トドメの接吻(ドメキス)7話あらすじネタバレ感想!12年前の事故が明らかになってきて

ナンバーワンホストの堂島旺太郎(山﨑賢人)は、12年前の事故がきっかけで、愛を捨て、お金と権力だけを追い求めてきた❝クズ男❞。

キスをすることで❝タイムリープ❞する力を持つ宰子(門脇麦)と出会い、その力を利用して、旺太郎にとって都合がいい方向にやり直すことができだしました。

旺太郎が成り上がるためにターゲットにした個人資産100億円の並樹グループの令嬢・美尊(新木優子)の気持ちも旺太郎へ向いていきました。

しかし、12年前の沈没事故のことが、徐々に明らかになっていき、沈没の原因を作ったのが、美尊の兄・尊氏で、長谷部の父親が事件の隠ぺいに一枚噛んでいるという・・・。

それをネタに長谷部を脅してテープを探させていましたが、これが、長谷部を死に追いやり、しかも、タイムリープを何度もして、長谷部を助けれたと思ったら、旺太郎が死んでしまうなんて!!

ごろ寝
それでは、めちゃくちゃ気になる第7話のあらすじを見て行ってみましょう!

☆「トドメの接吻」のまとめ記事はこちら!良かったら見てくださいね☆

トドメの接吻(ドメキス)・あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2017.11.24
「トドメの接吻」を見逃してしまったら!

用事があったり、中々時間が取れないくて見逃してしまった!というあなた!大丈夫です!

記事にまとめていますので、良かったら見てくださいね☆

詳しくはこちら⇨「トドメの接吻(ドメキス)」を見逃してしまったら?

 

スポンサードリンク

 

「トドメの接吻」7話のあらすじ

2018年2月18日(日)夜10時30分から放送の第7話は・・・

自殺に見せかけた長谷部(佐野勇斗)の死に尊氏(新田真剣佑)が絡んでいると気付き、宰子(門脇麦)の制止を振り切ってタイムリープした旺太郎(山﨑賢人)は、なんと乗馬倶楽部で長谷部を襲おうとした覆面の男に殺されてしまう!時間を戻そうと必死にキスする宰子の努力もむなしく、すでに旺太郎は息絶えていて…!!
生き残った長谷部は、覆面の男に奪われたビデオテープの存在を警察に隠そうとする尊氏が事件の黒幕ではないかと不信感を募らせる。そして、旺太郎の突然の死に鬱ぎ込む美尊(新木優子)は、自分の気持ちを無視して急ピッチで結婚の話を進めようとする尊氏と母・京子(高橋ひとみ)に憤りを覚えていた。そんな中、美尊は長谷部が尊氏に事件の真相を詰め寄っている場面に遭遇し、思いがけず尊氏の凶暴な一面を目撃してショックを受ける。

一方、12年前の事故で旺太郎の弟の命を犠牲にして自分が生き残ってしまった意味を考え続ける宰子は、旺太郎のため、ある危険な計画を実行に移すことに…。
宰子の秘策によって一度落とした命を救われた旺太郎は、自分を襲った覆面男の正体が布袋(宮沢氷魚)だったことを突き止め、尊氏を追い詰めるために布袋を脅して味方につけようと画策するが、そこにはある誤算があり…。そして並樹家の人間関係を嗅ぎまわる旺太郎の部屋のまわりには怪しい人影が…。実はそれは10年間失踪していた旺太郎の父・旺(光石研)なのだが…。
宰子のアシストで旺太郎と美尊の仲が深まる中、宰子のタイムリープの秘密を知っている様子の謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)は尊氏の前に現れ、旺太郎の協力者である宰子の正体を不気味にほのめかす…。さらに、影で自分を助けていた宰子の健気すぎる決意を知った旺太郎には意外な展開が待っていた…!

引用元:「トドメの接吻」公式ホームページwww.ntv.co.jp/todomenokiss/

生きてるかと思ったら、旺太郎はもう死んでしまったんですね(◎_◎;)

衝撃!!

宰子は誰にキスをして、タイムリープするんだろう。予告には志尊淳さんも出ていましたが、また出てくるのかな(*’▽’)

12年前は旺太郎に助けられた命だけど、今回は宰子に命を助けられましたね、旺太郎。

どんどん尊氏の黒いところが周りにバレて来だして、いよいよ春海も動きだして、これからますます面白くなりそう(≧▽≦)

勝手に予想してみました!

 

宰子が、旺太郎を生き返らせるためにキスをした相手は、❝美尊❞ではないでしょうか!

一番、バレても構わない感じだし、尊氏や布袋はぜえったいにあり得なさそう。長谷部もないんじゃないかと思うし、一番快く、秘密を守ってくれそうな美尊が協力してくれるのではと思います。

布袋がなぜ、あそこまで尊氏に従順なのかも気になりますよね。

春海は、実は何が目的なんだろう。弟かとも思ったんですが、ついに動き出して、尊氏に宰子の力のことを言うあたり、旺太郎に上手く行って欲しくないのでしょうか。

春海が弟だとして、あの事件のあと、春海は春海ですごく苦労していて、旺太郎と同じように辛い思いをして育ったので、恨んでるとか・・・。

実際のこれからはどうなっていくのか、楽しみです!!

 

スポンサードリンク

 

「トドメの接吻」7話のネタバレあらすじ&感想

ネタバレあらすじ

2月7日ー

旺太郎は救急車で運ばれていき、美尊は泣き叫びます。

長谷部は警察の人に、尊氏と会う約束をしていたと話していました。尊氏と一緒に取調を受けていた時、ビデオテープのことを言おうとしましたが、尊氏はとっさに「進路相談で」と嘘をつきます。尊氏をますます疑う長谷部。

電話がかかり、尊氏は席を外そうとした時、もう一人女の人がいた話を長谷部と警察がしているのが聞こえ、想定外のことに驚きます。

旺太郎の遺体の傍で泣き崩れる母・光代の姿を見た宰子は悲し気に静かに去っていきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の日、美尊は、新聞の旺太郎の記事を見て、落ち込んでいました。

尊氏が現れ、美尊の母・京子は尊氏に「美尊をよろしくね」と、「それが美尊の一番の幸せ」だとお願いします。

それに対し、困惑する美尊。

一方宰子は、部屋で、旺太郎に言われたことを思い出し、自分が出来る事を考えていました。

そして、尊氏と美尊が結婚披露パーティーの件で役員の方々に謝る日、宰子が勤務するデリバリーも迎います。

尊氏は郡次に宰子のことを調べさせていましたが、郡次はあまり気にしていません。そこへ、美尊と京子が来て、話をやめました。

美尊が謝ると、周りの人たちは、「それは尊氏くんと結婚することですか?」と言われ、美尊は困り、動揺し、京子に「聞いてない!」と怒る。

美尊は、「旺太郎が心の中にいる。旺太郎に会いたい」と言いますが、尊氏は「旺太郎はもういない。過去は変えられない」と言われてしまいます。

その様子を見ていた宰子は「まだ、変えられる」とある決意をします。

その夜、宰子は美尊や奈緒たちが夕食を囲んでいる時に潜入。

奈緒たちから❝宰子❞という旺太郎の知り合いの女の人が、事件当日その場にいた話を聞き、美尊は長谷部と尊氏が話をしているところへ行きます。

それを追いかける宰子。

美尊は今までに見たこともない態度を長谷部にとっている尊氏を見て驚き、思わず止めに入る。尊氏は「何でもないんだよ」と手を美尊に差し伸べるが、美尊は「触らないで!」と尊氏の手を払いのけました。

その場を去る美尊。ドアの外で尊氏は話を聞いて欲しいとノックをするが美尊は入れない。すると、美尊の部屋の中から、「もう、入ってる」という女の人の声が。

驚いた美尊は部屋を見渡していたところ、宰子が現れ、美尊を押さえ「死んで」と言い、何か耳打ちをし、美尊にキスをし、タイムリープしました。

そして2月7日、旺太郎が襲われているところ、竹ぼうきで参戦する宰子。長谷部は頭を殴られ、旺太郎は腕を殴られましたが、覆面の犯人の正体を見ます。覆面の男は布袋でした。

テープは盗られてしまいましたが、旺太郎は生き返ることができました。

全てが分かっている旺太郎は尊氏を追い詰めます。布袋からの電話で席を外した尊氏を追いかけた旺太郎でしたが、もう姿はどこにもなく、宰子を見つけます。

しかし、「まだいたのかよ」と「おまえがこなけりゃテープ奪われることはなかったよ」と宰子に冷たく当たりました。

その頃、布袋は尊氏と会い、旺太郎に見られてしまい、テープと引き換えに黙ってると電話がで脅迫されたことを報告。

次の日、布袋が犯人だったと新聞に載っていました。尊氏は「信じられないよ」と美尊に言いましたが、タイムリープしたこととの重なりに何かを感じていました。

警察に向かった旺太郎は布袋に会いましたが、警察に人に、通報があったと言われ、尊氏にテープを盗られたことを悔しがります。

家に戻った旺太郎は、興信所の根津に布袋のことを調べてもらうように言います。根津の話では旺太郎の父親の旺は日本にいると報告。「サービス」と一枚の写真を置いて行きました。その写真は、旺太郎の近くにいる父親の写真でした。

その写真を握りつぶす旺太郎。

そして、改めて布袋に会いに行き、「尊氏に命令されたんだろ?」と布袋に聞き、調べてもらったことを布袋に見せます。布袋の父親は、並樹グループお顧問弁護士だが、1億の借金があることを問い詰めます。そして、そんなことをさせた尊氏を責めるように言う旺太郎に、布袋は、父親の仕事の関係で「人殺しの息子」といじめられたが、尊氏がずっと守ってくれたし、お金も一円ももらってないと返答。そして、通報したのも自分自身だと言って、面会を終えた。

帰り、旺太郎を待っていた宰子は、部屋に入り、いつでもどんな時でも来るからと携帯の番号を渡します。旺太郎は「使い倒してやる!」と宰子にきつく当たりますが、宰子は、結婚披露パーティーの件で、謝る場に美尊が来ることを報告。旺太郎は、宰子に自宅待機を命じます。宰子はただ「はい」と言うことしかできず、そのまま帰ろうとし、振り向くが「帰れ!!」と言われ、帰っていきました。

旺太郎の家の外に出た宰子を旺太郎の父・旺が待っており、宰子に質問攻めをし、宰子が誰か問いかけると「すみません」とその場をあとにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

尊氏がエレベーターに乗った時、そこには春海が。

そして、春海は尊氏に「幸せ?上りが天国なら、下りは地獄かな。いやぁ待てよ。上が未来なら下は過去か。じゃあ、今はここだ!」とストップを押しました。

そして、止まったエレベーターの中で春海はタイムリープのことを尊氏に話します。そして、宰子の写真を尊氏に春海らしく渡します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結婚披露パーティーのことを謝る日、美尊ははっきり、「兄とは結婚しません」と宣言しました。そして、「私には旺太郎がいるから」と、京子と尊氏に伝え、そこへ旺太郎へ現れ、「美尊さんのためなら、ホストも辞めるし、全ての女性と切る」と宣言しました。

怒っていた尊氏のもとへ郡次がやってきて、調べた宰子の情報を尊氏に見せました。そこには12年前に、同じクルーズ船に乗っていたことも分かり、尊氏は春海が言っていたことを思い出します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美尊を連れて、【ナルキッソス】へ出勤した旺太郎。そこへ、女性客(ゆりやんレトリィバァ)が現れ、「いやん、いやんエイト!腕どないしたん?あんた。ギプス萌っちゅうの?そそるっ!

旺太郎は「今日で店辞めるから」と伝え「落ち着いていきよ~」と送られました。

家で❝今夜はキャンセル❞という連絡を受け取った宰子はホッと安心。

その頃旺太郎はお店で、美尊からタイムリープした夢の中の話を聞きます。旺太郎が死んでいたことも、知らない女の人からキスされて目が覚めたことも。そこで言われた「エイトと幸せになって」。

たまらなくなった旺太郎は、美尊にちょっとごめんと席を外し、走って宰子に会いにいきました。今までの宰子の言葉を思いだしながら走る旺太郎は、宰子を見つけました。

俺、死んでたんだろ。答えろ。何で100億にキスしたんだよ。彼女にタイムリープの秘密がバレたら、俺の幸せが台無しになるとは思わなかったのかよ。

一度だけなら、夢だと思ってくれるかも

ほんとにそれだけか?他に理由があるんじゃないのか?

あなたへの想いを残したまま、会わせてあげたかった。あなたを幸せにできるのは、あの人だから。生きてる方が辛いなんて言わないで。辛いことがあったら、いつでもする。あなたが幸せになるまで、何度でもキスする。私がいれば、過去を変えられる。

おまえはそれでいいのかよ

いい。それが、私が生き残った理由だと思うから。私はそれを自分の幸せにする。

おまえ・・・

私、道具になる。あなたの役に立つ道具になる」と笑いました。その姿を見た旺太郎は思わず宰子を抱きしめます。「戻るんだよね」とキスをしようとしたら、かわして宰子を抱きしめました。

そこへ、美尊がやってきて・・・。宰子を夢に出てきた女の人だと認識します。

春海のもとへ尊氏が来て、タイムリープのことを聞きます。そして、宰子の写真を受け取り、思いっきりの笑顔をする春海。

一方、宰子に「おい、時間を止めてくれ!」と言う旺太郎。静かに見つめる宰子は「それは無理。」と言い放ちます。

気まずい旺太郎は、思わずかわいい笑顔で第7話が終わりました。

ー次回へ続くー

感想

いや~!やっぱり宰子のキスの相手は美尊でしたね!

健気な宰子に心が切なくなってきます。泣けますね(;_;)

旺太郎も、本当の愛に気付いたんじゃないのか?と言いたいですが、でもまだまだ100億の女❝美尊❞を諦めそうにはなさそうですね(笑)

結局、死に至らなくて本当に良かったですが、痛い思いをした長谷部・・・。長谷部はとてもいい人ですね。純粋で。真っ直ぐで。あんなにも美尊を想っているのに・・・。実らないのか・・・。

宰子を抱きしめていたところを美尊に見られてしまいましたが、またタイムリープするのかな・・・。あの後がめちゃくちゃ気になりますが、もう1つ気になることが!

それは、春海を訪れた尊氏。尊氏が宰子の力の秘密を知ってしまったら、尊氏も宰子を利用しようとするのでしょうか。どんな手でも使いそうだから本当に怖い存在になってしまいましたが・・・💦

まだ春海の思惑も、一体何者なのかも分かりませんが、最終話まであと3回!

とても楽しみです!!

みなさんの反応

「トドメの接吻」7話の視聴率

第7話は・・・7.3%

1.4ポイントもアップ!そして、平均視聴率ランキングでは第6位です!

まとめ

あんなにクズ男だった旺太郎が、母・光代が光太を探すビラを配っていた時、おじさんが捨てたビラが風に舞って飛んだのを追いかけて、雪で足を滑らせ階段から落ちそうになりました。

そこへ旺太郎が走って後ろから光代を抱きつかまえて、光代の命を守った時に流した涙を見たら、❝クズ男❞なんてすっかり忘れていました。

あのシーンは本当に感動でした。

素直に自分の光太への想いを光代に伝えることもできたし。

宰子を「助けるんじゃなかった」と言いながらも、命の危機を感じた時、やっぱり宰子を助ける旺太郎。

クズなんだけど、良くなってきてる感じがします!

逆に、最初めちゃくちゃ素敵すぎでしょう!と思っていた尊氏がどんどん黒くなってきだして・・・しかも長谷部の死の原因も尊氏だし(・_・;)

最終話までの後3回、どんな展開に進んでいくのかドキドキします!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください