トドメの接吻(ドメキス)・あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2017年の秋ドラマの中でも人気の高い「陸王」。

100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長宮沢紘一(役所広司)の息子役・大地を好演している山﨑賢人さんが、今回、今までにない❝ホスト役❞でしかも前代未聞の❝クズ男❞を演じるます!!

しかも、連ドラ初主演!!

ごろ寝
どんだけクズ男なのかとっても興味深い(笑)!!

ただのラブストーリーではないSFっぽい要素もある「トドメの接吻」!

どんな話なのか、気になるキャストなどを見て行ってみましょう!

まず、ドラマの基本情報は?

 

スポンサードリンク

 

「トドメの接吻」の基本情報

◆放送開始日:2018年1月7日(日)22:30~23:25 ※初回は22:00から。

◆脚本:いずみ吉紘

◆音楽:Ken Arai

◆チーフプロデューサー:西憲彦

◆プロデューサー:鈴木亜希乃・渡邉浩仁・岡宅真由美

◆演出:菅原伸太郎・明石広人

◆放送局:日本テレビ

 

日本テレビ系の日曜ドラマの「今からあなたを脅迫します」の後枠になります。

前回は主演のディーン・フジオカさんが❝脅迫屋❞というちょっと変わった職業をしていましたが、今回山﨑賢人さん演じる主人公は、❝ナンバーワンホスト❞。

ごろ寝
そりゃ、ナンバーワンになりますよっ!

とんだクズ男ということですが、それにも訳がある?

どんな話なのか、さっそく見てみましょう♪

「トドメの接吻」ってどんな話?

欲しいのは愛なんかじゃない、目に見えるモノ――カネと権力だ

12年前のある事件をきっかけに、誰も愛そうとしなくなった主人公の堂島旺太郎(山﨑賢人)は、気配り上手なイケメンだけど、❝クズ❞で、高い理想をもち、自分が成り上がることだけを追い求め、女をもてあそぶナンバーワンホスト。

旺太郎が狙っているのは、個人資産100億円と言われている日本企業トップ、ホテル王・並樹グループの社長令嬢。

今度のターゲットはこの女だ

旺太郎は、社長令嬢に近づきます。

そんなある日、旺太郎の前に❝謎の女❞が!

彼女は突然、旺太郎へ贈り物を・・・それは❝死の接吻❞。

その直後、旺太郎の身体に異変が起こり始めます。

呼吸困難・身体痙攣・異常な動機・・・

そして、旺太郎は死んでしまいます。

ところが、目が覚めた旺太郎が見たものは7日前に見た景色

あの時の出来事も、会話も全てまったく同じことが繰り返されていく。

毎回❝謎の女❞にキスで殺され、毎回❝過去❞にタイムリープするという邪道ラブストーリーとなっています!

毎回❝死のキス❞をされて、苦しみながら死んで、毎回❝過去❞にタイムリープするという、今までにはない話ですよね。

山﨑賢人さんが毎回苦しむ姿を観るのはちょっと、嫌だなぁ。

この❝謎の女❞は一体何者なのか、人間なの?それとも死神?

「トドメの接吻」の見どころはココ!

主人公・旺太郎を演じる山﨑賢人さんがどんな❝クズ男❞を演じるのかがやっぱり見どころ!

そして、❝12年前の事件❞が明るみになっていって、❝謎の女❞が何者なのか、それが分かる過程も見どころですね!!

「トドメの接吻」全話あらすじ&ネタバレ(全10話)

ここでは、1話から最終回までのあらすじやネタバレ、感想をまとめた記事を載せていきますので、良かったら見てくださいね☆

●第1話:「トドメの接吻」1話【あらすじ&ネタバレ!】

●第2話:「トドメの接吻」2話【あらすじ&ネタバレ!】

●第3話:「トドメの接吻」3話【あらすじ&ネタバレ!】

●第4話:「トドメの接吻」4話【あらすじ&ネタバレ!】

●第5話:「トドメの接吻」5話【あらすじ&ネタバレ!】

●第6話:「トドメの接吻」6話【あらすじ&ネタバレ!】

●第7話:「トドメの接吻」7話【あらすじ&ネタバレ!】

●第8話:「トドメの接吻」8話【あらすじ&ネタバレ!】

●第9話:「トドメの接吻」9話【あらすじ&ネタバレ!】

●第10話(最終話):「トドメの接吻」10話(最終話)【あらすじ&ネタバレ!】

 

スポンサードリンク

 

「トドメの接吻」のキャスト

堂島旺太郎(どうじま・おうたろう)/山﨑賢人

イケメンで気配り上手で、ホストクラブ『ナルキッソス』のナンバーワンホスト。
だが、実はカネと権力だけしか見ていない❝クズ男❞。
12年前の事件がきっかけで、誰も愛そうとしなくなった。

山﨑賢人さんは、1994年9月7日東京生まれの23歳。これまでに「デスノート」や「まれ」、「好きな人がいること」「陸王」などのドラマに出演され、映画では『L・DK』『ヒロイン失格』『orange』『オオカミ少女と黒王子』『四月は君の噓』『一週間フレンズ』『ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない 第1章』『斉木楠生のΨ難』『氷菓』など、本当にたくさんの作品に出演されています。

2015年には第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞されています。

❝謎の女❞/門脇麦

旺太郎に❝死のキス❞をプレゼントする謎の女。

門脇麦さんは、1992年8月10日東京生まれの25歳。これまでに「美咲ナンバーワン!!」「まれ」「お迎えです」「リバーズ」などのドラマや、『オオカミ少女と黒王子』『二重生活』『こどもつかい』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など、映画でもたくさんの作品に出演されている、演技派の女優さん。

並樹尊氏(なみき・たかうじ)/新田真剣佑

旺太郎の人生のライバル。日本企業トップのホテル王・並樹グループの御曹司で、旺太郎が狙う社長令嬢の兄。

新田真剣佑さんは、1996年11月16日アメリカ生まれの21歳。とても21歳とは思えない肝のすわった演技で、目力が印象的な新田真剣佑さん。「僕たちがやりました」「刑事ゆがみ」第6話や、『ピーチガール』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第1章』『ちはやふる 結び』など、たくさんの作品に出演されています。

並樹美尊(なみき・みこと)/新木優子


並樹グループの令嬢で尊氏の妹。わがままなところもあるが、素直な性格。完璧な兄がいることもあり、同世代の男には全く興味がない。

新木優子さんは、1993年12月15日神奈川県生まれの23歳。2014年に【non-no】の専属モデル。
「家を売るオンナ」「CRISIS公安起動捜査隊特捜班」、2017年7月期のドラマ「コード・ブルーードクターヘリ緊急救命ー」、そして現在放送中のドラマ「重要参考人探偵」などの作品に出演されています!

長谷部寛之(はせべ・ひろゆき)/佐野勇人

大手クルーズ会社の御曹司。美尊とは幼なじみで、幼い頃から好き。しかし、美尊には相手にされず。美尊に近寄る旺太郎にライバル心を燃やす。

佐野勇人さんは、1998年3月23日愛知県生まれの19歳!ドラマには「ドクターカー」10話、「砂の塔~知りすぎた隣人」「カンナさーん!」に出演。映画でも『くちびるに歌を』『高台家の人々』『ミックス』の作品に出演されています。2018年公開予定の映画『ちはやふるー結びー』『3D彼女 リアルガール』そして、このドラマの旺太郎役の山﨑賢人さんが主演の『羊と鋼の森』にも出演されるようなのでチェックですね!

小山内和馬(おさない・カズマ)/志尊淳


ホストクラブ❝ナルキッソス❞に来る前にも、旺太郎と同じ店で働いていたこともあり、旺太郎になついている可愛い後輩。
タイムリープを繰り返す旺太郎の協力者で、旺太郎と❝キス女❞の謎を探る。

志尊淳さんは、1995年3月5日東京都生まれの22歳。子犬のような可愛い顔がとても印象的ですね。

ドラマでは、「5➙9~私に恋したお坊さん~」「そして、誰もいなくなった」「きみはペット」「女子的生活」などの作品に出演されていて、映画でも『全員、片想い』
『サバイバルファミリー』『帝一の國』『覆面系ノイズ』『探偵はBARにいる3』などの作品に出演されています。『帝一の國』はホントに最高に面白くて、菅田将暉さん演じる帝一のいつも傍で支える光明役を演じられていました。志尊淳さんの可愛さが思いっきり前面にでていてすごく良かったです!

春海一徳(はるみ・いっとく)/菅田将暉


終電を逃したサラリーマンなどを相手に演奏する変わり者の❝謎のストリートミュージシャン❞。旺太郎のアパート近くにいる。旺太郎にアドバイスを贈ったりしているが、一徳がこの街にきたのは、偶然ではなかった。

菅田将暉さんは、1993年2月21日大阪府生まれの24歳。このドラマの主題歌も担当されています。

ドラマでは、「大切なことはすべて君が教えてくれた」「リッチマン、プアウーマン」第6話、「35歳の高校生」「死神くん」「問題のあるレストラン」「民王」「ラヴソング」「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」「大河ドラマ おんな城主 直虎」などたくさんの作品に出演されていて、映画でも『高校デビュー』『共喰い』『海月姫』『暗殺教室』『ピース オブ ケイク』『ピンクとグレー』『二重生活』『セトウツミ』『何者』『デスノート Light up the NEW world』『溺れるナイフ』『キセキーあの日のソビトー』『帝一の國』『銀魂』『あゝ、荒野』『火花』そして2018年4月に公開される『となりの怪物くん』など、たくさんの作品に出演されています。

その中で、2013年には『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞されています。

菅田将暉さんの演技は、役柄で全て違う人に見えるので、カメレオン俳優と言われるのもよく分かります。菅田将暉さんの演技が大好きなので、楽しみです!

「トドメの接吻」の脚本

今回の「トドメの接吻」というドラマはいずみ吉紘さん完全オリジナル脚本。

いずみ吉紘さんは1968年12月21日愛知県生まれの48歳。

1999年、第11回フジテレビヤングシナリオ大賞で「ミサイルに翼はない」で佳作を受賞されています!

これまでに、「ムコ殿」や「ROOKIES」、「らんま1/2」「デスノート」など、たくさんの人気ドラマの脚本を手掛けられています。

どれも面白かったですが、中でも「ROOKIES」は熱くて、感動の作品でしたし、「デスノート」もキラとライトの駆け引きがドキドキもので面白かったですね。

今回の「トドメの接吻」も期待が高まります!

「トドメの接吻」視聴率

ここでは、1話~最終話までの視聴率と、平均視聴率をまとめていきたいと思います!

平均視聴率・・・6.9% ランキング第6位

●第1話:7.4%

●第2話:6.5%

●第3話:7.1%

●第4話:6.7%

●第5話:7.3%

●第6話:5.9%

●第7話:7.3%

●第8話:6.5%

●第9話:7.1%

●第10話(最終話):7.5%

関連記事はこちら!

●「トドメの接吻」主題歌 菅田将暉【さよならエレジー】

●「トドメの接吻」を見逃してしまったら?最新話を無料動画で観る方法と前の話を観る方法

「トドメの接吻」公式Twitter

「トドメの接吻」まとめ

カネと権力にしか目がないナンバーワンホストの堂島旺太郎。

日本企業トップのホテル王・並樹グループの社長令嬢を狙いに定めた矢先に、旺太郎の前に現れた❝謎の女❞が突如❝死のキス❞を。

死んでしまう旺太郎。

だが、目を覚ましたら、7日前にタイムリープしていた。

毎回❝死のキス❞をされ、毎回7日前にタイムスリープするという。

この謎を追って、物語が進んでいきます!

まだまだこれから発表される新情報を、どんどん追記していきます!

ドラマ「トドメの接吻」。

キャストにも注目ですね!!楽しみです♪

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください