安芸納涼市民祭2017!見どころは?よさこい踊りのパレードも!

阪神タイガースのキャンプ地としても有名な安芸市!

 

今回は、そんな『安芸納涼市民祭』を、安芸のことにもちょっと触れつつ、高知在住の私がお伝えしていきます!(。-`ω-)キリッ☆

 

スポンサードリンク

 

 

 

基本情報

毎年8月第一土曜・日曜日の2日間で行われます。

今回は、台風5号の影響で、花火大会のみ変更となりました。

◆基本情報:2017年8月5日(土曜日)・6日(日曜日)

※花火大会のみ2017年8月27日(日)に延期

◆開催場所:安芸市清和町

◆アクセス:車で高知駅から~国道55号線経由で約55分

◆時間:20:10~21:00

◆プログラム

5日・・・よさこい鳴子踊りは予定通り開催。

6日・・・花火大会:スターマインなど

27日・・・花火大会:スターマインなど

◆花火打上数:約3000発

◆人出数:約20,000人

◆主催:安芸納涼市民祭実行委員会(安芸市・安芸青年会議所・一般社団法人安芸市観光協会・安芸商工会議所・土佐あき農業協同組合)

◆問い合わせ:0887-35-1011

安芸市役所商工観光水産課

安芸市公式ホームページ

トイレは1カ所あり。

無料駐車場もあります。

イベントの見どころや、花火大会の見どころはどこでしょうか!さっそく見て行きましょう!

花火&イベントの見どころ

5日イベント

市内外からも踊り子チームが参加し、商店街を中心に踊りのパレードがあります。

 

去年は、安芸タイガー球場前のカリヨン広場から市民館前 市民館前 西八幡通り すまいるあき前 高知信用金庫前 本町通り 雀橋 梶橋を回りました。

6日花火大会とイベント※花火大会のみ27日に変更

健康ふれあいセンターで、抽選くじ付き餅投げがあったり、踊りの競演があったり、抽選くじ付き餅投げのくじの抽選会があります。

今回は、残念ながら台風で花火大会は27日に延期となりました。

まずは、こちらの動画をどうぞ!

水上花火は色とりどりの花火が海に反射してすごくきれいですね~!

フィナーレはスターマイン(速射連発花火)!やっぱり迫力満点!

音が心臓にドンドン響いてくる感じ。

やっぱり花火はきれいですね~✨

 

今年はどんな催しになるのでしょうか!楽しみですね♪

安芸市のちょっとメモ

安芸市にも歴史があり、安芸城跡や、岩崎弥太郎の生家などがあります。

安芸城跡

古代から安芸地方を支配してきた安芸氏の居城。

延慶元年(1308)、安芸親氏によって築かれたと言われている。
安芸氏は、戦国期には土佐七雄の一人に数えられ、「安芸五千貫」を領有する大豪族として、土佐国東部で最大の勢力を誇るようになったが、永禄12年(1569)、土佐統一をめざす長宗我部元親に攻められ、激戦の末に敗れた。
引用元:安芸市ホームページ

 

安芸城は、安芸平野のだいたい中央にあって、平山城の頂上からは、安芸平野や太平洋が見渡せます。

ひろ―い景色は、心も癒されてめちゃくちゃ気持ちいいですよね~(*‘∀‘)

なんか、心の黒ーい部分が浄化されるみたいな。。。フフッ( ̄▽ ̄)

 

外堀には、7月中旬から8月中旬に、白い蓮が咲きます。

白い蓮って、写真で見てもとってもきれいですよね!!

群生地としては全国的にも珍しい!

 

蓮って、汚れた泥水で大きな花が咲いて、逆にきれいな水だったら、花は小さくなるんですって!

何か反対のイメージがあるんだけどな~。

でも蓮はそういう特徴があるんですね。

岩崎弥太郎生家


出典元安芸市ホームページ

 

天保5年(1834)12月11日、安芸郡井ノ口村に生まれる。
安政元年(1854)、大志を抱いて江戸を出、昌平黌の教授であった安積艮斎の門下に入り、教えを受ける。その2年後、父親が重傷を負う事件があり、帰郷。
その際藩の役人と争い投獄され、翌年出獄、追放処分となる。この頃吉田東洋と出会い、それを機に新たに飛躍の道を開いた。
東洋の死後は、後藤象二郎に登用され、藩の開成館や土佐商会でその手腕を発揮する。

明治3年(1870)開成館大阪紹介が設立され、弥太郎が経営にあたる。1ヶ月後、名称を九十九紹介と改称。翌4年の廃藩置県に伴い、土佐藩所有の船舶の払い下げを受け、同5年、三ツ川紹介と改名。同6年に三菱商会と改名、三菱グループ発展の基礎を作った。

弥太郎は三菱の創始者をして知られ幕末のイメージが薄いかもしれないが、実は海援隊の会計を担当していた経緯があり、坂本龍馬とも縁が深い。
引用元:安芸市ホームページ

 

三菱グループの発展の基礎を作ったっていうのは知っていましたが、

岩崎弥太郎って、海援隊の会計をしてたんですね(;゚Д゚)

できる人ってすごいな・・・。

 

この『岩崎弥太郎生家』は、岩崎家の所有だそうですが、無料で生家を開放されています。

大型バス駐車可能な駐車場もあり、無人なので、自由に見えますよ!

さいごに

お祭りや花火もすごく楽しみだし、岩崎弥太郎の生家も見てみたい!!

そんな歴史ある、色んな魅力あふれる安芸市の『安芸納涼市民祭』!

わくわくしますね(*‘∀‘)

この夏、行ってみませんか?『安芸納涼市民祭』!!

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2018夏ドラマ7月期まとめ一覧

2018年7月から始まる夏ドラマをまとめて一覧にしてみました!良ければ見て下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です