生を変えてしまった。

そう深く頭を下げ、涙を流した。

眞子
私は、あなたを恨んでいるわけではありません。あなたは会社のために偽装を行った。仕事というモンスターに食いつくされていたから。本橋さんもその犠牲者です。

大沢
あの日、縣はきみと会ったあと私を呼び出した。

縣は、大沢に5億支払わなければ全てを告発すると脅迫した。

すると、危険を感じて大沢のあとをつけていた本橋が、ブロックで縣を殴った。

そして、2人で縣を埋めた。

大沢は罪を認め、逮捕され、共亜火災を去った。

 

共亜火災は、規模を縮小し、従業員数1/10の会社に生まれ変わった。

ラボでは新社屋への引っ越しをしていた。みんなそれぞれの道を進んでいった。

沖津は博史とともに、共亜火災に残ることに決めた。

千紘は喜多村と柴崎と病院にいて・・・。千紘は新社長として頑張ろうとしていた。

その時、眞子からの贈り物と何かが届き、千紘が開けてみた。

すると、そこにはアップルパイが。

父の日とカードがあり。

千紘は喜多村に、

父の日、おめでとうございます

と照れ臭そうにいうと、喜多村は歓喜と感動で胸がいっぱいだった。

 

博史は、会社を見上げていたところ、

感傷にひたってるんですか?

と眞子が声をかけてきて驚く博史。

博史は、眞子に
椿さん、辞めちゃうんですよね。

と聞くと、眞子は、
大沢社長が私を招き入れた。彼が去った今、もう私がいる場所はないでしょう。

博史
これからは何を?

眞子
父を探し続けます。

博史
えっ!!

眞子
なぜ驚くのですか?

博史
だって、諦めたのかと・・・。僕に忘れろって、言っていたので。

眞子
どうしてあなたはそう短絡的な思考でしかできないんですか?私は私の意思で行動する。たとえあなたに何を言っていようとそこに関連性はない。もう少し客観的な思考を・・・

博史
分かりました!ごめんなさい!

あの、探すって、仕事を辞めて・・

眞子
ありえません。父を探すこと。仕事をすること。全てがあって私の人生です。どちらが欠けても成立しない。

あなたも、あなたの人生を見つけてください。

博史
僕の、人生?できる・・・でしょうか?

眞子
あなたは単純でどこまでもお人好しで感情や感覚に流され、軟弱で、言葉の裏を読めず甘くさい思い込みが激しい・・・

博史
ごめんなさい!!ごめんなさい!!

眞子
だから、大丈夫。あなたは

そう言うと、眞子は去って行った。

博史
椿さん、本当に本当に本当に、ありがとうございました!!

と頭を下げた。

その時、ひったくりがあり、

眞子は、そのひったくり犯を回し蹴りをしてノックアウトした。

そして、博史に微笑んだ。

感想

モンスターは❝仕事に食い尽くされた人❞だったということでしょうか。

一つのことにしか目が向かなくなると、周りが見えなくなって、確かに怖いですよね。

喜多村も千紘も、誤解が解けて、打ち解けて本当に良かった。

しかし、眞子の父親は一体どこにいるのでしょうか?

一瞬、「え?まさかの喜多村会長?」と思わせるシーンもありましたが、謎は残されたままですね・・・。

やっぱり、眞子を演じた菜々緒さんのアクションシーンは、かっこよかったですね!!

最終回は、豪華に最後までも回し蹴りをしてひったくり犯をやっつけるシーンがあって、本当に最後まで❝スカッ❞とさせていただきました!!

眞子が、博史をぼろくそに言ったかと思ったら、そういう博史だから

だから大丈夫。あなたは。

って言ったところ、すごく良かったですね。眞子にそう言われたら、絶対に嬉しいし、自信に繋がりそう(*^^*)

千紘が新社長になって、共亜火災、すごくいい会社になりそうですね。

眞子がいたら、もっといいと思ってしまいますが・・。

 

 

スポンサードリンク

 

「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」最終回10話の視聴率

分かり次第追記していきます🍊

順位ドラマ名視聴率
1位ブラックペアン14.2%
2位
特捜914.0%
3位未解決の女12.9%
4位警視庁・捜査一課長シーズン312.8%
5位正義のセ9.8%
6位コンフィデンスマンJP8.9%
7位あなたには帰る家がある8.4%
8位花のち晴れ8.2%
8位Miss デビル8.2%
10位
シグナル長期未解決事件捜査班7.7%
11位崖っぷちホテル7.5%

「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」関連記事はこちら!

★「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

まとめ

ついに最終回を迎えた「Missデビル」。

新たに出現した投資会社の曽我部。この人も、何やらなにか企んでいるのかも?!

週刊誌に共亜火災のことが載ってしまって、しかも、大沢が自分でリークしたとのこと!

一体どういう目的でリークしたのかも気になりますね。

修と大沢の本当の関係も。

これからそれぞれどうなっていくのでしょうか?

最終回!お見逃しなく!!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください