刑事ゆがみ6話あらすじネタバレ感想!青年実業家が襲われた?

適当な性格だけど、天才的な観察眼をもつ弓神適当(浅野忠信)と、真面目だけど、出世欲が強い腹黒な若手刑事羽生虎夫(神木隆之介)の最強凸凹バディが、難事件を解決していくドラマ「刑事ゆがみ」。

羽生が、どんどん弓神化していってるのが面白い(笑)

まさに最強のコンビになっていってますよね!

また、毎回出演されるゲストも魅力的です!!

第5話では、私が好きな女優さん板谷由夏さん演じる京子が自分の子供を大物政治家に預かってもらって、子供が誘拐されたという策で、周りの人々や、警察やマスコミを巻き込んで、自分の家族を離れ離れにならないように❝ロイコ事件❞の模倣犯を装った事件の犯人役でした!

そんな京子に、弓神が、自分本位で子供を巻き込んで、「親が思っている以上に子供は敏感なんだぞ!」って言った言葉がすごく印象的でした。

弓神は、本当に気持ちの分かる人なんだなって。

羽生が、大物政治家の悪事の証拠の書類を燃やしていた京子を、❝ドーン!❞と体当たりしたところも何か面白かった第5話でした。

それでは、第6話!どんな事件が発生していってるのか、見て行ってみましょう!

 

スポンサードリンク

 

☆まだ観ていない回がありましたら、こちらからどうぞ☆

刑事ゆがみ・全話あらすじ・ネタバレまとめ!最終回の結末は?

2017.09.27

「刑事ゆがみ」6話のあらすじ


2017年11月16日(木)夜10時から放送の第6話は・・・

25歳という若さで総資産300億円のIT企業家・買取勝平(新田真剣佑)が、刺される事件が起きる。

現場は、買取が来週オープン予定のプラネタリウム。買取の運転手が迎えに行った時、倒れていた買取を発見。

買取は、正面から鋭利な刃物で刺されていた。

弓神と羽生の聴取に、買取は「犯人を見ていない」と話す。

買取は、詐欺に近い強引なやり方で企業買収を繰り広げ、多くの人に恨まれていた。

その中でも、プラネタリウムに携わっていた望遠鏡メーカーの「スタームーン」の創業者・星月亘(辻萬長)は、買取が出資の話を白紙に戻したことで会社は倒産。社長をしていた息子の晃介は自殺をしてしまった。

しかし、星月にはその犯行時間帯にアリバイがあった。

酒を飲んで寝ていたと孫娘の光希(荒井美羽)も証言している。

さらに買取は、ゲームアプリ「モンコレ」で、急成長をした会社「テンドーカンパニー」も買収しようとしていた。

弓神と羽生は、社長の天堂英里に話を聞きに行く。

今度は、かなり人に恨まれていた企業家が刺されるという事件。

犯人を絞るのはかなり苦労しそうですね。

星月は、買取が出資の話を白紙に戻したせいで自分の会社が倒産して、さらに借金が苦しくなって息子が自殺してしまうなんて、かなり恨むでしょうが、アリバイがあるし。

ゲーム会社の社長・天堂英里に弓神たちは会いにいきましたが、何を読み取るのでしょうか!

弓神の観察眼の鋭さは、観ていてカッコイイですよね。

今回の事件、どんな風に紐解いていくのか楽しみです!!

注目ポイント!

買取の運転手役の生田佳那さんは、実は、プロのタクシードライバー!!

現在も女優業などの傍ら、タクシードライバーとして働かれているそうです!

プロの運転手が、企業家の運転手役って何だかすごい!!

これはちょっと注目ポイントですね!!

「刑事ゆがみ」6話のゲスト

買取勝平/新田真剣佑


25歳という若さで総資産300億円というIT企業家。人に恨まれている。

新田真剣佑さんは、2017年の7月期ドラマ「僕たちがやりました」にも出演されていました!
目力があって、迫力のある演技をされますよね!これからも楽しみです!

星月亘/辻萬長(つじ・かずなが)


倒産した『スタームーン』の創業者。息子が自殺をしてしまう。

辻萬長さん(写真左)は、「砂の器」「Dr.倫太郎」第2話、「ゆとりですがなにか」「全力疾走」などのドラマや、映画にたくさん出演されています。

星月光希/荒井美羽(あらい・みう)


星月亘の孫娘。星月のアリバイの証言者。

荒井美羽さんは、「謎解きはディナーのあとで」第6話、「リーガル・ハイ」第6話、「ゆとりですがなにか」現在放送中の「連続小説ドラマ わろてんか」など、11歳という若さでもういろんなドラマに出演されていて、これからが楽しみな女優さんですね!

天堂英里/MEGUMI


ゲームアプリ会社「テンドーカンパニー」社長。買取に買収をもくろまれていた。

MEGUMIさんは、グラビアアイドルでしたが、今は女優業もされています。
「恋愛あるある。」「37.5℃の涙」第7話、現在放送中の「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」などのドラマに出演されていて、アニメの「カンフーパンダ」のマスター・ヘビの吹き替えもされていました!

「刑事ゆがみ」6話の感想

拳銃の練習場で、弓神と羽生がお互いに銃を向け合い、

羽生が、「弓神さん、髪の毛切りました?

弓神「分かる?毛先をちょっと整えてもらったの

羽生「は?きもちわるっ」っていう会話!初っ端から面白かった(笑)

この時、弓神が会話の中で「怖いよな~。誰かのためにやったって法に触れれば罪になる。

この弓神の言葉が、今回の事件を物語っていました。

25歳の若さで総資産300億円。だけど人間性は最悪なIT企業家の買取勝平。この人が出資話を白紙に戻したせいで、望遠鏡メーカーの『スタームーン』の社長・星月晃介が自殺をした。

今回、そういうこともあり、一番疑われたのが、創業者の星月亘。でも、実は、お父さんの変わり果てた姿を一番先に見つけた亘の孫娘・光希が、お父さんと、お父さんのアイデアを奪われたことで悔しかった光希が買取を刺したのでした。

とても賢くて、大人がビックリするくらいしっかりしてる光希。けど、そうならざるを得なかったんだと思います。

まだ小学生の子供に、こんな思いをさせて、しかもそんな子供に、もう一度仕掛けて、その動画を拡散させて罰を下すという最悪最低な人間な買取。同情の余地もない。

光希に、自然に寄り添う弓神。そんな弓神のおかげで、光希は心の中の叫びをやっと口から言葉にして出すことができました。「お父さんに会いたい。お父さんを返して!返してよ!

お父さんも、光希のためにも生きてて欲しかった。

弓神の温かさに胸が熱くなった第6話でした。

「刑事ゆがみ」6話の視聴率

第6話の視聴率は・・・6.7%!

0.4ポイントアップ!!嬉しい!!面白いので頑張って欲しいです!!

「刑事ゆがみ」7話の予告

2017年11月23日(木)夜10時から放送の第7話は・・・

❝管理職に就き、近くに結婚を控えていた菅能の親友が、遺体で発見された❞

第7話も、目が離せません!!

まとめ

今回の事件は・・・
●IT企業家の買取勝平が何者かに正面から鋭利な刃物で刺される。

●買取は「犯人を見ていない」と言う。

●買取はたくさんの人から恨みを買っていた。

●容疑者に浮上した星月亘には犯行時間にアリバイがある。

買取はかなり人に恨まれていて、その中でも、会社が倒産して、息子まで自殺してしまったことから、星月が容疑者として浮上してしまいました。

でも、お酒を飲んで寝ていたとのこと。そのことを、孫娘の光希も証言しています。

買取も、正面から刺されていて、「犯人を見ていない」という答え方にちょっとひっかかりましたが、警察は役に立たないからと、自ら小学生の子供を相手に汚い手で罰を与えようとしていたんですね。本当に最低だ!

今回は結構衝撃な展開でした。

でも、弓神の優しさで心があったかくなった第6話でした。

最後、弓神の依頼で、ヒズミが買取の悪事を拡散してくれて、本当にスッキリでしたね。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください