崖っぷちホテル5話・あらすじネタバレ感想!川栄李奈が新しい仲間になる?

ごろ寝
毎回、宇海のおかげで大切なことが分かり始めてきたクセが強いスタッフたち。

宇海の笑顔と雰囲気に、毎回癒されますね(*´ω`*)

崖っぷちホテルも早くも中盤になってしまいました。

徐々に、お客様を想う気持ちの大切さが分かり始めてきた一部のスタッフたち。

近くにビジネスホテルが建設される予定で、辞職すると言い出すスタッフたち・・・。

『グランデ・インヴルサ』は、昔以上の輝きをとり戻すことができるのでしょうか!

今回は、新しく仲間入りする川栄李奈さんにふれながら、進めていきたいと思います!

最後までお付き合い願えたら嬉しいです(*^▽^*)

それでは、第5話のあらすじを見て行ってみましょう!

☆彡「崖っぷちホテル」まとめ記事はこちら!よかったら見てくださいね♪

崖っぷちホテル!全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2018.03.09

 

スポンサードリンク

 

「崖っぷちホテル」5話のあらすじは?

まずは振り返りをどうぞ!

2018年5月13日(日)夜10時30分から放送の第5話は・・・!

※まだ楽しみにしておきたい!!という方は飛ばしてくださいね♪

身内も騙す宇海(岩田剛典)の作戦で大ピンチを乗り越えたグランデ・インヴルサ。清掃部には逆転劇に一役買った小山内裕子(川栄李奈)が加わる。そんな中、宇海が知人からホテルでの挙式を依頼されたことを機に、ブライダル事業へ参入することを発表!経営の改善に期待を寄せる佐那(戸田恵梨香)と丹沢(鈴木浩介)が賛成し、従業員たちも盛り上がる中、宇海に敵対心を持つ時貞(渡辺いっけい)は一人輪の中に入れず…。

しかし、挙式に指定されたのはなんと5日後!海外を飛び回っている依頼人とは直接打ち合わせする機会さえないという厳しい条件のもと、ウェディングプランナーをしてほしいという宇海からの無茶振りをいつもは非協力的な枝川(りょう)がなぜか引き受け…。

一方、裕子から宇海が古巣のバリストンホテルの人間と怪しい電話をしていると聞いた佐那は、インヴルサを見捨てる気かもという裕子の推測に、宇海を信じつつも不安を抱える。そんな中、寝る間を惜しんで式のプランを作った枝川に、宇海は当初はおまかせと言っていた依頼人からの後出しの無理難題発注を次々伝える。本番まで時間が無い中、担当部署から次々と断られ、全ての要望を叶えることはできないと根を上げた枝川に、宇海は「大人が夢を叶えるにはどうしたらいいか」と問いかける。プランナーを引き受けた枝川には佐那も知らない、ある思いがあるのだが…。
ホテル初のブライダルイベントに向け、大パニックのカウントダウンが始まる!注文の多い結婚式がここに開宴!そして、宇海がまたも巻き起こす衝撃の結末とは…!?

引用元:「崖っぷちホテル」公式ホームページhttps://www.ntv.co.jp/gakehote/

宇海は、この『グランデ・インヴルサ』が軌道に乗ったら、もとの『バリストンホテル』に帰ってしまうのでしょうか?

宇海の存在で、たくさんのことを学び、たくさんの感動をもらった『グランデ・インヴルサ』のスタッフたち。

敵意を抱いてるのはもはや時貞だけでは?(笑)

新たなスタッフも加わり、どんなことが起こるのか、とても楽しみですね♪

川栄李奈さんが新しく仲間入りする?

川栄李奈さんは、1995年2月12日神奈川県生まれの23歳。

これまでにたくさんのドラマや映画に出演されていますが、最近で言えば、2017年4月期のドラマ「フランケンシュタインの恋」や2017年7月期「僕たちがやりました」、2017年10月期「コウノドリ2」第3話の妊婦役と、それぞれ全然違う役柄を見事に演じられていました。

こうやって見てると、ずーっと出られてるんですね(*’▽’)!!

今回の役は、第3話の長吉の企画「ベッドメイク講座」に応募した❝小山内裕子❞という女性。

何度も何度も、真剣にベッドメイキングをして、長吉も困惑するほど。

そんな小山内裕子は、なんと!これから新しく仲間入りするとのこと!

予想だと、第4話の丹沢と大田原と尚美が辞める話で、新しく募集をしたときに来るんじゃないかなって思ってます!

違うかな(^^;?

これから、新レギュラーとして仲間入りする川栄李奈さんの演技が楽しみですね!

 

スポンサードリンク

 

「崖っぷちホテル」ネタバレあらすじ&感想

ネタバレあらすじ

※私の解釈であらすじを追っていきたいと思います!

宇海に❝バリストンホテル東京❞から電話がかかってくる。

時貞は、相変わらず梢のバーで愚痴を言っていた。

周りが、どんどん意識が変わり始めた中、時貞は一人取り残されていた。

そして、またミーティングに呼ばれ、「嫌な予感しかしない」と言いながら、自部室へ。

佐那から、清掃部に働くことになった小山内裕子が紹介され、宇海から、外国にいる知人が結婚式を挙げたいという依頼があり、『グランデ・インヴルサ』もブライダル事業を展開していきたいと提案が。

それぞれが、ブライダルにわくわくしていた。

しかし、知人は外国にいるため、日本に帰って来られるのは5日後のみ。

なので式は5日後に挙げたいと言っているそうで・・・。

時貞は急だと反対するが、ホテルが厳しいこともあり力を貸してほしいと頭を下げる佐那と宇海。丹沢も、他のスタッフたちも好意的だった。

宇海から、結婚式のプランナーに梢を指名。

驚く梢。

15年前、パリでショーの経験があると雑誌をみんなに見せた。

時貞は、梢がやるはずないと思っていたが、梢は

やります。

と引き受けた。

宇海と梢は、バーで打ち合わせをしていた。宇海が丹沢と予算の打ち合わせに席を立った後、時貞が現れた。

時貞は、梢が悪いことを考えてると思い込んでいて、梢と一緒に考えようとするが、梢に追い出されてしまう。

支配人室ではネームプレートを裕子に渡していた。

裕子は、ホテルの経営状況が悪いことを把握していて、佐那に、「魅力があるホテル」と伝えた。

佐那は、嬉しそうに「ありがとう。」と言った。

佐那は、「分からないことがあったらいつでも聞いてね」と言うと

裕子は、「では、桜井総支配人は宇海副支配人とお付き合いをされているんですか?

驚く佐那は、宇海を見掛け慌ててドアを閉める。

そんなことは全くない

と2人の関係を否定すると、裕子は、気になる言い方をし、佐那が問い詰めると、裕子から

告げ口の様で嫌なのですが・・・。

とバリストンホテルから電話がかかってきて、「すぐに行きます」と宇海が答えていたという。裕子は、つまみ食い感覚で来たのなら許せないと、佐那に自分なりに探りを入れてみると告げ、部屋を出た。

佐那はにわかに信じられず、不安な気持ちもあり・・・。宇海を信じたかった。

梢のブライダルの提案書を見ている宇海を、見つめる佐那。

宇海は、梢の提案書を褒め、さらに注文があったと報告。

その内容は、新郎新婦2人の身長を足した3m45㎝の特大ケーキを作ってほしいとのこと。

さらに色は、赤・黄色・二色が混ざり合っただいだい色の3色でお願いしたいと。

梢はさっそく江口たちにお願いしにいくも、ハルはノリノリだが、江口は無理だと突っぱねる。

梢は、じゃあ業者に頼むと冷たく言い放ち出て行った。

ハルは江口が断ったからケーキが作れなくなったと膨れる。

佐那は、支配人室で結婚式の段取りを考えていた時、給湯室にいる宇海の電話がなり気になる。

ドアに耳をあて、話を聞く佐那。

どうやら相手は結婚式を挙げる知人かららしく、ホッとする。

そこへ、裕子が入って来て、慌てる佐那。

清掃が終わったことと、長吉と尚美がバーの清掃に行ったことの報告だった。

そして裕子は、証拠を掴めていないと謝る。

すると、給湯室から出てきた宇海と梢がバッタリ会う様子を見る佐那と裕子。

宇海は、梢にさらに注文をつける。

今度は、ピアノの生演奏だった。

宇海は佐那に音響担当を、ピエールと大田原であることを確認し、伝えてもらうようお願いする。

バーでは、尚美が不機嫌そうに「じゃあ師匠。清掃始めましょうか」と言った。

裕子が挨拶したとき、師匠と呼ばれ喜んでいたことを根に持っていた。

長吉は、いい加減機嫌を直して欲しいと訴えていたところ、座り込んでいた時貞に驚く。

時貞は、お酒を飲み、酔っていた。

そこへ服部が急に現れ、さらに驚く長吉と尚美。

服部は、ブライダルの割り振りを報告しに来た。

長吉を尚美は2人で余興。

余興と言われ困惑する2人。

長吉は「夫婦漫才してもしゃあないしな

尚美は嬉しそうに「夫婦ってさあ・・・」笑ながらと言うと、

長吉は「そんな深い意味はないですよ」と笑顔で言うのを聞いて、

時貞はいきなりイチャイチャすんなあ~!!と怒り出し、さらに驚く長吉と尚美。

時貞は、自分は何の役目か聞くと、牧師さんが来なかったときの❝代役❞だった。

協力してもらえるか分からなし、佐那が梢に相談したところ、そこにおさまったらしい。

時貞は、「おさめるなよ~。」と服部に抱きつき、牧師ならピッタリのピエールがいると言い、よろよろしながら出て行った。

尚美は「なんかあの人・・・不憫ね」と言うと、納得する長吉。

その頃、梢はピエールと大田原にピアノの演奏者を探すよう伝えに行くが、時間がないと断られてしまい、イラつく梢。

ぬっと梢の目の前に現れた大田原は何か言いたそうだが・・・。

自分がやると去った。

梢がイライラと休憩していたところ、また宇海が注文をつけた。

次は、プロレス好きの新婦が、バージンロードを歩くとき、実況中継のようにしゃべって欲しいと言い出したようで・・・。

そのことを、司会担当の丹沢に伝えてもらうようお願いして去って行った。

梢は、丹沢にそのことを伝えると、苦手だと言われ、実況中継のアナウンサーも発注するから予算を増やすよう言い、立ち去った。

佐那が、ブライダルの確認をしていたところ、給湯室から宇海の電話がなり、恐る恐る見に行く佐那。

かかってきたところは、❝バリストンホテル東京❞からだった。

やっぱり私の言った通りでしたね

と裕子に話掛けられ、びっくりする佐那。

すると、いきなり「隠れてください!」と言い出す裕子。

慌てて、2人はベッドに隠れる。

そこへ宇海が来て、電話を折り返した。

そちらの言う通りに。よろしくお願いします

と電話を切り、深くため息をつく宇海。

そのまま立ち上がり、出て行った。

佐那はショックを隠し切れなかった。

梢は遅くまで残っていた。

佐那は何か出来ることがあるならと椅子に座った。

梢は佐那に「なんでこんな仕事を引き受けたか知らないでしょ。丹沢くんのときは上手くいったかもしれないけど、何にも知らないのにそっちの気持ちだけぶつけられても迷惑だから。」と言った。

佐那は「教えて欲しい」と言うが、梢は「教えない」と言い、「帰ってくれた方がよっぽどお手伝い」と梢に言われた佐那は帰って行った。

梢は、ため息をつき、給湯室に「いるんだったら、後でバーに来て」と話しかけた。

バーを訪れる宇海。

梢は、もう無理だからやめようと宇海に伝えた。

梢は、宇海が、ブライダルが前総支配人の夢だったことを知っていたことを分かっていた。佐那は知らなかったが。

宇海は「家族にはなかなか夢の話なんかしませんから」と。

そして、前支配人の記事を見つけたと梢に見せた。

梢は前支配人の桜井がブライダルについての夢を語っていた思い出を宇海に話した。

梢は、桜井の夢を叶えるため、自分が今回のブライダル企画を受けたのだった。

しかし、夢に終わったと、顔は笑っていたが、悲しんでいた。

宇海は「大人が夢を叶えるにはどうしたらいいんでしょうかね。子供の頃はシンプルじゃないですか。自分の力を信じて、前を向いて、笑顔でいることが、夢を叶える秘訣です。

で、大人が夢を見た場合どうしたらいいのか。

私の思う秘訣はこうです。他人を信じて、頭を下げ、笑顔でいること。

本当におしまいにしていいんですかね。

と梢に問いかけ、残りの時間でどうするか決めるよう伝え、出て行った。

ー次の日

梢はキッチンでケーキを作ろうとしていた。

ハルと江口が来て、驚く。

梢は、ケーキを完成させたいと言い、この間の失言を謝り、頭を下げお願いした。

江口とハルは、ハルの料理学校の同期に声をかけ集まってもらい、3m45㎝のケーキを作ろうとしていた。

梢は素直に「ありがとう」と言い、お願いした。

ピエールに謝ろうとした梢に、実は大田原がピアノで海外のコンクールでも入賞したほどの腕前を持っていることを報告するピエール。

大田原が腕前を披露した。

大田原はこの間それを伝えたかった。

梢は笑顔でお願いした。

そして、丹沢も実況中継の練習をしていた。その様子を見て梢は嬉しくなって笑った。

ウエディングドレスも届き、裕子と話する佐那。

裕子は、宇海を信用できないと伝えた。しかし佐那は宇海を信用していた。

そこへ宇海が現れ、佐那は直接宇海に自分の気持ちを伝えた。「バリストンに戻らないで欲しい」と。

電話で聞いたことも伝え、裕子も聞いたことを伝えた。しかし、それは勘違いで、ただ、宇海の私物に関しての電話だった。

裕子は謝り、佐那はものすごく恥ずかしかった。

そして、宇海に電話がかかってきて、ブライダルのリハーサルをすることになった。

ーブライダルの前日

新婦役を梢。新郎役は宇海が声を掛けていた。

特大ケーキもでき、リハーサルが始まった。

丹沢の実況中継も上手くいき、梢は一歩一歩階段を上っていった。そしてそこに現れたの・・・一瞬桜井に見えたがそれは小山内だった。

小山内は結婚式を挙げられなかったこともあり、「夢を叶えてくださってありがとうございます」そう言われた梢は涙が止まらなかった。

そして、祝福の拍手喝采。

しかし、その拍子に長吉が用意したボールに長吉があたり、ボールはケーキを倒してしまう。

明日が本番だというのに絶望的な思いをみんなが抱いたとき、扉が開き・・・。

宇海が現れ、ブライダルが中止になったと報告。

みんな驚き固まる。

ー後日

『グランデ・インヴルサ』のブライダルの広告ができた。

時貞は、一人ごねていた。

キッチンでは江口が「いいようにやられた気がするな。あいつに」と呟いていた。

バーを訪れた佐那。

梢は桜井との出会いの話を佐那にした。

梢は「これが最後の一杯」と言い、過去への想いに縛られるのをやめた。

梢は、佐那が嫌いで業務以外で話たくないと言っていたが、今はもう、普通に佐那とにこやかに話していた。

宇海がホテルの写真を撮っていた宇海に、裕子がある一通の手紙を渡す。

内容は、時貞を訴えると書かれており・・・。

感想

梢は、本当に前支配人の桜井が大好きだったんですね。

桜井の夢を、もう叶えることが出来ない桜井に代わって梢が叶えたかったんですね。

宇海の携帯に確かに着信音がありましたが、その知人というのは架空の人物だったような気がします。

宇海のおかげで梢も、思い出や、過去に縛られことをやめ、こう何かが落ちたようにスッキリした感じで前を向いているように見えましたね。

梢のウエディング姿、本当に奇麗でした。

やっぱり、長吉と尚美のやりとりは最高に面白いです(笑)

「崖っぷちホテル」5話の視聴率

第5話の視聴率は7.2%!

平均視聴率ランキング(5/14時点)
1位:特捜9・・・・・・・・・・・・・・14.8%
2位:未解決の女 警視庁文書捜査官・・・・13.0%
3位:警視庁・捜査一課長シーズン3・・・・12.9%
4位:ブラックペアン・・・・・・・ ・・・12.8%
5位:正義のセ・・・・・・・・・・・・・・9.9%
6位:コンフィデンスマンJP・・・・・・・・8.9%
7位:花のち晴れ~花男Next Seaaon~・・・・8.5%
8位:あなたには帰る家がある・・・・・・・・8.2%
8位:シグナル長期未解決事件捜査班・・・・・8.2%
10位:Miss デビル人事の悪魔・椿眞子・・・・8.1%
11位:崖っぷちホテル・・・・・・・・・・・・7.5%

「崖っぷちホテル」関連記事はこちら!

「崖っぷちホテル」全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

まとめ

今回は、新しく仲間入りする川栄李奈さんについてふれてみました!

クセの強いスタッフがまた1人増えるのはまた、楽しみですね!

今度は、❝注文の多い結婚式❞!

最後はどんな結末を迎えるのか、展開から目が離せません!!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください