シグナル~長期未解決事件捜査班・5話あらすじネタバレ感想!健人の兄役・神尾楓珠とは?

ついに、21年前の連続殺人事件の真相にたどり着いた「シグナル 長期未解決事件捜査班」!

物語の作りが物凄く面白い!

坂口健太郎さんや、北村一輝さん、吉瀬美智子の白熱の演技で見入ってしまって、1時間があっという間に過ぎてしまいますね(^^)

今度は、どんな長期未解決事件を解決していくのでしょうか?

今回は、そろそろ出てくるのではないかと思われる、健人の兄・加藤亮太を演じる神尾楓珠さんに触れながら進めていきたいと思います(*‘∀‘)♪

それでは、第5話は、どんな展開になっているのでしょうか?さっそく見て行ってみましょう!

☆彡「シグナル 長期未解決事件捜査班」のまとめ記事はこちらです!

ドラマ・シグナル長期未解決事件捜査班・全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2018.03.16

 

スポンサードリンク

 

シグナル~長期未解決事件捜査班5話のあらすじは?

それでは、第4話の振り返りをどうぞ!

2018年5月8日(火)夜10時から放送の第5話は・・・!

※まだ楽しみにしておきたい!!という方は飛ばしてくださいね♪

過去とつながる不思議な無線を通じて、大山(北村一輝)と事件の捜査をともにした健人(坂口健太郎)は、現在の大山を探し出そうと、かつて同僚だった岩田(甲本雅裕)に話を聞くことに。すると、大山が18年前に失踪し、その後、収賄で懲戒免職になったことが分かる。にわかには信じられず、健人は当時大山に金を渡した男を訪ねるが、そこで見たのは両者の間で金銭の授受があったという確かな証拠。健人は少なからずショックを受けるが、一方で、大山が消息を絶った日付が2度目に無線のつながった日、無線の先で銃声が響いた日であることが気にかかる。警視庁では、そんな健人の動向をある人物が注意深く監視していたー。

その頃、1998年の大山は、高級住宅地で起きた連続窃盗事件を追っていた。犯人は同じ地区で1ヵ月の間に3件、いずれも厳重なセキュリティーを破って被害者宅に侵入し、金品を盗んで逃走。警察は、窃盗の前歴者による犯行も視野に入れ、犯人の特定を急ぐ。前歴者リストには、かつて大山が逮捕した元窃盗犯・工藤雅之(平田満)の名前もあった。工藤は娘の和美(吉川愛)のために、今は真面目に働いていて、和美もまた父を信じてほしいと、大山に懇願するが・・・。

捜査に行き詰まった大山が頭を抱えていると、再び2018年の健人と無線がつながる。この事件が20年後も未解決だと知った大山は犯人の情報を教えてほしいと頼むが、「過去を変えるのは危険だ」とそれを拒否する健人。それでも大山は食い下がり、せめて次の犯行日を教えてほしいと頼み込み・・・。

引用元:「シグナル長期未解決事件捜査班」公式ホームページhttps://www.ktv.jp/signal/

健人が、どうか大山の無実をはらしてほしいですね。

完璧にあの刑事部長が怪しい・・・(ーー;)あの人が仕組んだって濃厚じゃないでしょうか・・・!

過去を変えると危険」そう言った健人ですが、今までとはちょっと違ったことを言ってますよね。何かそう言わざるを得ないことでもあったのでしょうか。

第5話も、面白そうです!!

健人の兄・加藤亮太/神尾楓珠

神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)さんは、1999年1月21日東京都うまれの19歳!

【A-team】という事務所に所属し、2015年から活動されているんだそう。ちなみに、伊藤英明さんも【A-team】所属です!

デビューして間もないのに、もう、2017年には映画『兄に愛されすぎて困ってます』の剣道部の鈴木役を演じられています。

最近のドラマでは、2017年10月期ドラマ「監獄のお姫様」の小泉今日子さん演じる馬場カヨの息子・公太郎を演じ、

そして、2018年1月期ドラマ「アンナチュラル」第7話の高校生のいじめの事件の回の横田伸也を演じられました。

一目見たら、ハッとする存在というか、少しの出演でもどこかに残っているんですよね。

そんな神尾さんが演じるのは、坂口健太郎さんが演じる三枝健人の兄・加藤亮太。

❝ある事件❞がきっかけで、逮捕されてしまいます。

そして、自殺してしまうー

それが、健人の深い❝心の傷❞となってしまうのですが、この自殺も、果たして本当に自分で命を絶ったのか。それも疑問が残るところです。

健人は、この兄の事件の真相にたどり着くことができ、解決することが出来るのでしょうか?

これから、どんどん神尾楓珠さんは出てくるのではないかと思います!

神尾楓珠さんの演技にも注目です!!

 

スポンサードリンク

 

「シグナル 長期未解決事件捜査班」5話のネタバレあらすじ&感想

※私の解釈であらすじを追っていきたいと思います!

健人(坂口健太郎)は、岩田(甲本雅裕)に大山(北村一輝)の事を聞いた。

表情が曇る岩田。

そして、2000年に失踪。その後、汚職事件で懲戒免職になっていた。暴力団関係者から多額の賄賂を受け取っていたという。大山は捕まる前に失踪したと岩田は言った。

にわかに信じられない健人。

その頃、美咲(吉瀬美智子)は、大山の実家、【大山時計店】を訪れていた。

美咲は思い出していたー

ー1998年4月1日

美咲は、強行犯係に配属になった。

そして、大山が美咲の指導係になった。

初めて遺体を見て号泣する美咲を励ましてくれたり、たくさんのことを教えてくれた。

密かに大山に想いを寄せる美咲は、ある日、大山の机で無線機を見つける。ほかの刑事から、それが大山の❝お守り代わり❞だと聞いた美咲は、二コちゃんマークのシールを張り、笑った。

ー2000年5月1日

美咲は、大山の父親に、「先輩は収賄なんて絶対してません!私が、必ず先輩を見つけて出して見せます。」そう伝えた。

大山の父親は、大山の荷物の中のものを、「手がかりがあるかもしれない」と美咲に託し、大山がつけていた時計を美咲に渡した。

ー現在

美咲がその時計をつけて18年経った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

健人は、大山の収賄に関わっていたとする人から話を聞き出していた。証拠品というメモ書きも見せてもらう。

健人が帰った後、その男は中本刑事部長(渡部篤郎)、岩田に連絡。昔と同じことを言ったと報告。そして、岩田は「お前は大人しくしてればいい」と電話を切った。

中本は、健人に目を付け、岩田は、「探りを入れてみます」と言い部屋を出た。

岩田は美咲に「今も大山を探しているのか」と聞き、そして健人も探していることを伝えるが、美咲には見当もつかなかった。

その様子を見た岩田は「部下のことを把握できていないようだな。部下の行動はしっかり管理しろ」と言い、去って行った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家に戻った健人は、大山のことを考えていた。

完璧すぎる証拠があるが、違和感を感じる健人。そして、警察内部の犯行だと読む健人。いろんなことを❝なぜ❞と考えながら昔を思い出していた。

ー1998年5月7日

兄の亮太(神尾楓珠)のバイトが終わるのを待つ小学生3年生の健人。

亮太が「お待たせ!」と出て来て、一緒に帰る。

健人は亮太におんぶされながら、❝なぜ?なぜ?❞と聞く健人。亮太は

健人は将来立派な大人になるな。なんで?なんで?って聞くだろ?好奇心が強いのはいいことだ

健人は亮太の背中で眠る。

ー現在

健人のアラームが鳴り、目を開ける健人。

大山からの連絡はない。

過去を変えれば、未来は変わる

呟く健人。

ー1998年5月6日

大山は、後輩刑事と、張り込みをしていた。

連絡が入り、走って犯人を捜す大山。

しかし、誰かが間違い、大山を犯人だと勘違いして取り押さえてしまい、犯人を逃がしてしまった。

張り込みの捜査員が8名、制服の応援も要請していたが、誰も犯人を見ていなかった。

岩田は、窃盗の前歴者リストを出し、今回の、セキュリティを切り、金品を盗むという同じ手口の者を探すよう命じる。

大山は、以前逮捕した工藤雅之を調べることに。

工藤は、テレビで今回の事件を知っていて、「俺はやってない」と言った。

そこへ、工藤の娘の和美(吉川愛)が帰って来た。

工藤が逮捕されてから、大山が和美面倒をみていたこともあり、なついていた。

一緒に晩ご飯を食べることになりー

和美が作ったご飯を3人で楽しく食べていた。

和美は、今回の窃盗事件のことを口に出し、大山は「その話で来たんじゃない」と否定する。

和美は「犯人は素人ね。プロならあんな近くの家を続けて狙はないでしょ。警戒されるに決まってるんだから。私、立場上窃盗には詳しいの。盗品は見つかったの?

大山は「捜査情報は極秘」と答えると和美は「出てないのね。」とニヤリと笑い「それも犯人が素人だって根拠。換金ルート知らないからよ。

工藤は「賢い子だろう」と笑う。

大山は「まったくもう・・・親バカか?」そう言いながら、楽しく食べる。

工藤は「でも変だよな。手口は素人同然なくせに、セキュリティが厳重な家に難なく侵入してる。

そう話す工藤に大山は「刑事ですか?」と笑いが絶えない食事だった。

大山が帰っている時、和美が追いかけてきて、大山に感謝の気持ちを述べ、父親は犯人じゃないことを強く伝えた。自分を信用して欲しいと。

そして、大山に運転している時に聞いてと曲をダビングしたカセットテープをプレゼントした。

家に戻った大山は、工藤の資料を見て、考えていた。

健人が家に戻ってきたとき、アラームが鳴り、無線機が通じた。

連絡がなくて心配しました」と話かける健人。大山も「1年何してたんですか?」と言った。スマホのメモ書きを確認する健人。

大山は1年経っていたが、健人は1週間しか経っていなかった。

大山は、❝城ケ丘地区連続窃盗事件❞の犯人を教えて欲しい言い、健人はこの事件は未解決事件だと答える。しかも、詳しい資料が残っていなかった。

ただ、健人はプロファイリングをしたことがあった。

犯人の情報を教えて欲しいという大山に対し、健人は「過去を変えるのは危険」と教えることは出来ないと答えた。

大山に「次の犯行がいつ行われるかだけでも教えて欲しい。ヒントをくれ」と言われ、健人は、被害者の身内と使用人にはアリバイがあったことを確認し、自分のプロファイリングしたことを伝えた。

 

●外部の人間の犯行と仮定。

●警備が厳重な家での犯行。

●入念な下調べをしていた→セキュリティシステム・鍵・車庫・裏口など

●郵便受けから、被害者の情報を得るため郵便物をとって調べていた可能性がある。

 

健人は、「これはあくまでも参考に」と言い「どうか、慎重にお願いします。無線のせいで亡くなった人もいますから」と伝え、無線機は切れてしまった。

ー火の中で女の子が燃えていて、大山が叫ぶー

ー2018年現在

眠りに落ちた健人の横で、資料が変わっていた。

目が覚め、すぐに調べる健人。

すると、犯人は工藤雅之で1998年に逮捕されていた。

朝出勤した健人は、美咲たちに❝城ケ丘地区窃盗事件❞について尋ねる。そこで美咲から、❝目撃証言❞と❝郵便受けから出て指紋❞が決めてになって解決したことを聞く。

健人は❝郵便受け❞と聞き、動揺する。

美咲に、「なぜその事件に興味を持つの」と聞かれ、健人は「被告は無実を訴え続けていた。誤認逮捕だと、未解決事件になる」と言うが、周りは相手にしない。

ある高級住宅地の一件家。両親が出掛け、その娘は留守番。ガレージのシャッターをおろして家に戻っている隙に、誰かが侵入する様子が・・・。

その娘は、火の中の女の子の映像が頭をよぎり、息が荒くなり、洗面所で薬を飲む。
扉を閉めると、鏡に映る工藤の姿。その娘の口を布で抑え、眠らせた。

工藤は、あえて自分の指紋を鏡につけた。

警察署では、美咲が健人に工藤は伝説的な窃盗犯だったことを告げた。
現場では指紋ひとつ残さなかった。
工藤は、慎重で計画的な性格だと分析する健人。

性格は簡単には変わらない。城ケ丘地区窃盗事件の時だけ指紋を残すことに違和感を感じていた。

美咲は、健人が、犯人も逮捕され終わっている事件を調べていることに疑問を持っていた。

そのとき、誘拐事件が発生し、長期未解決事件捜査班も捜査に加わることになった。

捜査本部が設置され、そこに行った健人たち。

そこには工藤の写真が映し出されていた。

 

●被害者は矢部香織35歳。大学の研究院。

●父親は矢部英介。大学教授。

●帰宅後、香織の姿がなく、誰かが侵入した形跡があったため、警察に通報。

●防犯カメラには不審者(工藤)が映っていた。

●鏡には工藤の指紋が検出され、カメラの映像からも一致。

●身代金の要求はない。

 

中本は、金目的で、娘に見つかったため誘拐に切り替えたと短絡に考えていた。しかし、健人はこの事件を「何か変です」と発言し、岩田は中本の顔色を伺う。

健人は、過去の事件を見ても工藤は窃盗のみで、人に危害を加えていないことを主張した。これは、何か他の意図があるのではと発言した。

そんな健人を必死で抑えようとする美咲。

中本は、「誘拐事件は時間との勝負だ。工藤の身柄を抑えろ」と健人の話には耳を貸さない。

岩田は指示をし、刑事たちは指示された通り、動き出した。

一生懸命健人は訴えるが、岩田は健人を殴った。

健人は「忘れてました。警察に品位なんてなかった」と告げ、美咲は健人を蹴って黙らせる。

美咲は健人のやり方を変えないと誰も耳を貸せてくれないと強く教えて、捜査に行った。

やり切れない気持ちで苛立つ健人。

健人は、工藤がいた刑務所に行き、工藤のことを聞いた。

工藤は、電気技術を学び資格をとり、火を見ると発作を起こしていた。

原因は、娘の和美が事故で焼死をしたことだった。

その頃香織は、どこか冷凍庫に閉じ込められていた。そして、日の中で燃えている和美を思い出し、叫ぶ。

一方、美咲は、矢部家で、香織が飲んでいる薬を見て、PTSE(心的外傷後ストレス障害)だと思って、父親の英介に話を聞く。

英介は「20年ほど前・・・」そう言い、黙ってしまう。

健人は、車の中で、「郵便受け」と言ったことで自分のせいだと責めていた。

その頃大山も、工藤が逮捕され、工藤に「お前のせいだあ!お前のせいで和美が死んだんだあ!!おおやまあ!!おまえのせいだあ!!

と言われ、車の中で、和美が作ってくれたカセットテープを聞きながら泣いていた。

そのとき、無線機が繋がりー

話しかける健人。

過去が変わりました

大山「みんな・・・俺のせいです。俺が間違えてました

どういうことか聞く健人に

警部補言った通りでした。俺のせいで・・・めちゃくちゃになった。こんな無線機、始めなきゃよかった・・・

大山は火事の中で燃える和美のことを言葉にできない。

一生懸命何があったのか聞くが・・・。

感想

何とも言えない気持ちになりますね(´_ゝ`)。

大山は「みんな俺のせい」と責めていましたが、大山も安易に郵便受けが・・・って捜査したとは思えない。

工藤を疑ってたけど、工藤の事も、和美の事も、一番分かっていたのは大山だと思うし。

なんで和美が火事に巻き込まれたのかが気になりますね。

めちゃくちゃいい子なのに。なぜいい子ばかり酷い目にあうのか・・・。

当時の警察のずさんな捜査ということなのでしょうか。

辛いことばかりですね😢

城ケ丘地区窃盗事件の本当の犯人と、今回の工藤が犯した誘拐事件の理由。

健人と大山は真実を突き止め、解決することができるのでしょうか?

「シグナル 長期未解決事件捜査班」5話の視聴率

第5話の視聴率は6.7%

平均視聴率ランキング(5/9時点)
1位:特捜9・・・・・・・・・・・・・・14.9%
2位:未解決の女 警視庁文書捜査官・・・・13.0%
3位:ブラックペアン・・・・・・・・・・12.7%
4位:警視庁・捜査一課長シーズン3 ・・・12.6%
5位:正義のセ・・・・・・・・・・・・・10.2%
6位:コンフィデンスマンJP・・・・・・・8.9%
7位:花のち晴れ~花男Next Seaaon~・・8.5%
8位:Miss デビル 人事の悪魔・椿眞子・・8.3%
8位:あなたには帰る家がある・・・・・・・8.3%
10位:シグナル長期未解決事件捜査班・・・8.2%
11位:崖っぷちホテル・・・・・・・・・・7.6%

「シグナル 長期未解決事件捜査班」関連記事はこちら!

「シグナル長期未解決事件捜査班」主題歌はBTS(防弾少年団)『Don’t Leave Me』!発売日は?

「シグナル長期未解決事件捜査班」全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

まとめ

今回は、健人の兄・加藤亮太役の神尾楓珠さんに触れてみました!

まだ19歳という若さ!これからの活躍が楽しみですね!!

そして、ドラマも中盤に入ってしまいました。

これからの展開から目が離せませんね!!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください