石原さとみ主演ドラマ・高嶺の花1話!ネタバレあらすじ感想!ももとぷーさんが出会う

いよいよ待ち望んでいた石原さとみさん主演ドラマ「高嶺の花」が始まります(*’ω’*)!!

脚本も野島伸司さんが手掛けられているので、また期待が膨らみますね(*^▽^*)♪

 

ごろ寝
セリフの一つ一つが胸に響きそう~✨

 

石原さとみさんの相手役が、銀杏BOYZでボーカルとギターを担当している峯田和伸さん!

個人的に初めて峯田和伸さんの演技を見るので、今からとても楽しみです!

それでは、第1話のあらすじを見ていってみましょう\(^o^)/

最後までお付き合い願えたら嬉しいです♪

「高嶺の花」のまとめ記事はこちら!1話~最終回までのあらすじや視聴率などを更新しております!

石原さとみ主演!高嶺の花・全話ネタバレあらすじまとめ!いつから?キャストは?最終回の結末とは?

2018.07.01

 

 

 

「高嶺の花」第1話のあらすじは?

もし見逃してしまったら?

しまったぁ~(*TДT)見逃してしまった~💦

という方は、大丈夫です♪

2018年7月11日(水)放送終了後~2018年7月18日(水)21:59まで無料で観ることができます!

詳しくはこちらから⇩

第1話・予告動画とあらすじ

2018年7月11日(水)夜10時から初回10分拡大で放送される第1話は!

もも(石原さとみ)は、華道の名門「月島流」本家に生まれた令嬢。美しく、華道家としての才能も豊かなももには、何一つ足りないものなどなかった。ところが、婚約者の吉池(三浦貴大)に裏切られて式当日に結婚が破談、ももは深く傷つき、自信も才能も揺らいだまま立ち直れないでいた。

ある日、ももは転んで乗っていた自転車を大破、迷い込んだ小さな商店街の自転車店で、店主の直人(峯田和伸)に修理を頼む。直人は、高飛車で奔放なももの態度にいら立ちもせず、にこやかに自転車を預かった。

そんな中、直人は、長く介護してきた母・節子(十朱幸代)を亡くす。心配した商店街の人々は、直人に見合いを勧めた。直人は生まれてこのかた、恋人ができたことがないのだ。ももが再び直人の店を訪れたとき、ちょうど直人は見合いをしていた。そこでももは、直人が❝ぷーさん❞と呼ばれ、不思議な魅力で商店街の皆から愛されていることを知る。

直人と出会い、自分が生きてきた世界とはまったく違う下町の人々に触れて、最初は戸惑いを覚えるももだったが・・・。

引用元:「高嶺の花」公式ホームページhttps://www.ntv.co.jp/takanenohana/

 

ごろ寝
自転車が大破するほど転ぶって(;゚Д゚)!!

峯田和伸さん演じる直人は、あったかくて、穏やかな人なんですね(´ω`*)
ぷーさん❞てあだ名が合ってる!

石原さとみさんと峯田和伸さんのやりとりが楽しみですね!

私が思う見どころはここ!

第1話の見どころは、【ももが直人と出会い、今まで生きてきた世界とは違う下町の人々と触れ合って、ももの中で何かが変わっていくところ】

今までは、華道の世界でしか生きてこなかったももが、自転車が壊れたことで知り合った直人を始め、下町の人々と出会って、最初は戸惑ったようですが、今まで、味わったことない人の温かさに触れたんじゃないかなって思います。

高飛車で奔放なももも、何か変わっていきそうな気がします!

そんな心の変化も注目したいですね!

「高嶺の花」第1話・感想

あらすじ

急いで自転車を漕いでいたもも。

その先には、かつての婚約者・吉池がいた。そしてそこには妊娠している吉池の妻・真由美もいて・・・。

ももは、吉池に手を振っていたところ、警察に連れて行かれてしまう。

釈放されたももは、迎えの車で、妹や義理の母に接近禁止命令が出されていると責められ、自転車を置いてきたことを理由に車を降り、自転車で帰って行った。

その途中、結婚式当日に吉池から浮気相手が妊娠して、結婚破談になってしまったことを思い出していた。

すると、前から来た自転車とぶつかりそうになり、避けたももはバランスを崩して、川に落ちてしまう。

ある下町にある自転車があった。

そこへ、泥まみれで、ボロボロになった自転車を押してきたもも。直すよう依頼した。

そこの店主・直人は❝ぷーさん❞というあだ名下町の人々から愛されていた。

ぷーさんは、横柄な態度のももに、優しく接してくれた。

自分の服を貸し、足を洗うように準備してくれ、タオルを用意してくれた。

ぷーさんは、長い間病気だった母親・節子を介護し続けていた。

ある朝、ぷーさんが朝食を持って行くと、節子は動かなかった。

今、華道界では変化が起こっており、若くして勢いを伸ばしている宇都宮流水会の存在が、小さなところを廃業に追い込むほどになっていた。月島流もまた、例外ではなかった。

父親・市松はももを呼び、酷く傷ついたももに、誰でもいいから恋に落ちることを勧めた。リハビリとし、元に戻ったらその時は、捨てるよう言った。

一方、ぷーさんは、母親・節子の告別式をしていた。そこへ、近所のおばさんがお見合いの話を持ってきて・・・。

その後、ももは、ぷーさんのところを訪れ、借りた服を返しにきていた。ちょうどその時、ぷーさんはお見合いをしていた。

その後、佳代子のスナックで、ももとぷーさんと幸平と太郎と話をしていたところ、ぷーさんたちの恩師が訪れ、ぷーさんに少し問題のある中学生を任させた・・・。

その頃、宇都宮龍一は、市松に連絡を取り、ルリ子同席で会っていた。そこで龍一は、名跡が欲しい、いわゆる月島の娘が欲しいと言いだし・・・。

市松は、2人の娘のうちどちらのことを言っているのか聞く。

ももは妹のななと遊園地デートをしていた。

ディナーを食べているとき、家元を継ぐのはななだと話していたところ、ななは「自分には無理」だと気持ちが乱れる。

ももは、婚約者とのことがあってから、自律神経のせいで匂いも味も分からなくなっていた。そのことを伝えると、ななは、ももに謝った。

そして、ももはぷーさんのところへ、直った自転車を取りに行った。
ぷーさんとももが話をしていたら、ぷーさんの家からあの中学生の秀々輝が出てきた。

ももは、秀々輝に「自転車を貸してあげるから汗かいてきなよ」と提案。ぷーさんも「賛成です!いいそれ」と賛同。一人旅を提案した。秀々輝は「おまえら・・・ふざけんな!」と怒り、走り去って行った。

ぷーさんはももに

いいアイデアですよ。

もも
本気で言ってる?

ぷーさん
あれだけ憎んじゃったら、人じゃ救えない。」と。

また佳代子のスナックに集まったももたちは、ぷーさんのお見合いの話をしていた。ももは軽く考えるのはどうかと言った。そこで自分がバツイチだと暴露した。そして、婚約者に裏切られたこと。ストーカーしてしまったこと。そんな自分に腹が立つことを。

ぷーさんは
いい女だ。だって、相手を嫌えない。憎めないんですよね。そうできたら、楽なのに。

そして、立ち上がり、小さなホワイトボードに何かを書き出した。

うちの母親が、時間はたくさんあったから、よくそんな話を聞かされたんです。モテない息子に恋の手ほどきっていうか。こういう人がいい女って。

❝喜怒哀楽❞哀の下に愛と書いたホワイトボードを見せた。

自分が傷つけられたとき、怒る人と、哀しむ人がいます。怒る人は、憎む人です。自分を棚に上げて、ただただ攻撃する。ヒステリックに、声が大きくなる。

哀しむ人は、愛の人です。静かに、ただ時を止めて、哀しみます。愛と憎しみ。愛憎。うちの母親が言った、あの。愛憎半ばなんて表現あるけど、そんなことは、ありえない。愛してたら、憎まない。憎めないんです。あなたのように。それはちゃんと、愛がある。いい女。だからなんです。

ももは、いい女だと、ぷーさんを始めみんなが言ってくれて、嬉しくて、涙を流した。

運転手の高井は、スナックを静かに出て、小さく拍手を送った。

目を覚ましたももは、ぷーさんの家に泊まっていた。

朝食を作ってくてれていたぷーさん。ももは静かに口にした。

そして、ぷーさんはももに、お見合い、相手に断られたことを報告した。

ももは、「残念ね」と言いながら、大笑いした。ぷーさんもつられて笑った。

楽しい朝ご飯を過ごした。

秀々輝は、家で暴れ、母親にも暴力を振るい、外に出た。そこへ、ぷーさんと恩師の三宅がいて、ぷーさんは、「夏休みの冒険へ出かけよう」と声をかけ、自転車を渡した。
秀々輝は、叫びながらも自転車に乗って行った。

それを温かい目で見送ったぷーさん。

そして、ななのお披露目では、緊張してしまい出来なかった。そこへ、ももが現れ、空気が一変する。

なながアシスタントを務め、ももが華道をすることになった。

第1話・感想

いろんな複雑なものを胸に抱えながら生きているもも。でも、それを石原さとみさんが、重くなく演じられていて、改めてすごいなぁって思いました。

そして、ぷーさんの不思議な魅力!

ふわっとして、穏やかで、包み込むような優しさ。ぷーさんなら結婚できますよね(;´・ω・)

峯田和伸さんの演技を初めて見たのですが、ぷーさん役がすごく合っていて、何か引き込まれますね。

これから二人がどうなっていくのか、楽しみです!

市松が、酷いことを言ってましたが、ももとぷーさんにとって、これから大きな山になりそうですね(;゚Д゚)・・・。

そして、気になる宇都宮龍一!

イケメンですが、何か危険な香りが・・・。ももにどうやって近づいてくるのかも気になります!

このシーンのこのセリフが好き

やっぱり、ぷーさんが、ももに伝えた母からの教えですね。

自分が傷つけられたとき、怒る人と、哀しむ人がいます。怒る人は、憎む人です。自分を棚に上げて、ただただ攻撃する。ヒステリックに、声が大きくなる。

哀しむ人は、愛の人です。静かに、ただ時を止めて、哀しみます。愛と憎しみ。愛憎。うちの母親が言った、あの。愛憎半ばなんて表現あるけど、そんなことは、ありえない。愛してたら、憎まない。憎めないんです。あなたのように。それはちゃんと、愛がある。いい女。だからなんです。

あそこは、本当になるほどなぁ~って、深みがある言葉だなって、心に沁みました。

そして、ぷーさんとともに朝食を食べるシーンも、幸せなひと時というか、すごく好きです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

「高嶺の花」第1話の視聴率

第1話の視聴率は11.1%

2018年7月期夏ドラマ・平均視聴率ランキング

順位ドラマ名視聴率
1位義母と娘のブルース12.4%
2位遺留捜査11.8%
3位刑事7人11.5%
4位グッド・ドクター11.2%
5位ハゲタカ10.6%
5位絶対零度~未然犯罪潜入捜査~10.6%
7位この世界の片隅に9.5%
8位サバイバル・ウェディング9.1%
9位高嶺の花9.0%
10位警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~7.5%
11位チア☆ダン7.1%
12位ゼロ一攫千金ゲーム6.7%
13位健康で文化的な最低限度の生活5.8%

「高嶺の花」公式Twitter

まとめ

ついに始まった「高嶺の花」!

婚約者に裏切られて、心が折れたももが出会ったのは、下町の自転車を営んでいる直人ことぷーさん。

これから、どんな風にこの2人が恋に落ちていくのか、楽しみですね♪

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください