陸王5話あらすじネタバレ感想!大地と茜の会話に資金集めのヒントが?

100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」。

4代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、会社を立て直すべく新規事業でランニングシューズ「陸王」の開発に挑む。

ここまで、これでもかとばかりに訪れてくる問題の山を、宮沢は「こはぜ屋」の従業員や、銀行員の坂本(かざま)、いつも相談に乗ってくれる有村(光石研)などたくさんの人々、そして家族に支えられながら、共に諦めずに乗り越えてきました。

宮沢のその姿や言葉に、心打たれて、私も諦めずに頑張ろう!!っていう勇気を与えてもらっています。

そんな感動して涙してしまう「陸王」ももう5話まできてしまいました;つД`)。

第5話ではどんな展開を迎えて行くのか見て行ってみましょう!

 

スポンサードリンク

 

☆まだ観ていない回がありましたら、こちらからどうぞ☆

陸王・全話あらすじ・ネタバレまとめ!最終回の結末は?

2017.09.29

「陸王」5話のあらすじ

2017年11月19日(日)夜9時から放送の第5話は・・・30分拡大!!

「陸王」の開発にはやはりかなり資金がかかり、足袋の利益にまで手を出さないといけなくなってしまうほどまでになっていた。

「あと数ヶ月は様子を見るが、それでも改善が見られない場合は覚悟をしていただく必要がある。」

そう銀行から最後通告をされてしまいます。

資金繰りに悩んでいた宮沢。

そんなある日、大地(山﨑賢人)と茜(上白石萌音)の会話を聞いた宮沢は、あることを思いつく。それは、シルクレイを使用した地下足袋の開発だ。

これがヒットし、大人気商品へ成長していくことに。

これで資金も何とかなりそうだと思っていた矢先、シルクレイの製造に暗い影が・・・。

その頃、茂木のところに、アトランティスの佐山がやって来る。茂木に新しいRIIを履いてもらうべく、サポートを持ちかけられるが、ああいう形でサポートを打ち切られたアトランティスへの信用をなくしている茂木は断る。だが、佐山はあることを茂木に吹き込む。

相当資金繰りが厳しいんですね><富島さんも、ヒヤヒヤしていることと思います。

宮沢社長、銀行が最後通告してきて、ますます焦りますよね。資金繰りは本当に頭が痛くなるし、胃が痛くなる(>_<)

でも、大地と茜の会話から、シルクレイの地下足袋を思いつくとはさすが宮沢社長!

ヒット商品になって本当に嬉しいですよね(´ω`*)けど、シルクレイ、作れなくなってしまうのでしょうか・・・。

気になる!まさか、アトランティスが仕掛けたの?

すっごい展開が気になります!!

ここで注目ポイント!

いよいよ第5話から、茂木(竹内涼真)と大地が顔を合わせます!!

このドラマがきっかけで、とっても仲良しになった山﨑賢人さんと竹内涼真さん。

2人でテレビに出ていた時も、すごく仲いいんだろうなっていうのが観ていても感じとれるくらい(笑)

初めて会いましたっていう演技が何か楽しみ(*’ω’*)

めっちゃ仲良しの2人・山﨑賢人さんと竹内涼真さんの❝茂木・大地❞としての初対面シーンは注目ですね!!

茂木裕人/竹内涼真

今、マラソン選手としてどん底にいる茂木裕人。

アトランティスからサポートも打ち切られ、会社からも「社内業務でスキルアップを目指したらー」と言われてしまいました。

自信もなくしてしまう茂木。

だけど、どん底から這い上がって「陸王」を履いて優勝する茂木を見たい!!

今は辛いときですが、こはぜ屋とともに頑張って欲しいですね!!

そんな茂木を演じられている竹内涼真さん。

「こはぜ屋」4代目社長・宮沢紘一を好演されている役所広司さんについて

従業員と同じ目線になって頑張る宮沢社長と、役所さんってどこか重なるものがあるんですよね。宮沢社長のように役所さんも僕ら若い俳優さんにもすごくフラットに接してくださる方で、だから変に気を遣い過ぎずに思いっきりぶつかっていけるんです。

何よりあのまっすぐな目が本当に暖かくて、間近で見つめられたときには、『この人は絶対に自分を見捨てない』とリアルに心に響いたんですよ。

(ケガで茂木のスポンサードを見切った)アトランティス社と違って(笑)

だけど茂木としては、実績のないこはぜ屋のシューズを、100%信頼しきることはまだできない。そこは役所さんの目に負けないよう、茂木の迷いや焦りを込めなければと意識しました。

引用元:ザテレビジョン

と語られています。

宮沢社長を演じられている役所広司さんは、本当に宮沢社長そのものっていう感じで、観ていたら「陸王」の世界に入り込んだ感覚になってしまいます。

これから、こはぜ屋と一緒に這い上がる茂木を演じる竹内涼真さんの演技も見どころです!!

「陸王」5話の感想

ソールの次はアッパーの改良。次なる問題が発生します。生地のことで、宮沢と大地(山﨑賢人)がケンカしそうに!ケンカをみんなが止める中、飯山が、

村野さんよ。率直に聞くが、陸王はRIIに勝てると思うかい。」という問いに、村野は

私は、アトランティスにどんなすごい技術があるのか、イヤと言うほどよく分かってます。それでも、私はここにいる。」この一言で、みんなの表情が変わりました。

村野さんもうカッコイイ!!

村野の発言は、説得力があって、空気を変える力がありますよね。

銀行にもいろいろ言われて、富島(志賀廣太郎)も、本当に大変ですよね。資金繰りで、宮沢と口論に。問題は山積みです。

資金繰りに悩んでいた宮沢でしたが、大地(山﨑賢人)が、茜(上白石萌音)に勉強を教えている時に発した言葉、「逆転の発想だよ」で、「それだー!!」と宮沢が閃いたシルクレイを使用した新しい地下足袋「足軽大将」の製造!富島も賛成して作ることに!

すごい売れ行きで本当に良かった!!これで、銀行でも融資が受けられますね!!嬉しいー!!

そんな中、アトランティスの佐山が、茂木に❝RII❞を履いてとやって来て、嫌だなぁ。でも、茂木はきっぱりと断ってくれてホッとする!

でも、もともと心臓に持病があった冨久子(正司照枝)さんに負担がかかって倒れてしまいました。しかも、飯山(寺尾聰)が黒ずくめの金銭の取り立て屋の2人組がボコボコにされて・・・。飯山は、逃げることもできたのに、大地を守るために、その2人組に飛び込んでしまいました。

今、発注が多い「足軽大将」も、「陸王」もストップするかもしれない不安がよぎります。いい感じにことが進んでいたところで、これからっていうときでしたが、とっても痛いですね。

けど、大地が「俺がやる」とシルクレイを作ることに!大地カッコイイ!!

しかし、問題が重なっていきます。シルクレイの製造機も不具合だし、どうなるの?!こはぜ屋!!

しかも、アトランティスの佐山が、茂木をさらに追い込んできます!こはぜ屋が潰れるって書類持って・・・。くっそー!!

そんな時、飯山の奥さんの素子(キムラ緑子)が。飯山は「設計図は俺の魂なんだ。赤の他人に簡単に見せる訳にはいかねぇんだ」と言っていた設計図を、大地に渡してくれました。「後は頼む」と。しかも、自主退院をしてくる飯山。その執念には本当に頭が下がります。かなり体は大変なことになっているのに。

設計図をもとに、不具合の原因を突き止めた大地!!「よくやったな!!おまえ!!」と飯山も大地を褒めます。そして、

部品は所詮部品だ。本当に大事なのは、そんなもんじゃねぇ。人だよ。絶対に代わりがねぇのは、物じゃなくて人だ。なぁ、大地。お前っていう人間はこの世にたった一人しかいねぇんだぞ。代わりはいねぇんだ。だから、もっと自分にプライドを持て!ただの部品にはなるな。会社の大小や、肩書きなんて大した問題じゃねぇ。本当に大事なのは自分と自分の仕事にどれだけ胸が張れるかだ。

