アンナチュラル9話あらすじネタバレ感想!ついに現れた❝赤い金魚❞の痕

ついに「アンナチュラル」も最終回目前になってしまいました・・・。

いよいよ、中堂の元恋人である糀谷夕希子の事件が明らかになってきそうです!

最終回まで、9話も合わせてあと、2話!

この間に解決することが出来るのでしょうか!

ごろ寝
それでは、第9話はどうなっていくのでしょうか?

さっそくあらすじを見て行ってみましょう!※ネタバレになります!

☆「アンナチュラル」のまとめ記事はこちらです!良かったら見てくださいね☆

アンナチュラル・あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2017.12.28
「アンナチュラル」を見逃してしまったら!

第9話を見逃してしまっても大丈夫!Tverでは、2018年3月9日(金)放送終了後~2018年3月16日(金)21:59まで無料で視聴することができます!

詳しくはこちら⇨Tver

 

スポンサードリンク

 

「アンナチュラル」9話のあらすじ

2018年3月9日(金)夜10時から放送の第9話は・・・

空き家に置かれたスーツケースの中から若い女性の遺体が発見された。
ミコト(石原さとみ)が遺体を確認すると、中堂(井浦新)の死んだ恋人・夕希子(橋本真実)と同じ“赤い金魚”の印が口内から見つかったーー!
“赤い金魚”が口の中に残されていたご遺体は、夕希子を含め過去に3体。
UDIは“赤い金魚”のあるご遺体は、同じ犯人によって殺された可能性が高いと毛利刑事(大倉孝二)に訴えるが、正式な証拠がないと訴えを却下される。
それでもミコトたちは犯人に繋がるヒントを見つけるため、スーツケースの中から見つかった女性を解剖し死因究明を進める。
ミコトは胃の内容物が、強烈な腐敗臭を放っていることに違和感を覚える。果たして女性の死因とは何なのか…?

その一方で、神倉(松重豊)は過去に週刊ジャーナルに掲載されたUDI関連の記事を見て、ある疑念を抱く…。
さらに警察庁を訪れた神倉は、驚くべき記事を目にすることに…!

そしてミコトと中堂は、とある証拠を発見し事件は急展開を迎える!
中堂の恋人を殺した犯人はいったい誰なのか!?

引用元:「アンナチュラル」公式ホームページwww.tbs.co.jp/unnatural2018

ついに、口の中に❝赤い金魚❞の痕が残された遺体に出会ってしまったんですね・・・。

警察が動こうとしない中、ミコトや中堂は、真相にたどり着けることができるのでしょうか?

中堂の気持ちも、どんどん行ってはいけない方向に進んでいきそうで不安ですね(>_<)💦

夕希子の事件を追っている宍戸が、この真相のカギを握ってそう(;´・ω・)

どうなるんだろう・・・。

私的見どころはココ!

私が思う見どころは、やっぱり、口内に❝赤い金魚❞の遺体を解剖し、UDIラボのメンバーが一丸となって、真実を突き止めようとするところ。

そして、何とか、ミコトに中堂を止めて欲しいです!!

中堂の元恋人・糀谷夕希子/橋本真美

(左側の写真の右側)

中堂の恋人で遺体となって、中堂のいた病院へ運ばれて来た、夕希子。

口の中に❝赤い金魚❞のような痕が残されていて、中堂は、連続殺人だと睨み、犯人を突き止めようとして、UDIラボで働き始めました。

そんな元恋人・糀谷夕希子役を演じている橋本真美さんは、1984年1月30日東京都生まれの34歳。

これまでに、テレビドラマでは、「JIN‐仁‐」「新参者」、NHK連続テレビ小説「おひさま」「探偵の探偵」などに出演されています。映画では『リング0 バースデイ』『着信アリ Final』などに出演されています。

中堂との楽しかった過去とかで、生きていた頃の夕希子さんも見ることができるでしょうか。

そんな期待もしつつ、第9話、最終回の10話を観てみたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

「アンナチュラル」9話ネタバレあらすじ&感想

ネタバレあらすじ

❝赤い金魚❞の遺体が運ばれて来て、中堂は自分が執刀すると言うが、ミコトは中堂が執刀した場合、憎しみで事実を捻じ曲げたと思われたら不利だから自分が執刀すると言った。

神倉も「また同じ失敗を繰り返すんですか」と中堂の気持ちを落ち着かせた。

ミコト「8年かけて、ようやく見つけた手がかりを、無駄にしないでください。犯人を、今度こそ見つけましょ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解剖が始まり、そして、刑事の毛利と向島から遺体の身元についての説明を聞く。

過去、3件の口の中に❝赤い金魚❞の模様がある遺体は、それぞれ死因がちがっていた。

糀谷夕希子はニコチンを注入され中毒死。他2件は、自殺と熱中症による死亡とされ、連続性の殺人には該当しなというのが、警察の考えだった。

ミコトは、自殺も、熱中症も人為的にできる。口の中に同じ❝赤い金魚❞の痕があり、動物用のおもちゃのボールが入れられていたと訴えるも、死亡していた場所も違うことから、関連付けできないと否定された。そして、単独の殺人として捜査すると毛利は言った。

毛利たちが帰ったあと、神倉は自分が警察に掛け合ってみると話、急いでタチバナセリナの死因究明をするよう伝えた。

その頃、中堂は木林に引き続き❝赤い金魚❞の遺体があるか調べるよう依頼していた。

別の日、UDIラボで、疲れた様子の中堂を見つめるミコト。薬毒物検査の結果が出るも、夕希子と同じニコチンの成分は出ず。胃の内容物の検査も3日はかかると聞き、中堂はいつもと違う様子で、東海林に「・・・よろしく頼む」と言い、部屋を出ていく。

ランチをしていたミコトと東海林と六郎。

いつもと違う中堂で、調子が狂うという東海林。中堂の事情を知り、どんな態度で接したらいいのか分からないと言う東海林に、ミコトは「いつも通りでいいよ」と答えた。そして、中堂が犯人を見つけたら殺すつもりであることも話し、その時は、いくら中堂の望みであったとしても、殴ってでも止めると言うミコト。

そして、また事件は起こってしまうー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

警察庁へ行き、掛け合っていた神倉は、そこで週刊ジャーナルから出される❝UDIラボ 不正献金疑惑❞という記事を見せられる。

今回の記事も、次回出される黒い繋がりの記事も握り潰した聞き、火種は早く始末するよう言われる。

一方、六郎はUDIラボに来た末次に呼ばれ、会う。

喫茶店に行った2人。今回の記事は権力に負けたと嘆いていた末次は、宍戸からの封筒を六郎に渡した。

8年前の糀谷夕希子の事件に関連するものだった。

そこには、ピンクのカバのイラストが・・・。

その頃、UDIラボに戻った神倉は、ミコトと中堂に、今回、連続殺人での捜査をしてもらえず、力不足でと謝り、そして、もう1つ。先ほど見せられた週刊ジャーナルの過去の記事で、妙に内内でしか分からないことまで書かれたものがあったと、いくつか見せる。

神倉は、情報が洩れて、警察庁の信頼を損なえば、補助金はおろか、刑事事件の調査に関わることが出来なくなるから、気付いたことがあれば教えて欲しいと告げた。そして、このことは内密にするよう言われる。

その時、六郎がタチバナセリナの細菌検査が出たと報告しにやって来た。

毛利たちを呼び、みんなが集まり説明を聞く。

❝ボツリヌス菌❞による中毒死と判明。しかし、捜査状況はまだ分からずだった。

居ても立っても居られない中堂は席を立ち、部屋を出た。

そして、10年前の夕希子との出会いから、楽しかったこと、そして、別れの時を思い出していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜中、遺体発見場所に行った中堂。その時、足音が聞こえ、取り押さえるとそれはミコトだった。

2人は犯人の手がかりを見つけに来た。懐中電灯をつけるミコトにバレるからつけるなという中堂。しかし、ミコトはちゃんと警察の許可をとっていた。

一方六郎は、宍戸のよく行くバーへ来ていた。そこで、宍戸のことを聞く。

宍戸は火事のあった雑居ビルの安いアパートに住んでいて、そのバーの女の子のお客さんで、一度宍戸のアパートに行ったことがある子が、あまりにも殺風景な部屋できみが悪くなりすぐ帰ったという話を聞いた。

六郎は、その女の子に連絡取れるか聞くも、その女の子は忽然と消えたことを教えてもらった。

その頃、ミコトたちは、2つの事件を考えていた。糀谷夕希子は網上げの靴も鞄も今未だに見つかっていない。しかし、タチバナセリナの遺体は靴を履いたまま。

ミコトは殺害場所の違いではないかと中堂に言った。

タチバナセリナは室外で殺されたから靴を履いていて、夕希子は室内で殺されたから靴を履いていなかった。

しかも、網網の靴は脱がしたり履かせたりするのは面倒。夕希子が自分で靴を脱いで室内に入ったと考えられるとし、そういう間柄だったとみられた。

ミコトは「犯人を見つけても、絶対に一人では行かないでくださいね。私たちは法医学者です。法で落とし前をつける。」と伝えた。

中堂は「理屈はそうだ。犯人を見つけ出して殺しても何も変わらない。死んだ者は生き返らない。きれいな花になることもない。理屈ではな。」と答えた。

そこで、アリが5匹死んでいるのを見つける。

次の日、UDIラボに出勤したミコトは、東海林に見つけたアリを調べてくれるよう依頼。

六郎は、宍戸に会っていた。そして、3日前から姿を消したオオサキメグミという女性を知らないか訪ねた。

六郎は、共通点は若い女の子ということだけ。どうして同じ犯人だと思ったのか宍戸に聞くと、宍戸は

強いて言うなら、どの女の子も転機を迎えてた。未来ある女性を選んで殺したのかもしれない。

そんなことが出来るのか六郎が聞くと、宍戸は

出来たんだろうな。この犯人は、極めて慎重で優秀な人間だ。このまま捕まらないかもしれない」と答えた。

六郎は、宍戸が犯人ではないかと疑っていた。しかし、犯行の日、アリバイがあるという宍戸に、❝ボツリヌス菌❞のことを話すと、笑い始めた。そして、

UDIラボもたいしたことねぇーなぁ。Bはもうやった。」と、ABCDE~♪と歌い出し、「早くしないと間に合わない」と中堂に伝えるように六郎に言った。

六郎は、次は❝F❞であることを確信する。

UDIラボにに帰った六郎は、東海林が調べたアリの死因が❝義酸❞だったことから❝F❞から始まる死因をミコトたちに話す。しかし、いまいち当てはまらず。

中堂は、もう一度現場に。ミコトはアリについて調べていた。

そして、分かったことは、死んでいたアリは義酸を出さないアリだった。中堂とミコトが化学式を書いていくことによって、導き出された答えは❝ホルマリン❞だった。

もう一度、遺体を運び、ホルマリンが出るか解剖を始めた。しかも、冷蔵していても少しづつ腐っていくのに、タチバナセリナの遺体は7日もたつのにきれいなままだった。

そして、ホルマリンを検出。

空気に触れて酸化すると義酸になることで、アリが死んだと判明。

そして、殺されたのは火事が起こる前かもしれないことも分かってきた。それを毛利たちにも報告。

六郎は、宍戸から渡された資料をみていた時、東海林がやって来て、その資料をみられてしまう。

そして、ピンクのカバの絵を見つけて「かわいい~!ピンクのカバ」という言葉に反応した中堂は六郎に掴みかかり言った。

誰にもらった!この絵を誰にもらった?!夕希子はこの絵を持ったまま消えた。持ってるのは犯人だけだ!!

そして、宍戸の携帯に六郎から着信が。出るとそれは、中堂だった。

どうして夕希子の絵を持ってる?

これはこれは中堂先生。半信半疑でしたけど、その分だと本物ですね。ある人にもらったんですけどね。

そいつは誰だ!

六郎くんに聞いてください。会った事がありますから。」と答えた。

警察に行っている神倉とミコトは、ある情報を聞く。それは、潔癖なアリバイがあった人物を容疑者から外していたことを。

その人物は、火事の生存者、高瀬だった。

中堂は走って高瀬の元へと走って行った。電話を受けたミコトは、毛利たちに「中堂さんを止めてください!!」と言った。

その高瀬のところに宍戸が来て・・・。なぜだか、揃った記念に写真を撮っていた。

走りながら、夕希子が次の話のピンクのカバの話をしていたことを思い出しながらはしっていた。

高瀬は、女性たちの遺品を燃やしていた。

中堂、六郎、毛利たちは高瀬の家え行き、捜すが高瀬はいない。

神倉とミコトが警察署から出たところに高瀬が・・・。

高瀬です。殺されそうなんで保護してください」と自首してきた。

ー次回、最終回へ続くー

感想

中堂の、夕希子との出会い、付き合うまでの時間、付き合ってからの楽しい日々、逆プロポーズを受けて、幸せだった時、そして、自分が夕希子の遺体を執刀し、別れの時の回想シーンが本当に、切なくて、胸が痛かった(/_;)

しかし、タチバナセリナの死因を究明していくところは、やっぱりすごかったです!普通なら気にならないような小さなことでも、きちんと調べることで、真実へと繋がっていくところは面白い。

でも、明らかに、夕希子の靴と鞄があったから、高瀬が犯人ですよね。燃やしてたからもう証拠がなくなってしまったのかな・・・。

でも、高瀬と宍戸は一体どういう関係なのでしょうか・・・。

2人は共犯者?

宍戸、めちゃくちゃ怪しい(;´д`)

教えてくれてるのか、何なのか。

怒りや憎しみがいっぱいの中堂を止めることができるのか。

もう、最終回が気になります!!

「アンナチュラル」9話の視聴率

分かり次第追記していきます。

まとめ

ついに口の中に❝赤い金魚❞の痕がある遺体と出会えた中堂。

ミコトたちUDIラボのメンバーは、同一犯の連続殺人の可能性を疑うが、警察は取り合わない。

そんな中、唯一、この夕希子の事件を追っている宍戸が何かを握っていそうですが・・・。

9話と10話でこの事件は解決するのでしょうか?

そして、ミコトと六郎、中堂の関係はどうなっていくのか。六郎が週刊ジャーナルから送り込まれたことがバレるのか。

この2話から目が離せません!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください