トドメの接吻(ドメキス)最終回10話あらすじネタバレ感想!旺太郎と尊氏の最終決着は

いよいよ、「トドメの接吻」も最終話を迎えてしまいました・・・(T_T)

私の唯一の目の保養だった・・・。

毎週楽しみにしていたのに・・・さみしい~(≧◇≦)!!

クズ男だった旺太郎も、宰子と出会うことで、家族のために必死になって走るようになったり、ずっと言えなかったことを言えたり、全体的に明るくなった気がします。

そんな旺太郎と、春海のおかげでタイムリープの秘密に気が付いた尊氏との対決はどうなってしまうのでしょうか?

最終話のあらすじが分からないので、私の思う3つの注目ポイントをあげてみたいと思います!

あらすじが分かり次第追記していきたいと思いますので、待っていてくださいねm(__)m

☆「トドメの接吻」のまとめ記事はこちらです!良かったら見てくださいね☆

トドメの接吻(ドメキス)・あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2017.11.24
「トドメの接吻」を見逃してしまったら!

「トドメの接吻」もいよいよ最終回!もし、見逃してしまっても大丈夫です!記事にまとめていますので、良かったら見てみてください!

詳しくはこちら⇨トドメの接吻を見逃してしまったら?無料で動画を観る方法と前の話を観る方法!

 

スポンサードリンク

 

「トドメの接吻」10話(最終話)のあらすじ

2018年3月11日(日)夜10時30分から放送の第10話は・・・

留置所から脱走した尊氏(新田真剣佑)から旺太郎(山﨑賢人)を守るため、旺太郎と美尊(新木優子)の結婚式で刺されてしまった宰子(門脇麦)。何度もキスをする旺太郎の努力もむなしく、すでに宰子に息はなく…。ショックから立ち直れない旺太郎だが、宰子の願いを叶えるため、美尊を愛して幸せになると誓う。そして尊氏のさらなる不祥事に衝撃が走る並樹家では、副社長の椅子を狙う郡次(小市慢太郎)の助けで、旺太郎の入籍と入社の準備が着々と進んでいた。

そんな中、旺太郎を殺す機会を狙って結婚式にも紛れ込んでいた和馬(志尊淳)が旺太郎の部屋に姿を現わす。愛を否定し続けてきたクズ男・旺太郎が愛に苦しむ姿を見て満足する和馬の言葉に、旺太郎は初めて自分の宰子への気持ちを自覚し、深い悲しみに絶望して…。
そして、住人のいなくなった宰子の部屋で目覚めた旺太郎の前に現れたのはまたしても謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)。過去に遡る力で人が幸せになれるのかを観察していたと話す春海は、ついに謎に包まれていた自らの正体を明かす!!タイムリープ後も今ある世界はパラレルワールドとして続いていくという春海の話を聞いた旺太郎は、今までタイムリープで完璧な人生を上書きしてきたわけではなく、パラレルワールドで自分の犯した過ちは一生取り返せないと知り、衝撃を受ける。
入籍と入社を目前に控える中、今まで自分が狂わせてきた人の人生に思いを馳せる旺太郎は、ある決意のもと、美尊を自分の部屋に呼び出し、初めて素の姿を見せる…。一方、結婚式で必死に宰子にキスする旺太郎の姿を見た美尊は、自分が宰子とのキスで経験したことが夢ではなく、宰子に時を戻す力があることに勘付いていた…。旺太郎から真実を知らされた美尊のとった行動はとても意外なもので…。
果たして、最低のクズ男・旺太郎が知った本当の愛への決着のつけ方とは!?清々しい感動の最終回!!

引用元:「トドメの接吻」公式ホームページwww.ntv.co.jp/todomenokiss/

えー!!めちゃくちゃショック(;´д`)!!

何で宰子が死んじゃうんだ!!

もう宰子を生き返らせるのって、春海しかいないんじゃないの?

自分の真実の愛する人が分かったのに、その時にはもうこの世にいないなんて・・・。旺太郎は本当に絶望ですよね。

でも、美尊は宰子に力に勘付いてしまったようですが、旺太郎から話で真実を知った美尊の行動って何だろ。

3つの注目ポイント!

私の思う注目ポイントは3つ!

まず1つ目!

①【春海の正体】

私は春海が実は12年前に亡くなったと思われていた弟の光太だと思っていましたが・・・。何だかこの世の人ではなさそうな感じですね(・_・;)

 

春海は一体何者なのか。その正体が分かる時が楽しみです!

そしてそして3つ目!

②【宰子を生き返らせることができるのか?】

タイムリープの力は宰子にしかなく、もう宰子は生き返ることはないのでしょうか?

生き返らせれるとしたら、もう春海しか考えられないですが・・・。

もう、だめなのかな・・・。

③【旺太郎の決断は?】

一度は、美尊との結婚を決意し直した旺太郎でしたが、宰子への想いに気が付いた旺太郎は、春海からの話も聞き、かなり苦しんでいます。

美尊にも真実を話しするようですし、どうなるのでしょうか。

このまま美尊と結婚するのか、それとも・・・宰子への想いをとるのか。

どんな結末を迎えるのかドキドキしますが、みんなが真実の愛で、幸せになって欲しいですね・・・。

以上、私が思う3つの注目ポイントをまとめてみました!

最終回、どんな展開になるのか楽しみです!!

 

スポンサードリンク

 

「トドメの接吻」10話(最終話)のネタバレあらすじ&感想

ネタバレあらすじ

亡くなった宰子に、「幸せになる」と語りかけ、さようならした旺太郎。

家に帰った旺太郎は、家のドアが開いていることに異変を感じ、注意しながら部屋に入ると、和馬がいた。

和馬は、逮捕された時はすっかり騙されたという和馬は、本当は自分が美尊の前で旺太郎を殺そうとしたが、尊氏に先越されたと笑いながら話す。

そして、和馬が「結婚するのは、あの子を忘れたいから?」と聞くと旺太郎は、

ばかか、宰子は俺に幸せになれって言ってくれた。だから気兼ねなく結婚できる。それだけのことだ」と話す。

へ~!すごい愛だ。死んだあの子のために他の女と結婚する。あの子を愛してたんですね。」という和馬。旺太郎に、愛した人を失った苦しみを味わい続けるように言った。

そして、宰子の遺骨の傍のソファに座り、「ほんと言うと、今日はあんたの苦しむ顔を見に来たんです。・・・あなたも人を愛せたんですね。あなたをそんな風にさせたこの子が・・・」と宰子の遺骨を顔に寄せ、「羨ましくてたまらないよ。

結婚おめでとう。どうぞ、不幸せに」と持っていたナイフをソファに刺し、帰って行った。

旺太郎の家のドアの傍まで来ていた美尊は、旺太郎と和馬の会話を聞いていた。

旺太郎は、キッチンの方を見て、宰子のことを思い出し、悲しみと苦しみで泣き崩れてしまう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宰子の遺骨を持って、宰子の部屋へ行った旺太郎。

遺骨を抱きしめ、そのまま眠ってしまう。

朝が来て、目を覚ますとそこには春海が!

驚く旺太郎は、春海になぜここにいるか聞くと春海は、宰子の遺骨の前のロウソクに火をともし、「想いが届かないのも、辛いもんだよな。お前も、宰子ちゃんのこと、想ってたんだな。」と言った。そして、手を合わし、宰子に話しかける。

宰子ちゃん、エイトにたくさんのものをもらったって言ってたよね。人を好きになる気持ちをもらったってさ。辛くても、彼を想うだけで私は生きていけます。今すっごく幸せなんです。私。

そのことを聞いた旺太郎は、「そんな・・・」と悲しみに暮れる。

春海は、旺太郎にタイムリープのことを、クリスマスの時から知っていたと話した。そして、宰子とキスしたことも。

宰子とキスをして何も起こらなかったのか聞くと、春海は問題を出す。

磁石のN極とN極を近づけると、どうなるでしょうか?

旺太郎は、「反発してくっつかないに決まってるだろ」と答えたところで、春海にも宰子と同じタイムリープの力があることに気が付く。

春海は、高校の頃、一家心中で生死を彷徨ったことがあった。借金をした春海の父親が返せなくなり、家に火をつけ、父親も母親も姉も死んでしまい、春海だけ生き残った。

春海は、母親と姉を生き返らせたくて、女の子と何度もキスをしたが、火事が起きた後にしか戻ることが出来なかった。

宰子のことを知ったのは、居酒屋で男が「高校の時、不思議なキスをする女がいた」という話を聞いて、捜していたと。

そして、正体を明かした春海の目的は、❝タイムリープをして人は幸せになれるのか観察する❞ことだった。

それで、幸せになれたか?」と笑顔で聞く春海。

人の命をもてあそんでんじゃねぇよ!!」とベッドに押し倒して怒る旺太郎にもう一度同じ質問をする春海。

旺太郎は、「もう一度宰子に会えるなら!」と春海にキスしようとしたら、春海が「あぁぁー!!イヤーぁー!!」と叫び、それにびっくりした旺太郎を「どっこいしょ」と跳ね除け、起きた。

戻ってどうすんだよ。

決まってんだろ!宰子を助けるんだよ!

お前のことだから、また宰子ちゃんのこと利用するだろうなぁ。人間そう変わりゃぁしねぇよ。

何も言えない旺太郎。

あと、断っておくけど、俺とキスしたら、3ヶ月前に戻るぞ。だからぁ、お前が宰子ちゃんと出会った直後か、もしくは、出会う前に戻っちまうんだよ。そう、宰子ちゃんと築いた時間が、全部、白紙になるんだよ。自分のことをほとんど知らない宰子ちゃんと再会したところで、向こうは感動の欠片もない。宰子ちゃんとの3か月間は、お前にとって簡単に捨てられるものだったのか?!!

そして、あと一つ、❝パラレルワールド❞を知っているかと問う春海。それは、❝タイムリープしたあとも、この世界は続く❞というものだった。

この世界では尊氏は殺人犯、美尊は旺太郎を失ったまま人生は続いていく。

春海は旺太郎の胸倉を掴み上げ、

タイムリープって、完璧な人生をやり直せると思うだろう。でも実はぁ、・・やり直せないんだよ。自分がした過ちは、一生取り返せない。宰子ちゃんを死なしたお前の記憶は、残ったままだ。戻ったら最後、後悔の無限ループだよ。どうする、それでも戻るか?」という問いかけに答えを出せずにいた。

考えていた旺太郎に美尊から着信が。郡次が、明日、旺太郎と美尊の入籍と旺太郎の入社式をしたいという事と、その前に会って話がしたいという美尊に、今から会いたいと旺太郎は言った。

そして、旺太郎の家に来た美尊は、いつもの眼鏡にラフな姿の本当の旺太郎の姿を見て少しびっくりする。

そして、旺太郎は過去のことはもうよくて、美尊に話があると言った。

何かを悟った美尊は、旺太郎に婚姻届けを出した。そして

宰子さんて時間を戻せたんじゃない。」と聞いてきた。旺太郎は認め、宰子との全てを話した。

そして、自分の欲のために尊氏、長谷部、布袋、みんなの人生を狂わせたと。「今は謝ることしかできない」と美尊に頭を下げた。

美尊は「どうして私に謝るの?私は人生狂わされてないよ。私は自分の意思であなたと・・・

宰子を愛してる。あいつのいない人生が、辛くてたまらないんだ。

でも、だからって、宰子さんはもういないじゃない。彼女がいなきゃ、過去には戻れないでしょ?・・・まさか、戻れるの?

今度は3ヶ月前に戻る。多分、きみと出会ってすぐの頃だと思う。

宰子さんとは?

お互いの名前すら知らない。

だったら!

たとえ僕の知らない宰子でも、今度こそ幸せになってもらいたいんだ。

私は?・・・またあなたを好きにさせてくれるの?答えてよ!

今のきみも、過去のきみも、僕は幸せにはできない。僕が本当に幸せにしたいのは、宰子なんだ。

婚姻届けを落とし、「クズ!」と旺太郎の頬を叩く美尊。旺太郎の中に、自分ではない誰かがいることに気が付いていたと話した。

戻るならこれだけは約束して。今度は自分の欲のためじゃなく、周りの人たちを幸せにして。

分かった。ありがとう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美尊は役員たちを集め、緊急会議を開いた。そこで、尊氏が帰ってくるのを待ちながら、自分が並樹グループを継ぐと宣言。

旺太郎は、今までの宰子のことを思い出しながら、春海の元へと走った。

そして、春海に「一回でいい。キスさせてくれ!」とお願いした。

思いっきり息を吸い込み、思いっきり旺太郎に❝ぶちゅっ❞としたが、旺太郎に拒否反応が・・・。

来ると思って歯磨いたのにぃ~」という春海。

そして、意を決して「くそー!時間が戻るなら、何だってしてやる!!」と、くちびるを突き出す春海に思い切って息を吸い込みキスした旺太郎。

旺太郎は死に、春海は「さすがナンバーワン。悪くないね」と言い、死んでしまう。

ーそして、時は遡り、2017年12月31日に戻ったー

美尊は、カウントダウンパーティーで枝野とお見合いさせられそうな時だった。

旺太郎は、枝野と行こうとする美尊を止めた。するとそこへ尊氏がやって来て、尊氏と美尊に話をした。

美尊には「自分の意思で歩いていけること

尊氏には「養子や、過去のことは全部取っ払って、彼女に素直な気持ちを伝えること。伝えなきゃ何も伝わらないこと。

布袋には「尊氏もいつも正しいわけじゃない。間違ってたらはっきり言ってやること

長谷部には「お人好しすぎるから、社会に出てもまれること

そして、郡次からはテープを取り上げ、その場で壊した。

パーティーをめちゃくちゃにしに来たのかと怒る美尊に旺太郎は、「未来のきみと約束したんだよ。今度こそ幸せになって。祈ってる」と告げ、その場を去って行った。

尊氏は、旺太郎に言われた通り、12年前の沈没事故の事、自分の気持ちを美尊に伝えた。そして、美尊も自分の気持ちを伝え、尊氏と美尊はお互いの愛を確かめ合い、ハッピーエンドに。

宰子の元へと走る旺太郎は、車から子供を守った宰子と出会う。

そして、振り向く宰子。

まだ、生きてたんだ。

お前の方こそ、生きてた。

え?

お前のことはよく知ってるよ。キスで時間を戻して、俺を助けてくれてたんだろ?」と近づこうとすると、逃げる宰子。

悲しそうな表情の旺太郎。気持ちを固め、宰子に言った。

こう言っちゃ悪いけど、お前男見る目無さすぎんだよ。気をつけろよ。クズみたいな男が、その力に気付いたら、きっとお前を利用すると思う。キスしてくれたら、願いを一つ叶えてやるなんて、聞こえのいいこと言ってくるかもしれない。でも、そんな契約には乗っちゃダメだ。クズは、お前の願いなんか何一つ叶えてくれないからな。・・・あと、好きな男が出来たら、遠慮なんかすんな。ガンガン行け。間違っても、そいつのために道具になるなんて言うんじゃないぞ。お前ならいつか、そのキスを受け入れてくれる人に出会えると思う。罰が当たっただなんて、今は思ってるかもしれないけど、そんなことないからな。キスは、ほんとの愛を見つけるためにするもんなんだよ。自分の気持ちを押し殺して、辛くてもいいなんて遠慮すんな。お前はもっともっと幸せになれんだよ。だから、クズには騙されるな。もう一回言うぞ。俺みたいなクズだけは好きになるな。今度店に行っても、俺はもういない。二度とお前には会わない。これでほんとにさよならだ。宰子・・・

どうして私の名前・・・」ボロボロ泣く宰子。

そして、「あなた狙われてる!か、か、か、

知ってるよ。和馬だろ?・・・ありがとう。今までありがとう」そう言って、その場から去った。

ナルキッソスでは、店長、奈緒たちお客さんが死んだ旺太郎を囲んでいた。

そこへ来た和馬。

奈緒たちは、和馬が犯人なのではと責め、旺太郎が「自分が死んで、初めてあいつは大事な人を失う辛さを知るだろ」って言っていたと。和馬は、「ごめんなさい」と泣きながら謝った。そして、その場から逃げて行った。

和馬を追いかけて行った店長が戻り、旺太郎がみんなに頼んで死んだふりをしていた。そして、❝エイトは死んだ❞として、ナルキッソス最後の夜を過ごした。

店からの帰り、興信所の根津と会い、家族の事も自分で何とかすると言った。

そして、宰子の勤務するデリバリーに長谷部がバイトとして働くことに。その様子を見て旺太郎はその場をあとにした。

全てを知っている春海のところへ行った旺太郎はは春海に「ありがとな。いろいろと」とお礼を言った。

何でキスなのかという話になり、旺太郎は「会いたい気持ちがキスになっちゃったとか?」と言った。春海は「でも、本当に会いたい人には会えないんだよ」と。

そして、旺太郎と春海は仲良く一緒にご飯を食べに行き、旺太郎は、歌舞伎町を去った。

ー終わりー

感想

めちゃめちゃいい終わり方でしたね(#T_T#)

旺太郎は、権力やお金じゃなく、愛を選択したんですね。

本当にすっかりいい人になりました。

切ないですが、旺太郎が、本当の愛に気が付いて、尊氏や布袋たちの人生を狂わせたことへの反省をし、美尊との約束通り、みんなの幸せのために行動した旺太郎は、今までで一番カッコよかった!!

尊氏も、罪を犯すことなく、美尊と結ばれることが出来たし、布袋も罪を犯さずに済みました。

やっぱり長谷部は本当に素直!!旺太郎の言ったことをちゃんと聞いてバイトしてたから、ああいうところ本当に好きですね!

しかも、宰子と同じところっていうのもいいですね(*‘∀‘)

初めは不気味で怖かったですが、全てを知って改めて見ると、宰子はやっぱりいい子でほんとにかわいい(≧▽≦)!!

春海もてっきり弟の光太かと思ったら、全然違って、生死を彷徨い、宰子と同じ力をてにしてしまったんですね。

春海が言ってくれた言葉は、旺太郎にとってかなり決心させてくれた大事な言葉になったと思います。

春海と旺太郎のキスシーンが面白かった(笑)

あと、最後の春海の「本当に会いたい人には会えない」という言葉は、心に来ました。

仲良く、2人でご飯食べに行って、本当にいい終わり方で、本当に面白かったです!!

「トドメの接吻」10話(最終話)の視聴率

最終回の視聴率は・・・7.5%

0.4ポイントアップでした!

まとめ

いよいよ最終回を迎える「トドメの接吻」。

春海の正体は?

宰子は生き返る?

真実を知った美尊の行動とは?

旺太郎はどう選択するのか?

一視聴者として、納得がいく、幸せな結末を迎えて欲しいです!!

どんな結末が旺太郎や尊氏、宰子に待っているのか、最終回から目が離せません!!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です