大地「そんな仕事、僕にも見つけられますかね。

飯山「もうとっくに見つけてんじゃねぇのか」そう言って倒れてしまいました。飯山の言葉も、本当に胸に突き刺さります!大地の胸にもかなり響いたのではないでしょうか。本当に大事なことを大地に教えてくれていますよね。

大地は、一生懸命の飯山や、茂木を、どんなに努力してもできない事があると、落ち込みます。それに対し宮沢は、「彼らのゴールを勝手につくるな。茂木選手も飯山さんも、まだ走ってる途中なんだ。走り続けている限り、まだ負けじゃない。全力で頑張ってる人間が、全ての勝負に負けるとは俺は思わない。いつか必ず勝つ!茂木選手も飯山さんも、大地!お前もだ!

そう言われた大地は嬉しそうに静かに泣きながら歩いていました。心に沁みましたよね。嬉しかったですよね。やっと、親子の気持ちが通じ合った瞬間のように感じました。

そして、シルクレイの製造機が直ったときの宮沢と大地の喜ぶ姿に笑みがこぼれてきます!!

でも、シルクレイの故障の直前に作った、シルクレイに亀裂が。

大量の足軽大将の納品の日、この日で融資してもらうかが決まる日。絶体絶命だと思っていたら、面接へ向かっていた大地が、帰ってきました!!

こんなんで行ったって、受かるわけねぇよ。俺がやるから。絶対間に合わせる。最後までやり遂げたいんだ。」大地・・・!!感動です!

富島が大橋に、今さっきの不良品の亀裂を、一度履いたら分からないほどの細かい傷だと言ったとき、富島が

いや、これが、100年守り続いてきた「こはぜ屋」の品質、プライドです。」カッコイイ!!

銀行も融資は2000万円してくれるが、6か月の短期資金という形になりました。6か月の期間をもっと増やすように言ってた宮沢と富島。大橋は「ダメなものはダメなんです!」と大きい声を出します。そして

私の力不足です。本当に申し訳ございませんでした。」と初めて宮沢に頭を下げ、それからアッパーの会社を紹介してくれました。

あんなに陸王の開発に反対だった銀行員の大橋(馬場徹)が、

あなたがたが作業をしているところを初めて見ました。「こはぜ屋」さんは、将来性のある会社だと、銀行員としてそう判断しました。それだけです。新しい陸王、完成したら、私、買います。

嬉しさがこみ上げた宮沢は「ありがとう!ありがとう!ありがとう大橋さん!

大橋さん、もう絶対に支店長と同じ人かと思っていました。分かってくれる人が増えて、すごく心強いですよね。

そして4代目になる「陸王」。村野(市川右團次)から「完璧です!」という言葉が!!

「陸王」本当にもう、感動!!この完成は本当に嬉しい!!熱くて、言葉の一つ一つに心打たれます!!泣ける・・・(T_T)!!

悲しいことに、茂木とともに頑張って来た平瀬(和田正人)が、【ニューイヤー駅伝】を最後に引退すると茂木に告げました。

これで、やっと吹っ切れる。お前のおかげだ!ありがとうな!茂木!お前は俺の分まで走れ!俺の夢をお前に預ける!!」と言った平瀬。泣ける・・・(;_;)平瀬の分も、茂木には絶対に頑張って欲しいです。でも、平瀬に【ニューイヤー駅伝】での最後の走り、頑張って欲しいです!!

アトランティスの佐山がこはぜ屋の会社が倒産のリスクを抱えているという証拠の書類を茂木に渡して、悩んでいた茂木。そして、新しいRIIを茂木に渡しました。

茂木が、アトラクションのRIIを履いている姿を見た宮沢は、ものすごく凹みますが、何とか大地と村野に励まされ「新・陸王」を渡します。

陸王を履いて走る茂木に笑顔が!「どうだ」と問う村野に茂木は「何なんですかこの靴は。何て言ったらいいか。こんなにも気持ちのいいシューズは初めてなんですよ。本当に最高のシューズだと思います・・・でも。すみません。俺はまだ・・・

あ、いいんです。村野さんに聞いてますから。ショックじゃないと言ったら嘘になるけど、ま、みんなと相談して決めたんです。茂木さんがどんな決断をしても、俺たちは茂木裕人を応援する。」そう言って、大地を紹介して、会社のみんなからのメッセージを渡します。それを読んだ茂木は思わず、

どうしてこんなことを。もし俺が陸王を履かなかったら、こはぜ屋さんにとっても死活問題なんじゃないんですか。

そりゃ、こはぜ屋としては陸王を履く茂木選手を支えたいし、それがビジネスになったら最高です。たとえそれが出来なかったとしても、私たちと茂木選手の絆が消えるわけじゃない。茂木選手がいたからこそここまで陸王を作り続けることが出来たんです。迷惑かもしれないけど、俺たちはもう勝手に茂木選手を仲間だと思ってるから。だから、本当に納得のできる答えを選んで欲しいんです。

これだけは、言わしてください。確かにこはぜ屋は小さな足袋屋かもしれません。でも、100年間技術を守り抜いてきた、諦めの悪い人たちばっかりなんです。だから、そう簡単には絶対潰れません。こはぜ屋を信じてください。お願いします。」と大地が頭を下げました!!いつの間にか、こんなにも成長した大地にも、本当に感動ですよね!!

めちゃめちゃいい親子ですよね!!

いよいよ始まった、【ニューイヤー駅伝】!!茂木が履いているのは❝RII?❞れとも❝陸王?❞ドキドキするし、面白くなってきました!!

バスから降りた茂木が履いていたのは❝RII❞・・・(;_;)ショック・・・と思ったら、❝陸王❞に履き替えたー!!

涙が溢れてきます!!宮沢も、大地も、明美さんも涙!!

思いは一緒に走ってる」と力強く応援する宮沢を見たら、すごく力をもらうような気持になりますね!!

頑張れ!!茂木!!頑張れ!!陸王!!

今回も、本当に感動!涙溢れる回でした!!

みなさんの反応

「陸王」5話の視聴率

第5話の視聴率は・・・なんと16.8%!!

2.3ポイントアップしました!!今までで最高の視聴率!!このまま頑張って欲しいです!!

「陸王」6話の予告

2017年11月26日(日)夜9時から放送の第6話は・・・

❝いよいよ本気でアトランティスがこはぜ屋を潰しにかかる?❞

アトランティスってやり方汚いから、どんなことするのかちょっと怖い・・・(; ・`д・´)

まとめ

ただでさえ資金繰りが厳しい中、「陸王」の開発にはまだまだ開発資金がかかります。

銀行にも「覚悟をしていただく必要がある」と最後通告をされてしまう。

悩む宮沢だったが、大地と茜の会話からヒントを得た宮沢は、シルクレイの技術を使用した新しい地下足袋を開発し、その名も「足軽大将」がヒット商品へと成長する。

光が見えたのもつかの間、冨久子は倒れ、飯山までも借金取りにボコボコにされ、シルクレイの製造機は故障。

陸王を履いて練習に励む茂木に、アトランティスの佐山が訪れる。

また新しいRIIを履いてもらえないか持ち掛けられるも、茂木は断る。しかし、そんな佐山から聞かされたこととは、「こはぜ屋」は倒産のリスクを抱えていて、いつ潰れるかも分からない会社だと吹き込まれる。

でも、いろんなことがありながらも、【ニューイヤー駅伝】で茂木が履いたのは❝陸王❞だった!!

そして、大地の大きな成長。

第5話、本当に感動の嵐でした!!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください