あなたには帰る家がある8話・あらすじネタバレ感想!それぞれの新しい生活

恐ろしい修羅場が過ぎ去りましたね・・・(; ・`д・´)

太郎の行動が怖いって思っていましたが、それを上回るような行動をとった綾子。

あんなに秀明が

愛していない!帰れ!

って言ってるのに、なお秀明を訪れてくるとは・・・Σ(゚Д゚;)!!

ごろ寝
麗奈の傷ついた心が心配・・・(´・ω・)

太郎も、綾子を縛り付けようとしても、もう無理な気がします。

まず、太郎の親も綾子が嫌だろうし、綾子自身が、完璧に茄子田家と心が離れてしまっているから。

一回、とことん完璧に❝嫌だ❞ってあそこまでの行動を起こしたら、もう嫌ですもんね(^_^;)

気持ちが分かりすぎる「あなたには帰る家がある」。

今回第8話目ですが、後半に入り、これからどんな展開になっていくのでしょう。

さっそく、8話のあらすじを見て行って見ましょう(=゚ω゚)ノ

最後までお付き合い願えたら嬉しいです(*‘ω‘ *)

☆「あなたには帰る家がある」のまとめ記事はこちら!1話~最終回までのあらすじや視聴率などを更新しております!

ドラマ・あなたには帰る家がある・全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

2018.03.20

 

スポンサードリンク

 

「あなたには帰る家がある」8話のあらすじは?

7話・振り返り動画

8話を見逃してしまったら?

あぁ~!見逃しちまったぁ~!!

という方は、大丈夫です♪

2018年6月1日(金)放送終了後~2018年6月8日(日)21:59まで無料で観ることができます!

詳しくはこちらから⇩

Tver

TBSEREE

GYAO!

8話・予告動画とあらすじ

2018年6月1日(金)夜10時から放送の第8話は・・・!

真弓(中谷美紀)は秀明(玉木宏)との結婚生活に別れを告げ、麗奈(桜田ひより)との2人暮らしに清々しさを感じていた。
だが突如、麗奈から「学校を辞めたい」と言われ困惑。麗奈の真意を掴めず、秀明に相談しようかと一瞬迷うが、真弓は秀明に頼らず一人で解決しようと決意する。そんな折、仕事で太郎(ユースケ・サンタマリア)に会い、真弓は思わず娘のことを話してしまうが、上から目線の太郎の態度に腹を立て、綾子(木村多江)がそのうち帰ってくると信じる太郎に「そうやってたかをくくっているうちは、帰ってこないと思いますよ」と言い放つ。

一方秀明は、アパートに押しかけてきた綾子を断りきれない、相変わらずの優柔不断ぶり。

秀明を支えたいとハローワークで働き口を探し始めた綾子は「離婚して実家には戻れないが、結婚が決まっている」と説明し、ついに食堂での働き口を見つける。綾子が自立しつつあることに焦った太郎は、「過去から逃れられると思うなよ!」と綾子を脅す。

そんななか、麗奈が陸上県予選に出場する。応援に来た真弓と弥生、そして秀明。ところが麗奈は目前で逃げてしまう。ようやくみつけた麗奈の口から出たのは、意外な本心だった。「もう頑張れない」と泣く麗奈。真弓は何もわかっていなかったことを思い知らされる。

麗奈の悩みの元凶が自分であることを知った秀明は、真弓とは違う形で麗奈に向き合おうとする。麗奈は秀明に反発し続けるが…

果たして、秀明は麗奈の信頼と親子の絆を取り戻せるのか――?

引用元:「あなたには帰る家がある」公式ホームページwww.tbs.co.jp/anaie/

麗奈が「学校を辞めたい」って言った訳は、❝秀明❞だったんですね。

麗奈は、お父さんのことも好きでしたもんね。

この裏切りは、麗奈にとったら、相当傷ついたはず。

ごろ寝
ほんとに、
秀明のバカヤローヽ(`Д´)ノ!

でも、夫婦で何でもちゃんと向き合って話し合いをしないといけないなって、心に押し込めてても、いいことは全くないなって、ちょっと考えさせられました。

お互い違う人間だから、口にちゃんと出さないと、お互い分からないこともありますもんね・・・。

しかし、太郎、また怖いよ!

私が注目したいポイント!

「あなたには帰る家がある」の公式Twitterを見てると、気になることが!!

❝新たな恋の予感?❞

もしかして、【カレーショップこまち】の圭介が参入してくる?

圭介は、密かに真弓に思いを寄せている感じがしたんですが・・・。違うかなぁ~。

あと、桃ちゃんですよね。
秀明に恋心を持っていたので、何か行動を起こすのかも?!

これは、注目ポイントではないでしょうか!

あなたには帰る家がある」8話・ネタバレあらすじ

※私の解釈であらすじを追っていきたいと思います!

それぞれが、それぞれに対して❝高を括っていた❞

麗奈が学校を辞めると言い出して・・・

圭介に、離婚してみてどうかそれぞれ別々に聞かれた、真弓と秀明。

それぞれ、かなり快適に過ごしていた。

そんな中、突然麗奈が「学校を辞めたい」と言い出して・・・。

お金の心配をしているような感じではあるが、真弓は、陸上のタイムが伸びないのが悩みなのか、もしかしていじめに遭っているのか、と頭をよぎった。

その頃、茄子田家も、今までとは違ってあたふたしていた。

太郎は、慎吾に綾子から連絡がないか聞くと、慎吾から、❝仕事を探している❞というメールがあったことを知る。

それを聞いた太郎の母親は、「男に寄生するしか能がない」と悪口が次から次へ出てくるが、慎吾の手前、太郎は止めた。

慎吾は何かを思うように何かを睨んでいた。

圭介の想い

会社で、由紀に麗奈のことを相談する真弓。由紀に秀明には相談したのか聞かれた真弓は、「役に立たないし、一人でやっていくと決めた」と強がった。

【カレーショップこまち】でそのことを圭介たちに話した由紀。真弓が動揺していたことを伝え、

圭介。今がチャンスだよ!真弓にとって今必要なのは、圭介みたいな男だと思うなぁ~

こはる
今行かなくていつ行くんですかぁ~?

圭介
何言ってんの2人とも

立ち上がる圭介を押さえつけた由紀
好きなくせに!

圭介
いやもうちょっと何言ってんのか分かんないっす

由紀
真弓、一人で頑張るって気張ってるけど、誰かに寄りかかりたい時があると思うし、さいってーな元旦那より、自分の方が頼れる男だってこと、見せつけてやんな!

と、そこへ秀明が来店してきて・・・。

気が付き、由紀は帰り、何の話か気になる秀明。

圭介は、麗奈の❝学校を辞めたい問題❞のことを話し、秀明はショックを受ける。

秀明は、さっそく麗奈にメッセージを送る。

既読になり、喜ぶも、すぐトークルームを退出されてしまう・・・。

真弓は、ソファでスマホを見ている麗奈に話しかけると、麗奈は「もう寝るね」と立ち上がり、部屋へ入って行った。

真弓は、麗奈に離婚することを伝えた時のことを思い出していた。

真弓も、秀明も、ベッドの中で、麗奈の気持ちを知るために、麗奈のSNSを見ていた。

そんな自分を「情けない・・・」と2人はそれぞれ思っていた。

しかし、秀明は、麗奈のSNSを見て、❝あることに気が付く❞。

真弓は、秀明に相談するべきかいなか悩んでいた。そんな時、秀明からメッセージが届き。

麗奈が元気か聞いて来た。

真弓は、(一人でやっていくんだ!頼るまい。)と既読スルーした。

次の日、秀明は、会社で桃にこの間のことを謝った。

桃にガツンと言われ、目が覚めたことを伝えた。

しかし、桃は
どうぞ、茄子田さまの奥様と末永くお幸せにー

と冷たくあしらった。

秀明は、全女性に嫌われてしまっていることにショックを受けていた。

そこへ上司の竹田が来て秀明をギュッと抱きしめ
俺は、おまえ好きやで。しんどいやろ。俺も経験あるし、いつでも相談乗るから。養育費、大変やろ。これ食べて」と❝特選❞のお弁当をくれた。

秀明の家を訪れる綾子

綾子派、ハローワークへ行き、仕事を探していた。

しかし、資格もなく、今の年齢で職歴がないことから、希望の仕事は難しかった。実家に身を寄せることを提案されるが、綾子は実家に頼ることが出来なかった。

ただ綾子は
でも、大丈夫です。結婚が、決まっているので

と目を輝かせて話した。

その様子を太郎は陰で見ていた。

太郎が中学校へ戻ると、真弓が待っており、修学旅行の最終見積もりを持って来ていた。

真弓は何気なく太郎に「中学校はいろいろと大変ですよね」と今の中学生の気持ちなどを聞こうとすると、太郎は勘付いて

娘さんのことか?

と。

真弓は
いえ、あの・・・

太郎
男かもな

真弓
いやいやいや、うちの娘まだそんな歳じゃないですよ(笑)

太郎
真弓ちゃん!知らぬは親ばかりなのよ。特に女親は視野が狭いからなぁ。

真弓は、太郎に相談しようとしたのが間違いだったとムカついた。

太郎から見積もりの了解を得て、帰ろうとした時、

太郎
この間、言ってたよな。うちのに出ていかれて当然だって。

真弓
奥さん、まだ見つからないんですか?

太郎
まあ、意地になってるんだと思うんだよな。あの歳で、家を出て働こうったて、職歴もない。資格もない。取柄もない。働けるわけがない。すぐに思い知るだろう。世間は甘くないってことを。

真弓はもう一度椅子に座り

奥様をかばうつもりはいっ・・・さいありません!!でも、帰って来て欲しいなら、まずはその、専業主婦を馬鹿にした発言。やめたほうがいいと思います。

太郎
・・・は?

真弓
職歴なし。何が悪いんですか?結婚してから家のこと一生懸命やってきたからでしょう?奥さんからだと言って、あなたの所有物でも家政婦でもホステスでもママでもないんですよ!まさか、「おい」とか呼んでないですよね?

固まる太郎。

真弓
どれだけ上からなんですか?そういうのが積もりに積もって、奥さんに逃げられるパターン、多いと思いますよ。知らぬは夫ばかりってね。

太郎は「いつ俺が相談した?」とまたいつもの調子で高を括っていた。

真弓は
そう高を括っているうちは、帰って来ないと思います!

そう言い放って帰った。

その頃、麗奈は・・・。

部活の終わりのミーティングで、先輩たちが、「麗奈!頑張ろうね!私たちは麗奈の味方だから!」と言い、部のみんなも口々に頑張ろうと言った。

元気よく
はい!!

と答える麗奈だったが、心は悲しみでいっぱいだった。

その先にはかえでがいて・・・。

あの日の❝誰にも言わない約束❞で話したことが頭をよぎる・・・。

かえで
ごめん。塾の帰り、ちょっとだけ話したら、先輩にも広まっちゃって・・・

先輩や、部の人たちはコソコソと麗奈を見て話ながら部室へ向かっていた。

麗奈は精一杯の笑顔で
いいよ、別に

かえで
一緒に帰ろう
と笑顔で言うと麗奈は

ああ、私今日ママと約束してるんだった!ごめんね!

と断った。

一人帰っていると、秀明が麗奈を待っていて、話かけるが、麗奈は一言もしゃべらず走って帰って行った。

麗奈は家に帰り、学校を辞めたいことを秀明に話したのか聞いた。しかし、真弓は秀明には言っておらず・・・。

麗奈は秀明が待ち伏せしていたこと真弓に伝え、ご飯も食べず、部屋に入って行った。

その頃、秀明は突然の雨に洗濯物を入れていた。

すると真弓から電話が鳴り、嬉しそうに出る秀明。

真弓は、面会日以外に会うのはやめてほしいと伝えた。

秀明は、圭介から麗奈のことを聞き、気になることがあるから会いたいと話をするが、真弓は頑なに「大丈夫って言ってるでしょう!お願いだから余計なことしないで!」と電話を切った。

すると、チャイムが鳴り、麗奈に自分の住所を書いて鞄に入れたから、麗奈が来てくれたと思い、喜んでドアを開けると、そこにはずぶ濡れの綾子が・・・。

ですよね

そう思い落胆する。

綾子は「今日は傘を持ってなくて・・・」と。

秀明は、こんな状況でもドアを閉めれる男になりたいと思いながら、「タオルを持ってくる」と取りに行ったすきに綾子は家の中に入って来た。

秀明は驚くが、綾子は秀明の工夫した部屋作りを褒めた。それについ喜んだ秀明は、正気に戻り、タオルを取りに行った。

その隙に、綾子は家の中の引き出しなどを開け、部屋の鍵を見つけて盗った。

秀明が戻ると、綾子は上着を脱いでいて、秀明は「誤解されると困るから」とタオルを差し出し、離れた。

綾子は、秀明に仕事が見つかったと報告。しかも「男の人を相手にお酒をだすような」と仕事の内容を言った。

秀明は水商売かと思い、

秀明
そんなことをするより、家に帰ったほうが・・・

綾子
私も働いて、秀明さんを支えたい

秀明は、自分を必要としてくれるのは綾子だけだと思った。思わず現実から逃げるように綾子に引き込まれそうになったが、鞄につけた麗奈からもったキーホルダーが目に入り、正気に戻る。

秀明は、自分の服をもう返さなくていいからと着てもらった。

綾子はその服を着ると「帰るね」とあっさりと帰って行った。

それはそれで秀明もあっさり帰るんだと思ってしまう。

外に出た綾子は、秀明のアパートを振り返り

寂しいくせに」と笑い、持ってい折りたたみ傘をさして帰って行った。

麗奈の本心

大会当日ー

真弓は、麗奈に学校のことをちゃんと考えようと話かける。

麗奈は、笑顔で
ちょっと言ってみただけ。タイム伸びなくてさ、ちょっと嫌になっちゃって。

心とは裏腹な気持ちを話した。

真弓はアドバイスをし、頑張れそうか聞くと、麗奈は笑顔で「うん!」といつものように振舞った。

麗奈が大会の会場に着くと、部のメンバーが麗奈のうちのことを噂していた。コソコソと話し、麗奈を可哀想だと・・・。

麗奈は、笑顔をつくり、みんなの前に出た。

一斉に麗奈へ視線が向く。

麗奈は笑顔が消え、走って会場からいなくなってしまう。

会場に着いた真弓と、真弓の母親。その先に秀明も来ていた。

真弓は久しぶりに秀明を見て、(痩せた?)と感じ、秀明は真弓を見て(ちょっと太った?)と感じた。

そこへ、かえでが来てー

麗奈は慎吾へのメッセージが既読スルーなのを見ていた。

真弓は麗奈を探し、見つけた。あとから秀明も来て・・・。

真弓は、タイムのことは気にしないよう声を掛けると、

麗奈
もう頑張れないの!!かえでがバラしちゃったの。絶対秘密って言ったのに。パパが浮気して、うちにおばさんとおじさんが乗り込んできたこと、みんな知ってる。みんな元気出してって、大丈夫って言うけどさ、平気なふりして笑ってるのもう疲れた。頑張れるとか聞かないでよ。そんふうに言われたら、うんて言うしかないじゃん。ママが一人で頑張ってるの分かるし、私が元気でいれば陸上頑張れば、ママが喜ぶの分かるけど、もう無理なの!頑張れないの!

ママ何も分かってない。これ以上気を遣わせないで!

真弓の母親は、そんな麗奈に明るく「じゃ、おばあちゃんとサボっちゃお」と近くのあんみつ屋へ連れて行った。

真弓は何も分かっていなかった自分にショックだった。

麗奈はそのままおばあちゃんの家で泊まると連絡があり、秀明にも伝えた。秀明は、SNSでいつもかえでと会話していたのに、ある日を境に会話しなくなったことで、かえでと何かあったのかもしれないと思っていた。そのことで真弓と会いたかったのだった。

真弓は、自分だけが何も気づかず、分かっていなかったことを責めた。

秀明は、もとはと言えば自分のせいだから、真弓のせいではないと伝え、明日麗奈を迎えに行っていいか尋ねた。

秀明は、全部一人で背負おうとしないでと真弓に告げ、送った。

一方、お食事処で働く綾子を見た太郎。

働けないと思っていたのに、働いている綾子を見て焦っていた。

秀明は、麗奈を迎えに行き、一日デートしようと誘う。相変わらず麗奈に冷たくされる秀明。

その頃、真弓は【カレーショップこまち】にいた。

真弓を意識する圭介は、うまく話せない。

真弓は、秀明に言われたことを思い出していた。

麗奈は、相変わらず秀明と話そうとしなかった。秀明は、小学校のときの思い出話をしていた。麗奈が自慢だったと。

そして、自分が酷いことをしたことを謝った。

秀明は
パパのせいで、大好きな学校も、走ることも、諦めて欲しくない

と伝えた。

麗奈は、陸上で表彰されたSNSを目にし、

麗奈
バカじゃないの?もう遅いよ。大事な大会サボっちゃったんだよ。もう戻れるわけないじゃん。もう時間だし、面会終わりでいいよね。

と一人で帰ろうとした。

追いかけて来る秀明に麗奈は
ついて来ないで!!もう辞めるから部活も学校も!

それでも追いかけて来る秀明に

しつこいんだって!!二度と会いに来ないで!!

と走り去ってしまった。

秀明は「しつこくて、何が悪い」と秀明も走り出した。

ついて来ないで」と言われても、それでもついて行く秀明。それを見た真弓もまたその後を追いかけた。

踏切を渡った麗奈。

秀明は、渡り切れなくて、声を上げた。

がんばれ・・・。麗奈、頑張れ!!

麗奈
は?何言ってるの?誰のせいだと思ってんの?ママがかわいそう!全部パパのせいでしょう?パパなんか大っ嫌い!!

大っ嫌い!!

秀明
そうだよ!全部パパのせいだよ!

麗奈
大っ嫌い!!

秀明
でも、がんばれー!!

陸上やってても、やってなくても、学校行っても、行ってなくても、今も、高校生になって、大学生になって、大人になって、パパは、ずっと、ずーっと、一生、麗奈のこと応援したいんだよ。嫌われても、呆れられても、一生、応援したいんだよ!だから!麗奈ー!がんばれー!!がんばれー!!

真弓
ママも、ママも応援する。麗奈のこと、一生応援したい!麗奈、

がんばれー!!

秀明・真弓
がんばれー!!れいなー!がんばれー!!

麗奈は、大会で真弓と秀明が応援してくれたことを思い出していた。

電車が通りすぎたそこに、麗奈の姿はなかった。

真弓は、探すと、線路側に座り込んで泣いていた。

麗奈は
3人がいい。走ってると、いつもママとパパの声が聞こえて、くーって背中押されてる気がして。やっぱり一緒がいい。

と泣きじゃくっていた。

真弓は麗奈を抱きしめ「ごめん。ごめんね。麗奈」と泣きながら謝った。

秀明を見ると、道路に倒れ込んでいた。その姿を見た真弓と麗奈は大笑いした。

家に戻ると、ソファで寝込んでいる秀明に、ご飯を誘った。秀明は喜んだ。

麗奈が秀明に少し心を開いてくれた。

真弓は秀明を❝どうせ役に立たない❞と高を括って、秀明を下に見ていたと自覚した。

麗奈は久しぶりに笑っていた。

マンションの下で、真弓は秀明にお礼を言った。

秀明は
これから、困った時は頼ってよ。」と声をかけた。

そして、帰って行った。真弓は秀明の背中を見て、「今さら株上げてどうすんのよ!」と笑って言った。

一方、太郎は綾子の仕事が終わるのを待っていた。

綾子が出てきたとき、綾子に
俺は、俺は今まで、お前にイヤな思いをさせていたのか?俺は、お前を傷つけていたのか?

綾子
どうでもいい。もう昔のことだし

太郎
お前の過去も消せるのか?

綾子は足早に帰って行った。

太郎
逃げられると思うなよ

と綾子を睨んだ。

秀明、またも勘違いされる

次の日ー

朝、麗奈とゴミ出し場まで真弓が歩いていると、かえでの姿が。

麗奈は元気に「行って来ます!」と思いっきりの笑顔で言うと、緊張しながら、踏切を渡り、かえでのところに行った。

麗奈
かえで。私、ほんとは怒ってる。何で言っちゃうの?秘密だって言ったのに。かえでだから言ったのに。酷いよ。

かえで
ごめん。ごめん、麗奈

麗奈
分かった!行こ

とかえでの手を握りしめ、手を繋ぎ、仲良く登校していった。

その頃、桃は、契約破棄にかかった費用の領収書を渡しに太郎の中学校を訪れた。そして、「本当は、うちがお支払いしなきゃいけないくらいですよね・・・」とボソッと言った。

さらに桃は、綾子が誰と一緒にいるのか、太郎に教えた。

一方、真弓は郵便物と届いた品物を持って、秀明のアパートを探していた。それを見た綾子は、先回りし、秀明の部屋から盗んだ鍵で中に入った。

ちょうど秀明も、会社から帰って来たところを見つけた真弓は、笑顔になる。

そして、秀明も、鍵を開けようとしたところ、真弓に気が付き、

あ!どうしたの?」と嬉しそうな表情を浮かべる。

真弓
届け物!

と。秀明は嬉しそうな笑顔になる。

その様子を、陰で見る太郎。

その時、ドアが開き、秀明に貸してもらった服をはおった綾子が

おかえりなさい

と出迎え、秀明は驚く。

真弓も驚き、太郎も驚いた。

綾子は真弓に

あら、お世話になってます

と。

秀明は、首を横に振る。

真弓は引きつった笑顔を秀明に向けた。

感想

麗奈の本当の気持ちを泣きながら話しているところには、もう涙がでます。

3人がいい。やっぱり一緒がいいよ

って一生懸命、やっと本心を話せたところ。本当に「ごめんね」って言いたくなる。

真弓も、子供は傷つけたくなかったですよね。

離婚は親のエゴかもしれない。でも、本当にダメだと思ったとき、もうダメなんですよね。

もう、ほんとに怖い通り過ぎて、綾子に腹が立つ(-“-)💢

綾子が乗り込まなかったら、離婚してなかったんですもんね。

しかも、秀明の部屋から鍵盗むなんて(◎_◎;)

秀明、隙がありすぎ・・・(; ・`д・´)

真弓を見つけて、真弓に近づいてくるときが何か怖かったし、走っているところが三田園っぽかった(笑)

子供の気持ちを全て分かろうとしても、それはやっぱり難しいですよね。正直に話してくれるときはいいですが、思春期で話さなくなってきたとき。

すごく考えさせられました。

でも、麗奈はすっごく偉かったですよね。

かえでにちゃんと本当の気持ち伝えて、かえでもちゃんと謝って。
かえでを許して、また仲良く登校していく姿。本当にできた子です。

前よりも、本心を話合える仲になれたらいいですね(´ω`*)

 

スポンサードリンク

 

 

「あなたには帰る家がある」8話の視聴率

分かり次第追記していきます🍊

《平均視聴率ランキング 5/24現在》

順位ドラマ名視聴率
1位特捜914.0%
2位
ブラックペアン
13.7%
3位未解決の女12.9%
4位警視庁・捜査一課長シーズン312.8%
5位正義のセ9.8%
6位コンフィデンスマンJP8.9%
7位あなたには帰る家がある8.4%
8位花のち晴れ8.2%
8位Miss デビル8.2%
10位
シグナル長期未解決事件捜査班7.7%
11位崖っぷちホテル7.5%

「あなたには帰る家がある」関連記事はこちら!

★「あなたには帰る家がある」の主題歌決定!Superfly『Fall』発売日は?

★「あなたには帰る家がある」全話あらすじネタバレまとめ!キャストは?最終回の結末は?

まとめ

別々で暮らし始めた、真弓と秀明。

お互いに思っていた以上に、快適な毎日を過ごしていた。

そんな時、麗奈が「学校を辞めたい」と言いだし・・・。

真弓は、一人で何とかしようと決意するも、そのことを知った秀明もまた、麗奈の力になろうとします。

真弓は快適に過ごしていますが、麗奈ははたしてどう感じているのでしょうか?

真弓と秀明にとって、麗奈の幸せが一番ですが・・・。

秀明は、麗奈とちゃんと向き合うことができるのでしょうか?信頼は、正直なかなか得られないと思いますが・・・。

また、茄子田家の慎吾も・・・。

第2章に突入で、これからどう展開していくのか、目が離せないですね(◎_◎;)

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です